ファンタジー ミステリー・サスペンス 漫画紹介

古屋漫画「ライチ☆光クラブ」のあらすじと感想を書く。

投稿日:2016年9月30日 更新日:

はい、こんにちは。lifeです。

お気付きの方もいるかと思われますが過去の記事をいくつか(かなりの量)削除しました。

なぜかと言うと、単純に質が低かったからですね。今見るととても見辛く短い記事でしたので思い切って書き直すことにしました。

ではでは、今回は「ライチ☆光クラブ」の感想を改めて書きたいと思います。

ライチ☆光クラブ (f×COMICS)

はい、では早速いきます。

スポンサーリンク

あらすじと作品紹介

あらすじ

螢光町という町の片隅には少年達の秘密基地「光クラブ」があった。

そこでは、ゼラを帝王を筆頭に9人の少年が集いある目的のため「機械」を作っていた。

そして、完成した機械を使い少年達は少女を監禁し女神として崇めるようになった。

だがしかし、その機械と少女により光クラブは破滅への道を辿ってしまうのだった。

 

作品紹介

ジャンル:  ダークファンタジー 

作者:  古屋兎丸

連載誌:  マンガ・エロティクス・エフ

 

はい、ジャンルはダークファンタジーと書きましたがすごく悩みました。笑

なんか、多分皆さんが想像しているダークファンタジーとは違います。

ファシズムを風刺した作品のように感じました。

なかなか頭がおかしい系(どんな系だよ)の漫画です。

 

作者は古屋兎丸先生ですね。

結構好きですよ、私。

もう5作品ほど読んでいますね。

1番好きだったのは幻覚ピカソですね。

あれは面白かったです。

私の勝手なイメージですがなんかTHE漫画家みたいな顔ですよね。笑

 

連載誌はマンガ・エロティクス・エフですね。

今は休載になっているそうですが、結構面白い作品多かったですよね。

まあ、マニアックすぎて一般ウケはしなさそうですけど。

案の定、この作品も一般ウケしないような内容です。笑

 

実際に読んでみた感想

はい、次に実際に読んでみた感想ですね。

 

絵について

絵に関しては、私は慣れていますけど慣れていない方からすると読みづらいかもしれないです。

かなり特徴的な絵ですので、気をつけて下さい。

これに関しては合う合わないが激しいかとおもいます。

あと、グロい描写もありましたので子供のいるところでは読まないことをおすすめします。

 

物語について

物語についてもかなり好き嫌いが分かれるかと思います。

かなり変わった内容になっているので。

 

「ゼラというリーダーの暴走」と 「機械と少女という現実」を対比させたことによりファシズムを風刺しているように感じました。

独裁政治の怖さを伝えたかったのかなと思いました。

人間不信や権力の暴走が描かれています。

 

そして、読了後はなんとも言えない切なさが残りますね。

全く不思議な作品です。

残念だった点は、1巻完結だったことによる物足りなさと話が急すぎて最初は物語に入り込めないことですね。

以上が読んでみた感想です。

 

総合評価について

最後に総合評価なんですけど、基準はいつも通りこんな感じです。

 

  • 90点〜100点 全てにおいて欠点がなくその漫画でしか楽しむことの出来ないなにか特別なものをもっている。
  • 70点〜89点 全てにおいて欠点がなく、おすすめできる。
  • 50点〜69点 少しの欠点はあるがおすすめできる。
  • 30点〜49点 確かに面白いが大切な部分が欠けている。おすすめは出来ない。
  • 10点〜29点 楽しめた部分はあるが楽しめない部分の方が大きい。おすすめは出来ない。
  • 0点〜9点 私には合わなかったようだ。

 

はい、では「ライチ☆光クラブ」は……….45点!

確かに面白かったですけど、漫画に入り込みづらいにも関わらずボリュームに欠けるというのは少し残念でした。

ほんとに好き嫌いがばっさり分かれるかと思いますので、おすすめは出来ないです。

 

最後に

今回は「ライチ☆光クラブ」の感想をもう一度書いてみました。

1ヶ月前のときよりは目次というものも覚えたし読みやすくなったかなと自分で思っちゃっています。笑

文章量も倍近く書けましたね。笑

 

これから少しの間、昔の記事の書き直しの投稿になるかと思いますがもし宜しければ読んでいって下さい。

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。

-ファンタジー, ミステリー・サスペンス, 漫画紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今話題の「3月のライオン」とは!?[人生で初めて私が100点をつけた漫画]

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「3月のライオン」の魅力を語りつくしたいと思います。 実は、ブログを始めて初投稿の記事が「3月のライオン」の紹介でした。 ですが、当初は1000文字すら書くこと …

格闘漫画「ホーリーランド」のあらすじと感想を書く。

はい、こんにちは。lifeです。 今回の記事は「ホーリーランド」です。 ではでは、早速書いていきます。 スポンサーリンク 目次1 あらすじと作品紹介2 実際に読んでみた感想2.1 絵について2.2 ス …

私史上最高のSF漫画『ディメンションW』が面白すぎる。

これまで私の中のSF漫画第1位は飛び抜けて大今良時先生の『マルドゥック・スクランブル』でした。そして、ここ数年なかなか私の中でそれを超えるSFは現れずにいました。   でも、やっと出会えまし …

可愛いは正義なり『大正処女御伽話』を紹介するぜっ。

はい、こんにちは。lifeです。 今回紹介するのはこの漫画!どんっっ! 大正処女御伽話〜(ヒカ○ン風) 現在3巻ということで始まったばかりの漫画ですね。 あっ、タイトルに処女ってあるけど、全然そういう …

発想の勝利「ウチの使い魔がすみません」が面白い。[感想]

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「ウチの使い魔がすみません」の発想がとても面白いなと思ったので少し紹介します。 現在、good!アフタヌーンで連載中の作品です。 まだ1巻が出たばかりの漫画の紹 …

コミカレコカの管理人のlifeです。ちなみによく勘違いされるが本名ではない。

小さい頃から漫画が好きで読んできた漫画はおそらく1000作品以上。

ここで長く自己紹介する気はないので、私のことをもっと知りたい人や漫画情報が知りたい人はTwitterをやっていますのでこちらをどうぞ。

また、はてなブログの方で雑記もやっているので、くだらないことしか書いてませんが気になる方はこちらからどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ