SF 漫画紹介

表紙でビビる漫画「いぬやしき」のあらすじと感想を書く。

投稿日:2016年10月2日 更新日:

はい、こんにちは。lifeです。

今回は「いぬやしき」を読んでみたので感想を書こうと思います。

いぬやしき(1) (イブニングコミックス)

もう、表紙が衝撃的ですよね。笑

とある漫画アプリでちょうど1巻が無料だったので1巻のみ読ませて頂きました。

ではでは、早速書いていきます。

広告

あらすじと作品紹介

まずは、あらすじと作品紹介を書いていきます。

 

あらすじ

会社や家庭からも疎遠された生活を送っており、ようやく購入した一戸建てすらでも家族の歓心を得ることが出来なかった老年を迎える冴えないサラリーマン「犬屋敷 壱郎」

何も幸せを感じられず生きていたある日、医者に胃ガンだと診断され余命3ヶ月を宣告される。

 

そして、悩みながら犬の散歩をしていた時に1人の高校生とともに宇宙人による事故に巻き込まれる。

宇宙人は事故の隠蔽のため、犬屋敷を生前の記憶や精神を持った機械の身体にしてしまう。

果たして、彼らはこれからどう生きどう自分の存在を確かめるのか。

 

作品紹介

ジャンル:  SF

作者:  奥浩哉

連載誌:  イブニング

 

ジャンルはSFですね。

まあ、身体が機械になってしまうなんてSFしかないですよね。笑

 

そして、作者は奥浩哉先生ですね。

代表作はGANTZですね。

今回の作品も機械という点ではGANTZに似てますよね。

他にも変[HEN]という作品があるらしいですね。

恥ずかしながら知りませんでした。

面白そうなので機会がありましたら読んでみます。

 

そして、連載誌はイブニングですね。

累などが連載されている漫画雑誌ですね。

結構濃い作品が多いイメージが強いですね。

「いぬやしき」も設定が濃かったですね。笑

 

実際に読んでみた感想

はい、次に実際に読んでみた感想を書いていきます。

 

絵について

奥浩哉先生はすごく特徴的なタッチをしていますよね。

GANTZを読んだ人はわかると思うんですけど、今回もあんな感じのタッチです。

背景などがとても綺麗ですよね。

なんか新時代のタッチっていう感じがしますね。

 

ですが、古い漫画が好きな人からしたらこんなの漫画じゃないと思われるかもしれません。

私は色々な作風があっていいと思いますけどね。

絵は本当に人によります。

 

ストーリーについて

はい、次はストーリーについてですね。

これは面白いなと思いました。

老け顔の58歳の父親を主人公にしてしまうという大胆さ。笑

私は好きですよ。こういう登場人物を主人公にしてしまうセンス。笑

 

そして、機械の描写もとてもリアルで良かったです。

先が読みたくなりましたね。

ですが、少し残念だったのは日常のリアルさの欠如ですね。

 

読んだ人は思ったはずです。

「この街、治安悪すぎじゃね?」

少なくとも私は思いました。笑

そのせいで日常の中での非日常が少し崩れちゃいましたね。

そこは少し残念でした。

 

総合評価について

そして、最後は総合評価をつけたいと思います。基準はいつも通りこちらです。

 

  • 90点〜100点 全てにおいて欠点がなくその漫画でしか楽しむことの出来ないなにか特別なものをもっている。
  • 70点〜89点 全てにおいて欠点がなく、おすすめできる。
  • 50点〜69点 少しの欠点はあるがおすすめできる。
  • 30点〜49点 確かに面白いが大切な部分が欠けている。おすすめは出来ない。
  • 10点〜29点 楽しめた部分はあるが楽しめない部分の方が大きい。おすすめは出来ない。
  • 0点〜9点 私には合わなかったようだ。

 

「いぬやしき」65点!

はい、全然おすすめできるレベルですね。

面白かったです。

日常の描写にもっとリアルさが加わればもっと高得点でした。

 

ですが、全体的には完成度が高くとても面白かったです。

続きが読みたくなったので、読んでみようかと思います。

 

最後に

はい、今回は「いぬやしき」の感想を書いてみました。

最近は便利な世の中ですね。

漫画アプリで漫画1巻がまるごと読めるなんて…

そのおかげで記事がとても書きやすいです。

 

漫画アプリで1巻のみを読んで感想を書いてみて面白かったら2巻以降も買って感想を書くというスタイルにします。

もちろん、それ以外にも読んでいきますがこれからは漫画アプリも有効活用していこうと思います。

ほんと、インターネットの発展に感謝感激

 

今回も最後までお付き合いして頂きありがとうございました。

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。

-SF, 漫画紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ずっとお盆が終わらない!?『盆の国』を読んでみた感想!

1年に1回死んだ人が帰って来る日、お盆。今回紹介する漫画『盆の国』はそんな特別な日にスポットを当てた漫画だ。 というわけで、いつも通り漫画を紹介していこうと思うのですがここで1つ問題が。 「私の住んで …

あるのは絶望のみ「ブラッドハーレーの馬車」のあらすじと感想を書く。

はい、こんにちは。lifeです。 今回は過去の記事を書き直すシリーズですね。 書き直す作品は「ブラッドハーレーの馬車」です。 ではでは、早速書いていきます。 広告 目次1 あらすじと作品紹介2 実際に …

押見修造先生の新作「ハピネス」のあらすじと感想

はい、こんにちは。lifeです。 今回は押見修造先生の新作「ハピネス」を読んだのであらすじと感想を書いていこうと思います。 この表紙からしてもうやばい。 神作な予感しかしない。笑 ではでは、どうだった …

格闘漫画『ケンガンアシュラ』は初心者にも読みやすい良作でした!

はい、こんにちは。lifeです。 今回はこれを読んでみました!! ここ最近1番話題となっている(?)格闘漫画です。とは言っても、私が初めて読んだのはだいぶ前でその時はまだ3巻までしか出ていなかったんで …

『とんがり帽子のアトリエ』が面白い…これは話題になりそうだ!!

はい、お久しぶりです。lifeです。 はてなブログからwordpressに移行したため、10日間ほど記事を書けていなかったんで、この記事がwordpressに移行後、初めての記事になります。 &nbs …

コミカレコカの管理人のlifeです。ちなみによく勘違いされるが本名ではない。

小さい頃から漫画が好きで読んできた漫画はおそらく1000作品以上。

ここで長く自己紹介する気はないので、私のことをもっと知りたい人や漫画情報が知りたい人はTwitterをやっていますのでこちらをどうぞ。

また、はてなブログの方で雑記もやっているので、くだらないことしか書いてませんが気になる方はこちらからどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ