漫画紹介 頭脳戦・心理戦漫画

騙し合いの闇ダーツ「エンバンメイズ」のあらすじと感想

投稿日:2016年10月31日 更新日:

はい、こんにちは。lifeです。

今回は「エンバンメイズ」を読んだのであらすじと感想を書いていきます。

エンバンメイズ(1) (アフタヌーンコミックス)

ダーツをテーマにした心理戦漫画なんですけど、結構スラスラ読めて楽しめました。

ではでは、早速あらすじと感想を書いていきます。

広告

あらすじと作品紹介

はい、まずはあらすじと作品紹介です。

 

あらすじ

そこは札束の踊る「闇ダーツ」の世界。

そこには狙ったマトは絶対に外さない百発百中の矢を放ち対戦相手を奥深い迷路へと誘い込む1人の男がいた。

 

迷路の悪魔と呼ばれるダーツプレイヤー「烏丸徨」の元へ1人の少女が代打ちを依頼してきた。

どうやらその少女は賭けダーツで両親を亡くしたらしい。

その少女の父は一勝負数千万の賭けダーツに代打ちを雇い勝負に出たらしい。

 

無事勝負に勝ったがその少女の父は頼る相手を間違えていた…

代打ちとして雇ってしまったのはダーツ界でもイカレ野郎と言われている「神谷総一郎」であったのだ。

烏丸は少女の依頼を受け、神谷と賭けダーツをすることとなった…

 

作品紹介

ジャンル:  心理戦・ダーツアクション

作者:  田中一行

連載誌:  good!アフタヌーン→マンガボックス

 

ジャンルは心理戦・ダーツアクションですね。

ダーツをテーマにした騙し合いみたいな感じですね。この作品に出てくるダーツプレイヤーは基本的に全員1000回投げてもミスしない腕を持っているので、ダーツ漫画とは言えないかもしれないですね。笑

 

作者は田中一行先生です。

この作品を連載する以前に「イコン」という作品を書いているそうです。

その作品も面白そうなので、読みたいなと思っています。

 

連載誌はgood!アフタヌーン→マンガボックスです。

なんで移籍したのかは分からないんですけど、私的にはgood!アフタヌーン連載の方が嬉しかったなと思います。電子媒体は読みづらいです。タブレット持ってないので。

 

実際に読んでみた感想

はい、次に実際に読んでみた感想です。

今回も「絵について」「ストーリーについて」「総合評価について」の3つの観点から感想を書いていきます。

 

絵について

まずは、絵についてです。

これは普通に上手いかなと思います。

この人でしか読めない絵と言えるほどの絵ではなかったですけど普通に上手いです。

 

男女問わず読めるような絵かなと思います。実際、私の友人の女性も読んでいて、面白いと言っています。

個人的には烏丸の「びびびびびび」という擬音語が好きですね。

それと烏丸が騙している時などの絵はとてもいいですね。うまく心理描写出来ていると思います。あと、女の子がかわいいので少し加点。

 

ストーリーについて

次はストーリーについてです。

これも普通に面白かったです。

心理戦もとことん相手を追い込む悪魔のような感じがいいですね。少年漫画の主人公のような敵への優しさは一切ありませんからね。笑

 

ただ、心理戦や頭脳戦の作りの深さで言えば私が以前紹介した「嘘喰い」には到底及ばないなという感じでした。

まあ、「嘘喰い」は別格なので仕方ないかもしれませんが。

「嘘喰い」が難しすぎて理解出来ない方にはこの作品はおすすめですね。

 

逆にこの作品で満足しなかった方は是非「嘘喰い」を読んでみて下さい。

記事のリンクは下に貼っておきます。

あと、普通に面白かったのでもう少し長編として読みたかったという気持ちもありますね。

 

総合評価について

最後に総合評価をつけたいと思います。

基準はいつも通りこちらです。

 

  • 90点〜100点 全てにおいて欠点がなくその漫画でしか楽しむことの出来ないなにか特別なものをもっている。
  • 70点〜89点 全てにおいて欠点がなく、おすすめできる。
  • 50点〜69点 少しの欠点はあるがおすすめできる。
  • 30点〜49点 確かに面白いが大切な部分が欠けている。おすすめは出来ない。
  • 10点〜29点 楽しめた部分はあるが楽しめない部分の方が大きい。おすすめは出来ない。
  • 0点〜9点 私には合わなかったようだ。

 

「エンバンメイズ」は…………….75点!!

普通に面白かったのですが、この漫画でしか読めない!という魅力は無いなと思ったので75点ですね。

ただ、普通に心理戦漫画としては楽しめました。どうしても「嘘喰い」と比べてしまうと劣ってしまいますけど…

 

最後に

はい、今回は「エンバンメイズ」のあらすじと感想を書いてみました。

うーん、ここ最近面白い漫画は確かに読めているんですけど、私が求めている漫画になかなか出会えないですね。

私は面白い漫画よりも、その漫画でしか読めない光り輝くものを持っている漫画を求めているんですよね。

 

最近は西岡兄妹という方の作品に興味を持っているので近いうちに読んでみたいですね。

この方の作品が私の求めるものだったらいいな。

追記:地獄という作品を読んでみたので、こちらに感想を書きました。

 

はい、今回はこんな感じで終わろうかと思います。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。

-漫画紹介, 頭脳戦・心理戦漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

漫画『BLACK LAGOON(ブラックラグーン)』がカッコよすぎる。

ガンアクションといえば!! そうです、BLACK LAGOON(ブラックラグーン)です。 私も名前だけは知っていたんですけど、実は読んだことがありませんでした。   というのも銃とかガンアク …

今話題の「3月のライオン」とは!?[人生で初めて私が100点をつけた漫画]

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「3月のライオン」の魅力を語りつくしたいと思います。 実は、ブログを始めて初投稿の記事が「3月のライオン」の紹介でした。 ですが、当初は1000文字すら書くこと …

格闘漫画『ケンガンアシュラ』は初心者にも読みやすい良作でした!

はい、こんにちは。lifeです。 今回はこれを読んでみました!! ここ最近1番話題となっている(?)格闘漫画です。とは言っても、私が初めて読んだのはだいぶ前でその時はまだ3巻までしか出ていなかったんで …

「千早さんはそのままでいい」が可愛すぎて面白すぎるので感想を書く

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「千早さんはそのままでいい」の紹介をしたいと思います。 いや、もう表紙買い決定じゃないデスカ 初めての4コマ漫画の紹介です。 4コマ漫画はたまに読みますがあまり …

人生を変えた漫画「め組の大吾」を紹介します。

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「め組の大吾」の紹介をしようと思います。 1995年から連載された作品なので今の小学生・中学生は知らない方も多いですよね。 ですが、小学生・中学生くらいの人には …

コミカレコカの管理人のlifeです。ちなみによく勘違いされるが本名ではない。

小さい頃から漫画が好きで読んできた漫画はおそらく1000作品以上。

ここで長く自己紹介する気はないので、私のことをもっと知りたい人や漫画情報が知りたい人はTwitterをやっていますのでこちらをどうぞ。

また、はてなブログの方で雑記もやっているので、くだらないことしか書いてませんが気になる方はこちらからどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ