サバイバル バトル・アクション 漫画紹介

今話題の「ゴールデンカムイ」のあらすじと感想を書く。

投稿日:2016年9月25日 更新日:

はい、こんにちは。lifeです。

今回は「ゴールデンカムイ」を読んでみたので感想を書こうと思います。

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)

ゴールデンカムイといえば2016年のマンガ大賞で優勝した作品ですね。

私は少し前から読ませて頂いていますが、今回だいぶ巻数も出たということなので感想を書いて行こうと思います。

ではでは、早速いきます。

スポンサーリンク

あらすじと作品紹介

まずは、あらすじと作品紹介をしていきます。

 

あらすじ

日露戦争の鬼神の如き武功からこう呼ばれる男が1人いた。

『不死身の杉本』

彼はある目的のため、ゴールドラッシュに湧いた北海道に足を踏み入れる。

そこには、アイヌが隠した莫大な埋蔵金の手がかりが!?

 

その手がかりを求め、杉本は圧倒的な大自然と凶悪な囚人に立ち向かう。

そんな中、杉本はアイヌの少女とエゾ狼と出会う。

かくして、杉本たちの「黄金を巡る生存競争」は幕を開けるのだった。

 

作品紹介

ジャンル:  サバイバル・バトル

作者:  野田サトル

連載誌: ヤングジャンプ

 

ジャンルはサバイバル・バトルです。

アイヌ文化の豆知識なども出てきたりします。

 

作者は野田サトルさんという方らしいですね。

恥ずかしながら初めて聞いた名前です。

代表作はスピナマラダ!という漫画らしいです。

アイスホッケーを題材としたスポーツ漫画らしいですね。

 

また、野田先生は北海道出身らしいです。

どおりでアイヌやアイスホッケーを題材にするわけですね。

北海道は自然が豊かでいいですよね。

ほんとにのどかでいいです。

 

そして、連載誌はヤングジャンプです。

ここ最近はほんとにヤングジャンプ来てますね。

看板作品クラスの漫画がすごく増えた印象です。

これからも期待ですね。

はい、あらすじと作品紹介はこんな感じです。

 

実際に読んでみた感想

次は、実際に読んでみた感想をいくつかの項目にわけて書いていきたいと思います。

 

物語について

はい、まずは物語についてですね。

これはすごく良いなと思いました。

アイヌ文化の豆知識について語られたりなどもして面白いなと思いました。

アイヌの考え方はとても美しく心が綺麗になるものばかりでした。

是非、皆さんも読んでみて欲しいですね。

私も少しアイヌに関する文献を調べてみようかなと思います。

 

また、サバイバルの豆知識も出てきたりして楽しめました。

そして、バトル漫画としても楽しめます。

バトルもこの漫画の魅力ですね。

そして、それが欠点にもなるなと思いました。

 

それはなにかというと、サバイバル系でアイヌの文化について語りたい漫画なのか、シリアスなバトル漫画にしたいのかよく分からないということです。

読んでいる方からしたらここはハッキリして欲しいですね。正直キャラがぶれすぎてて違和感を感じざるを得ません。

人によっては全然楽しめるかと思いますので、そこは実際に読んでもらうしかないですね。

 

絵について

とても見やすくて良いです。

全然絵については問題ないかと思われます。

そもそも、私は漫画の絵でそこまで嫌いなものがないのであてにならないかもしれませんが。笑

個人的には見やすいなと思いました。

 

総合評価

はい、最後に5段階で評価します。

「ゴールデンカムイ」は4.0です。

 

アイヌの文化についての知識がとても面白かったのはポイント高いです。

そして、減点となったのがバトル漫画なのかサバイバル系知識漫画にしたいのかよくわからないということですね。

でも、それを除けば面白かったので4.0です。

 

まだ、8巻までしか出ていないのでこれからの展開に期待ですね。

はい、以上が実際に読んでみた感想です。

 

最後に

今回は「ゴールデンカムイ」の感想を書いてみました。

漫画というジャンルで1日1つ以上ブログを書くというのはなかなか難しいですね。

これまでは読んだことある漫画について書くことが出来ましたが、これからは買って読んでブログを書くって感じでやっていかないと書けないですね。

 

いや、まだまだ読んだことある作品はあるんですけど正直言うともうほとんど記憶にないです。笑

ですので、読み返してから感想を書きたいと思います。

これからは不定期更新になっちゃうことがあるかもしれませんが、これからもよろしくお願いします。

 

今回も最後までお付き合いして頂きありがとうございました。

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。

-サバイバル, バトル・アクション, 漫画紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

圧倒的画力!!中山敦支『うらたろう』がヤバ過ぎる…!!

時は戦国! 武士の始まり、二大勢力『平氏』と『源氏』激突! 源平合戦。『平氏』が『源氏』に逆転大勝利したパラレル鎌倉時代! 舞台は、現在より夜が暗く…妖魔蔓延る日本列島! 不治の病(?)に侵された少女 …

鬼才・穂積が描く天才の物語『僕のジョバンニ』が凄すぎる。

いつも通り本屋で新刊コーナーを眺めていた私の目にこの漫画は飛び込んできました。 もうタイトルで分かると思うんですけど、穂積先生の新作『僕のジョバンニ』です。   初めて穂積先生を知ったのは『 …

【もしも東京で大震災が起こったら】『彼女を守る51の方法』を読んでみた感想

もしも東京でM8の直下型地震が発生したら……. 古屋兎丸著の『彼女を守る51の方法』にはそのシナリオがリアルに描かれていた。   ということで今回は「もしも東京で大震 …

伝説の打ち切り「シャーマンキング」についてまとめました。[感想など]

はい、こんにちは。lifeです。 今回は武井宏之先生の「シャーマンキング」について記事を書こうと思います。 そう、皆さんご存知の通り「シャーマンキング」と言えば伝説の打ち切り漫画です。(思っているのは …

騙し合いの闇ダーツ「エンバンメイズ」のあらすじと感想

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「エンバンメイズ」を読んだのであらすじと感想を書いていきます。 ダーツをテーマにした心理戦漫画なんですけど、結構スラスラ読めて楽しめました。 ではでは、早速あら …

コミカレコカの管理人のlifeです。ちなみによく勘違いされるが本名ではない。

小さい頃から漫画が好きで読んできた漫画はおそらく1000作品以上。

ここで長く自己紹介する気はないので、私のことをもっと知りたい人や漫画情報が知りたい人はTwitterをやっていますのでこちらをどうぞ。

また、はてなブログの方で雑記もやっているので、くだらないことしか書いてませんが気になる方はこちらからどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ