格闘 漫画紹介

これこそリアルな格闘漫画「オールラウンダー廻」のあらすじと感想

投稿日:2016年10月28日 更新日:

はい、こんにちは。lifeです。

今回は「オールラウンダー廻」のあらすじと感想を書いていきます。

オールラウンダー廻(1) (イブニングコミックス)

先に言っておくと、この作品は総合格闘技の修斗を題材にした漫画です。

いわゆる格闘漫画ですね。

はい、ではでは、早速あらすじと読んでみた感想を書いていきます。

スポンサーリンク

あらすじと作品紹介

はい、まずはあらすじと作品紹介からしていきます。

 

あらすじ

「もっと強くなりたい」

「高柳廻」と同い年で同じく空手を習っていた「山吹木喬」は強さを求めていた。

お互い母親がいないという家庭環境であり、ウマが合う2人であったが強さを求める喬に対し廻はそこまで勝ちにこだわってはいなかった。

そして、廻は6年生になるときに転校することになり喬とお別れする。

 

そして、7年後。

廻は修斗のジムに通っていて、いよいよデビュー戦の幕が開けようとしていたが、そこで廻は喬と再会することとなるのであった。

 

作品紹介

ジャンル:  格闘漫画

作者:  遠藤浩輝

連載誌:  イブニング

 

ジャンルは先程も書いたように格闘漫画ですね。

ただ、超人が出てくるような格闘漫画ではなくすごく現実的な格闘技が描かれています。

またプロの世界ではなくアマチュアの世界が主に描かれているのも特徴でした。

 

作者は遠藤浩輝先生です。

代表作はEDENですね。

これもすごく面白そうなんですけど実は私、まだ読んでいないんですよねー。

早く読みたいです。めっちゃ面白そう。

 

連載誌はイブニングです。

イブニングは漫画オタクが好きそうな漫画が多いですよね。私も好きな作品が多いです。

なんて最高ですよね。まだ記事を書いていないので今度書きますね。

 

実際に読んでみた感想

はい、次に実際に読んでみた感想です。

今回も「絵について」「ストーリーについて」「総合評価について」の3つの観点から感想を書いていきます。

 

絵について

まずは絵についてです。

これについてはTHE普通ですね。

良くも悪くも普通です。

 

まあ、私はそこまで絵にはこだわるタイプではないので良かったです。

ただ、格闘漫画ならもっと躍動感のある絵でも面白かったかなと思いました。

でもそれじゃ、現実的な格闘技ってテーマが薄れちゃうかな。

 

良かったところは登場人物の顔ですね。

美談美女ばかりではなく、とても現実感が出ていて良かったですね。

とにかく絵については普通でした。

 

ストーリーについて

次はストーリーについてです。

これについては予想より面白かったです。

素直に面白かった。何が面白かったのかというと格闘技の現実の描写ですね。

 

大体の格闘漫画ってのは○○拳みたいなのが出てきたりして現実感がないじゃないですか。

確かにそれもそれで面白いんですけど、今回の作品にはそういう漫画では見れない現実感がありましたね。

 

とにかく主人公が平凡である。

そして最終巻もアマチュアのトーナメントでありプロではない。

これがいいんです。汗水流しながらの辛い練習の描写も良かったです。

とにかく、リアルな格闘漫画を求めているのならこの作品1択だと思います。

 

ただ、私的には以前紹介した「ホーリーランド」の方が同じ格闘漫画としては面白かったですね。リンクは下に貼っておくので良ければ読んでみて下さい。

 

総合評価について

最後に総合評価をつけたいと思います。

基準はいつも通りこちらです。

 

  • 90点〜100点 全てにおいて欠点がなくその漫画でしか楽しむことの出来ないなにか特別なものをもっている。
  • 70点〜89点 全てにおいて欠点がなく、おすすめできる。
  • 50点〜69点 少しの欠点はあるがおすすめできる。
  • 30点〜49点 確かに面白いが大切な部分が欠けている。おすすめは出来ない。
  • 10点〜29点 楽しめた部分はあるが楽しめない部分の方が大きい。おすすめは出来ない。
  • 0点〜9点 私には合わなかったようだ。

 

「オールラウンダー廻」は………70点!

辛口評価なので悪くない点数です。

残りの30点は特出した部分がなかったからですね。確かに、リアルな格闘漫画としては本当に素晴らしい。ですが現実感を出しすぎたため平凡に物語が進みすぎてしまった気がしますね。

 

あと強いて言えば絵ですね。絵ももっと躍動感があればもっと良くなったかも。

格闘漫画好きなら読んでみて損は無いと思います。

 

最後に

はい、今回は「オールラウンダー廻」のあらすじと感想を書いてみました。

余談なんですけど、私は格闘漫画を読んだら格闘技がしたくなってきちゃうんですけど皆さんわかりません?笑

これって私だけ?笑

 

私はまだ格闘技はやったことがありませんが死ぬまでには何かやりたいと思っているので何か始めたらブログで報告しますね。

ちなみに今の第一候補はブラジリアン柔術。

ノゲイラに惹かれましたね。笑

 

はい、完全な余談になりましたが今回はこんな感じで終わりたいと思います。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。

-格闘, 漫画紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

極上のサスペンス漫画『ウロボロス』が最高に面白い!!

「いやあ、クッソ面白い。こんな面白いサスペンス漫画久しぶりに読んだわ」ってのが素直な感想。神崎裕也先生の『ウロボロスー警察ヲ裁クハ我ニアリー』全24巻です。   今となっては旬が過ぎてしまっ …

兄妹愛とカニバリズム?漫画『pupa』を読んでみた感想

はい、こんにちは。lifeです。 今回なんですけど、私がだいぶ昔に読みました『pupa』という漫画の紹介をしていこうかと思います。 まあかなりぶっ飛んだ漫画なわけなんですけど、結構楽しめたので購入を悩 …

『約束のネバーランド』の感想、考察をまとめてみた。

普段はジャンプ漫画をあまり読まない私ですが、久しぶりに異色のジャンプ漫画の連載が始まったと聞いて早速読んでみました。それが『約束のネバーランド』です。   衝撃の脱獄ファンタジーと帯に書いて …

ずっとお盆が終わらない!?『盆の国』を読んでみた感想!

1年に1回死んだ人が帰って来る日、お盆。今回紹介する漫画『盆の国』はそんな特別な日にスポットを当てた漫画だ。 というわけで、いつも通り漫画を紹介していこうと思うのですがここで1つ問題が。 「私の住んで …

青春音楽漫画「この音とまれ!」のあらすじと感想を書く。

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「この音とまれ!」のあらすじと感想を書きたいと思います。 私はジャンプスクエアを毎月読んでいるので毎回楽しみにしている作品ですね。 ではでは、早速書いていきたい …

コミカレコカの管理人のlifeです。ちなみによく勘違いされるが本名ではない。

小さい頃から漫画が好きで読んできた漫画はおそらく1000作品以上。

ここで長く自己紹介する気はないので、私のことをもっと知りたい人や漫画情報が知りたい人はTwitterをやっていますのでこちらをどうぞ。

また、はてなブログの方で雑記もやっているので、くだらないことしか書いてませんが気になる方はこちらからどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ