ミステリー・サスペンス 漫画紹介 短編集

あるのは絶望のみ「ブラッドハーレーの馬車」のあらすじと感想を書く。

投稿日:2016年10月1日 更新日:

はい、こんにちは。lifeです。

今回は過去の記事を書き直すシリーズですね。

書き直す作品は「ブラッドハーレーの馬車です。

ブラッドハーレーの馬車

ではでは、早速書いていきます。

スポンサーリンク

あらすじと作品紹介

はい、まずはあらすじと作品紹介です。

 

あらすじ

これは、とある時代のとある国での物語。

資産家であり、貴族院議員であった公爵ニコラ・A・ブラッドハーレーは「ブラッドハーレー聖公女歌劇団」を経営していた。

その劇団の構成員は全てブラッドハーレーの養女であり、彼女たちは全員孤児院から孤児院から集められていた。

 

ブラッドハーレー聖公女歌劇団は孤児院の少女の憧れであったがそこにはある不思議があった。

それは、毎年ブラッドハーレーに貰われていく少女の人数と劇団員の数が全然合わないということだ。

実は、養女として貰われたほとんどの少女は刑務所へ送られ性的欲求・破壊欲求の溜まった囚人のおもちゃとして扱われているのだった。

これは、そんな少女達の絶望の物語。

 

作品紹介

ジャンル:  サスペンス

作者:  沙村 広明

連載誌:  マンガ・エロティクス・エフ

 

ジャンルはサスペンスというよりただの鬱漫画ですね。笑

誰が得するのっていう漫画ですね。笑

 

作者は沙村 広明先生ですね。

代表作は無限の住人ですね。

とか言いながら私は読んだことないんですよねー。

めっちゃ読みたいんですけど全30巻なんでなかなか手が出せない。。。

いつか必ず読むので読んだら感想書きます。

 

そして、連載誌はマンガ・エロティクス・エフですね。

なんか私、マンガ・エロティクス・エフの漫画多くないか?

いや、さすがですわ。やはりマニアックな作品はほとんどマンガ・エロティクス・エフですね。笑

今回はもうマニアックを通り越してますけどね。笑

 

実際に読んでみた感想

はい、次は実際に読んでみた感想ですね。

これはもう一言で言えますね。

 

誰が得するの?

はい、これですよ。笑

もうただの鬱漫画です。笑

私は結構、鬱漫画も読みなれているので平気でしたが多分耐性の無い方が読んだら1日くらい魂抜けますよ。笑

この漫画を一言で言ったら絶望ですね。

 

全8話構成の短編集みたいになっていますが、8回の絶望が待ち受けています。

ほんとに誰も救われない終わり方しますよ。

注意しなければならないのが1、2話です。

結構過激なエログロ表現がございますので注意して下さい。

 

「あっ、なら3〜8話は全然大丈夫じゃん。」って思いましたよね?

いや、実は3〜8話が1番やばいんですよねー。笑

人間っていう存在は直接的な表現がないからこそ、想像しちゃうんです。

想像力って怖いですね。どんどん悪い想像をしてしまいます。

それにより、さらに絶望しちゃうんですよね。

 

また、絵もまた暗い!!(なんで、またって2回いったし)

絵も全然躍動感がなくすごく暗いです。

より一層読者を鬱にしますね。

 

作者本人は、連載当初「赤毛のアンのような作品を描きたい」といっていたようだがストーリー的な共通要素は一切ないですね。

作者から見た赤毛のアンはこれなのかと思うと恐怖でしかない。笑

まあ、なんだかんだ言って私は嫌いじゃないですよ、こういう鬱漫画も。笑

絶望したい時には丁度いいですね☆

 

総合評価について

はい、最後に総合評価です。基準はこちら。

 

  • 90点〜100点 全てにおいて欠点がなくその漫画でしか楽しむことの出来ないなにか特別なものをもっている。
  • 70点〜89点 全てにおいて欠点がなく、おすすめできる。
  • 50点〜69点 少しの欠点はあるがおすすめできる。
  • 30点〜49点 確かに面白いが大切な部分が欠けている。おすすめは出来ない。
  • 10点〜29点 楽しめた部分はあるが楽しめない部分の方が大きい。おすすめは出来ない。
  • 0点〜9点 私には合わなかったようだ。

 

「ブラッドハーレーの馬車」は…………45点!

面白かったですけど、欠けているものがあります。

それは一般受けが絶対にあり得ないということですね。笑

多分、10人いたら3人くらいしか楽しめないです。笑

それでも挑戦したい方がいましたら挑戦してみて下さい。

個人的にはヒミズの方が同じ鬱漫画ではおすすめですけど。関連記事は1番下に貼っておきます。

 

最後に

はい、今回は「ブラッドハーレーの馬車」の感想を書いてみました。

もうここ最近は過去の記事の手直しが9、新しい記事が1くらいの割合ですね。笑

ただただ辛いです。

新しい漫画読みてーーーーーーー!!!!

 

でも、質の低い記事があったらブログの見栄えが悪くなってしまうので仕方ないですよね。泣

とりあえず今は我慢あるのみです。

 

はい、今回も最後までお付き合いして頂きありがとうございました。

よければ読者登録お願いします。

ではではぐっばいです。lifeさんでした。

(どこかの動画サイト風)

-ミステリー・サスペンス, 漫画紹介, 短編集

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

総資産170億!?「ビリオネアガール」のあらすじと感想

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「ビリオネアガール」を読んでみたのであらすじと感想を書いていきます。 内容的には株式投資をテーマにした漫画です。 株式投資というと難しそうなイメージがありますが …

今話題の「3月のライオン」とは!?[人生で初めて私が100点をつけた漫画]

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「3月のライオン」の魅力を語りつくしたいと思います。 実は、ブログを始めて初投稿の記事が「3月のライオン」の紹介でした。 ですが、当初は1000文字すら書くこと …

『亜人』は果たして面白いのかどうか。アンタの毒味になってやるよ

はい、こんにちは。lifeです。 今回は大人気漫画である『亜人』は面白いのかどうかをまとめていこうかと思います。 最初に勘違いされないため言っておきますが、タイトルは煽りではなく『亜人』で出てくるセリ …

人生を変えた漫画「め組の大吾」を紹介します。

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「め組の大吾」の紹介をしようと思います。 1995年から連載された作品なので今の小学生・中学生は知らない方も多いですよね。 ですが、小学生・中学生くらいの人には …

これが押見修造の心理描写「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」が素晴らしい。

はい、こんにちは。lifeです。 今回は先日ほしい物リストから頂きました「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」を読み終わりましたので感想を書いていこうと思います。 この作品なんですけどまず最初に言っちゃ …

コミカレコカの管理人のlifeです。ちなみによく勘違いされるが本名ではない。

小さい頃から漫画が好きで読んできた漫画はおそらく1000作品以上。

ここで長く自己紹介する気はないので、私のことをもっと知りたい人や漫画情報が知りたい人はTwitterをやっていますのでこちらをどうぞ。

また、はてなブログの方で雑記もやっているので、くだらないことしか書いてませんが気になる方はこちらからどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ