ギャグ・コメディ漫画 ファンタジー漫画(ダーク含む) 漫画紹介

あらゆるところでオススメの声の嵐!!『ダンジョン飯』とは!?

投稿日:2016年9月16日 更新日:

はい、こんにちは。lifeです。

今回はもう、色々な場所でオススメが絶えないダンジョン飯を紹介していきたいと思います。

いやいや、もう色々なところで紹介されてるならいいじゃん。って思うかもしれませんが

いやー。私も好きなんですよねー。笑

 

書かせて下さい。笑

そもそもダンジョン飯って何なの?って方へ簡単に説明します!

ダンジョン飯 1巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ))

あらすじ

主人公である「ライオス」一行は、ダンジョン深層にてレッドドラゴンに挑むが敗れてしまい、装備品、所持金、さらには妹まで失ってしまう。

金銭的な問題から2人が離脱してしまい、3人でダンジョンに再挑戦することとなる。

 

だが、金がなければ食料も買えない。

そんなときライオスは思いついた。

「ダンジョンの中にいるモンスターを調理して食べて進もう。」

これは、ライオス率いる一行のダンジョングルメファンタジー

 

簡単に言うとファンタジー×料理漫画です!

ではでは、何が面白いのか行きます!

そうですよね。ファンタジー×料理漫画ならト○コがあるじゃないかって思うかもしれません。が!違うんです。これは。そういう漫画はバトル中心であったのに対し、こっちはファンタジーはほのぼのと進んでいき料理の方が熱いです。笑

 

この発想はとても面白いですね。笑

設定の勝利ですよ、ほんと。笑

ファンタジー中のほのぼのが面白いです。

ギャグもとても面白くほんと読んでいて楽しいです。

 

普段熱い少年漫画をお読みの方には少し物足りないと感じるかもしれませんが、これはこれで楽しめるのではないかと思います。

九井諒子先生といえばとても有名な作家ですので話の展開も安定感があり読んでいて心地良いです。

 

絵も綺麗なので本当に文句無しの良作ですね。

ファンタジー×料理漫画では欠かせない絵もとてもダンジョンらしさが出ていて◎です!!

いやー、ほんとに素晴らしい作品。

 

私が単行本を買ってコレクトするレベルなのでだいぶオススメです。

現在3巻までしか出ていないので今からでも購入しやすいかと思います。

 

以上がダンジョン飯のおすすめポイントです!

この漫画について書いたらすごくマニアックになってしまいネタバレしそうなので今回はこれくらいにしときます。笑

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。

-ギャグ・コメディ漫画, ファンタジー漫画(ダーク含む), 漫画紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

そこにあるのは果てしない狂気『ミスミソウ』が素晴らしい漫画なんだけども…

ども!こんにちは、lifeです。今回も漫画を紹介しようと思うんですけど、今回の漫画は少し注意が必要です。どんなことに注意が必要かと言うと… 「かなり精神的にキツくなります。」 まあ、いわゆ …

【もしも東京で大震災が起こったら】『彼女を守る51の方法』を読んでみた感想

もしも東京でM8の直下型地震が発生したら……. 古屋兎丸著の『彼女を守る51の方法』にはそのシナリオがリアルに描かれていた。   ということで今回は「もしも東京で大震 …

浅野いにお おすすめ3作品を紹介してみた。

はい、こんにちは。lifeです。 今回は浅野いにお先生のおすすめ作品を3作品紹介したいなと思います。 注:少しここから雑談が入りますので早く読みたい方は目次まで飛ばして下さい。   浅野いに …

格闘技の負の側面「軍鶏」のあらすじと感想

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「軍鶏」を読んでみたのであらすじと感想を書いていこうと思います。   今回も某漫画アプリで単行本の1巻から3巻まで読んでみましたので1〜3巻までの感想 …

心温まる漫画「うどんの国の金色毛鞠」がとてもいい。[感想]

うどんなんかよりもピチピチの女子を食べたい。lifeです。(どうしても言いたかった) 今回は最近アニメ化もされた話題作「うどんの国の金色毛鞠」を読んでみたのであらすじと感想を書こうと思います。 まず最 …

コミカレコカの管理人のlifeです。ちなみによく勘違いされるが本名ではない。

小さい頃から漫画が好きで読んできた漫画はおそらく1000作品以上。

ここで長く自己紹介する気はないので、私のことをもっと知りたい人や漫画情報が知りたい人はTwitterをやっていますのでこちらをどうぞ。

また、はてなブログの方で雑記もやっているので、くだらないことしか書いてませんが気になる方はこちらからどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ