漫画まとめ 漫画紹介 短編集

浅野いにお おすすめ3作品を紹介してみた。

投稿日:2016年9月24日 更新日:

はい、こんにちは。lifeです。

今回は浅野いにお先生のおすすめ作品を3作品紹介したいなと思います。

注:少しここから雑談が入りますので早く読みたい方は目次まで飛ばして下さい。

 

浅野いにお先生といえば良くネット上ではサブカル漫画家などと言われていますよね。

サブカル?私は良くこの言葉を聞きますがあまり理解していなかったので調べてみました。

そうすると、「支配的な文化に追従せず独自の信条をもつこと」らしいですね。

つまり、流行に乗らない人たちってことでいいのかな?

 

でも、そもそも流行の発端はサブカルにある気がするけれど。だって流行も発生当時は数人から始まったから。

あれでも、そう考えると流行もサブカル?

支配的な文化もサブカル?

そんな区別必要ないんじゃ…

 

やばいやばい、完全に私のいらない思考が入ってしまった。きっとlifeさんもお疲れなんですね。

はい、本題に戻りましてまずは浅野いにお先生について説明します。

 

さっきサブカルの話をしましたが確かに浅野いにお先生の作風は万人受けするものではありません。

なぜかというのは読んでみたらわかると思います。文字では説明しづらいです。

とにかく漫画界でいう変態派ですね。

決して、浅野いにお先生自体が変態とは言っていません。いや、でも…

 

はい、前置きがとても長くなりましたがこれからおすすめの3作品を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

素晴らしい世界

素晴らしい世界(1) (サンデーGXコミックス)

はい、まずは素晴らしい世界です。

この作品は全2巻完結の短編集です。

私は浅野いにお作品の中で1番好きな作品ですがこの作品はすごく好き嫌いが分かれる作品でもあります。

 

自分に合っているかに関してはもう読んでもらうしかないですね。(責任放棄)

内容はというと日常の中に非日常を描いた物語です。

 

「何言っているの?」って?私にもわかりませんよ。

何言っているんですかね、私。笑

もっと詳しく言うと、普通の何気ない日常の中に死神が出てきたりいきなり亀が喋り出したりします。

 

いや、ほんとに浅野いにお先生の作品は言葉で説明するのが難しすぎます。笑

全然内容が分からないと思うのですが、短編1つ1つがとても面白く楽しめると思います。

生きる希望を感じる物語があったり、なにか余韻が残る物語があったり、なんかスカッとする物語があったり色々な面白い話があります。

 

それと、浅野いにお先生の作品ではいつもいい名言が出てくるので素晴らしい世界で出てくる名言をいくつか載せておきます。

ガキの社会はまるで世の中の縮図だな。

ぶっちゃけ、俺はおまえじゃねぇから、おまえの人生なんざ知らねぇさ。でもな、生きときゃ悪いこともあるが、いいことも必ずあるんだぜ。とりあえずがんばって生きときな。

あんなに愛し合っていたのに、2年経ったら他人以下ですか。

 

どれも、いい言葉ですね。考えさせられますよね。素晴らしい世界ではまだまだいい名言がいっぱい出てきます。

Amazonでも賛否がすごく分かれているので参考にしてみて下さい。

この漫画の紹介をするのはとても難しいので一回読んでみて下さい。笑

なげやりですみません。笑

虹ヶ原ホログラフ

虹ヶ原 ホログラフ

はい、次は虹ヶ原ホログラフです。

最初に言います。この作品がどんな作品かを紹介するのは私程度の文章力では到底出来ないので、ご了承下さい。笑

 

内容的に言うと、wikiでは夢と現実の不確定性を強調して描いたサスペンスとなっていますね。

はい、あの天下のwiki様でもこの説明ですよ。

私程度が分かりやすく説明でするはずがない。笑

とにかく、言えるのは物凄く難解だということです。

 

1回読んだのみで話を理解できたという方がいたら本当に尊敬します。

私は3回くらい読んでやっと理解しました。

色々なところで考察が行われている作品ですので1回読んで分からなければ見てもよろしいかと思います。笑

 

何が難しいのかと言うとまず時系列の変化の多さですね。

もう、過去に行ったりまた戻ってきたり未来に行ったり終いには時系列が重なったりもう頭の中がパンクします。笑

あともう一つの難しさは時間の流れ方が直線上ではなく円環してるということですね。

意味わかりませんよね。もう書いている私も意味がわかりません。

 

そして、普通の漫画はクライマックスが1つですよね?

「そんなのクライマックスっていうくらいなんだから、1つだろ」って思いますよね。

でもこの作品ではクライマックスは2つあります。

 

ここまでの説明、全然わからないですよね。笑

そうなんです、ネタバレなしで書こうとするとこれが私の限界です。笑

ほんとに難解な作品ですので挑戦したい方は是非読んでみて下さい。笑

虹ヶ原ホログラフでも様々な名言が出てきます。例えば…

「がんばろう」は下手にがんばらないようにがんばることで果たされてる。

たとえ世の中がどんなに不毛だとしても、強い意思を持ちなさい。

ソラニン

ソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス)

はい、最後はソラニンです。

内容は簡単に言えばヒューマンドラマですね。

主人公の種田はまさに若者って感じがするキャラです。笑

若い時は色々なことに葛藤したり、生きる意味を探したりしますよね。

そんな姿が描かれています。

読了後はとても不思議な感じになった作品でした。

 

またこの作品は実写映画化もされておりそれも見ましたが良かったですね。

映画での主題歌はASIAN KUNG-FU GENERATIONでした。

私、めっちゃアジカンは好きだったのでそれも感動しましたね。

 

なので未だにアジカンの曲の中ではソラニンが1番好きです。

ちなみに、ソラニンはジャガイモの芽の毒のことらしいです。

作者は意図していないかもしれないですけど浅野いにお先生の作品は少し毒のあるものが多いですよね。

 

ソラニンもなにか心に響くものを感じる作品でした。

ソラニンでも名言は色々出てきますのでいくつか載せておきます。

あたしが思うに、大人は「まあいいや」のカタマリだ。

時折、自分が社会にまるで貢献してないのを思い出して、
まるでこの世に存在しない、死人のような気分になって、
すごく怖くなる。実はそんな夜もあるんだ。

 

いやー、ほんとにいい言葉ですね。

ほんとに浅野いにお先生の名言が大好きでたまに調べたりして読んで力をもらってます。笑

やはり、浅野いにお先生の作品はAmazonのレビューでもどれも賛否の分かれ方がすごいですね。

私は、今回紹介した3作品の中ではソラニンが1番多くの人が読めるものかなと思います。

初めて浅野いにお作品を読む方にはオススメです。

最後に

はい、今回は浅野いにお先生の作品から3つオススメの作品を紹介してみました。

これから、浅野いにお作品を読んでみようかなという方に参考にして頂ければ幸いです。

 

読みやすさとしては「ソラニン」>「素晴らしい世界」>「虹ヶ原ホログラフ」です。

注:読みやすい→難解です。

 

あくまで私個人の考えです。

おやすみプンプンについては読みたいとは思うのですがなかなか時間が取れず読めていないので今度機会があれば読んでみたいとおもいます。

なかなか救われない話だと聞いているのですごく楽しみですね。

読んだら感想を書きたいと思います。

その時も読んで下さると嬉しいです。

 

はい、今回はこれで終わりたいと思います。

長文になりましたが最後までお付き合いして頂きありがとうございました。

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。

-漫画まとめ, 漫画紹介, 短編集

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「千早さんはそのままでいい」が可愛すぎて面白すぎるので感想を書く

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「千早さんはそのままでいい」の紹介をしたいと思います。 いや、もう表紙買い決定じゃないデスカ 初めての4コマ漫画の紹介です。 4コマ漫画はたまに読みますがあまり …

鬼才・古屋兎丸の『幻覚ピカソ』が本当に面白いので魅力をまとめてみた!

はい、こんにちは。lifeです。 今回は私の好きな漫画家の1人である古屋兎丸先生の『幻覚ピカソ』の魅力を伝えていこうと思います。 ストーリー 絵を描くことが大好きな少年・葉村ヒカリは級友の千晶と共に事 …

狂おしいほどの片想い『あげくの果てのカノン』とは!?

「クッソどろどろしとるやん(道民」 まずこの漫画『あげくの果てのカノン』を読んだ1番の感想はこれでした。   本当に気持ち悪いほどの片想いをしている1人の少女の物語です。 もう完全なストーカ …

あらゆるところでオススメの声の嵐!!『ダンジョン飯』とは!?

はい、こんにちは。lifeです。 今回はもう、色々な場所でオススメが絶えないダンジョン飯を紹介していきたいと思います。 いやいや、もう色々なところで紹介されてるならいいじゃん。って思うかもしれませんが …

動物たちの青春群像劇『BEASTARS』が最高に面白すぎる!!

ここ最近、漫画紹介ブロガーの間ではかなり話題になっていた『BEASTARS』ですが、私も早速読んでみました!まあ、結果から言うと「な、なんだこれ。クッソ面白いやん!!」ってなりました。   …

コミカレコカの管理人のlifeです。ちなみによく勘違いされるが本名ではない。

小さい頃から漫画が好きで読んできた漫画はおそらく1000作品以上。

ここで長く自己紹介する気はないので、私のことをもっと知りたい人や漫画情報が知りたい人はTwitterをやっていますのでこちらをどうぞ。

また、はてなブログの方で雑記もやっているので、くだらないことしか書いてませんが気になる方はこちらからどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ