ホラー漫画 漫画紹介

最高にスカッとする漫画「地獄の教頭」が面白すぎる。

投稿日:2016年11月1日 更新日:

はい、こんにちは。lifeです。

今回は「地獄の教頭」のあらすじと感想を書いていきます。

地獄の教頭 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

先に言っちゃうと、これかなり好きでした。

もうタイトルからして面白いですよね。

 

簡単に言うと52歳教頭暴走列伝ですね。笑

追記:詳しく言うと学校におけるイジメや不良、援交などの問題を新任教頭が解決していくという話。解決というよりは暴力や身体を重ねさせるなど闇でねじ伏せるといった感じですね。

ではでは、早速あらすじと感想を書いていきます。

広告

あらすじと作品紹介

はい、まずはあらすじと作品紹介からですね。

 

あらすじ

とある学会でこんな言葉があった。

「教頭は地獄」

「近衛修文」52歳。

県立朱地高等学校の教頭として今年赴任。

なぜ、教頭は地獄と呼ばれるのか。

それは教頭の多岐に渡る仕事内容から説明できる。

 

まず1つに管理職であるということ。

校門の開錠問題が無いか校内・校外の巡回。

朝一番に学校チェックをしなければいけない。

また校務分掌図と呼ばれる組織図においても教頭は中心に位置していて、色々な管理をしなければならない。

 

そして、2つ目に職員室の担任であるということである。

教職員への指導、教員評価の実施、メンタルヘルスへの配慮をしなければならない言わば職員の潤滑油なのである。

 

そして、3つ目に結局はなんでも屋であるということである。

生徒からはあまり存在を認識されてないにも関わらず激務なのである。

主幹教諭も一般教諭も避ける地位、これが教頭である。

教頭「近衛修文」は今日も学校の秩序を守るため手段を選ばず教育するのであった。

 

作品紹介

ジャンル:  ハードボイルド学園ドラマ、ホラー(ある意味

作者:  大沼良太

連載誌:  ヤングガンガン

 

ジャンルはハードボイルド学園ドラマです。

うん。ハード過ぎます。暴力要素もかなりありますね。冷血な52歳が暴れまくります。笑

追記:私はGTOを読んだことがないのですが、どうやらGTOの内山田教頭の正反対のようです。まあ、私は読んだことないので分からないんですけどね。笑

 

作者は大沼良太さんという方です。

どうやらこの作品がデビュー作のようですね。

これがデビュー作ってかなりやばいですね。笑

 

連載誌はヤングガンガンです。

普段読まない漫画雑誌なので正直良く分からないですね。

アニメ化作品が多い印象の漫画雑誌です。

 

実際に読んでみた感想

はい、次に実際に読んでみた感想です。

今回も「絵について」「ストーリーについて」「総合評価について」の3つの観点から感想を書いていきます。

 

絵について

まずは絵についてです。

これは上手いですね。上手いというかハードボイルドというジャンルにピッタリな絵柄です。

教頭の教育のシーンが怖すぎる。笑

ただ、教育には暴力が用いられることがあったりするので少しグロテスクなシーンはあります。

 

コマ割りもとても私好みでした。

教頭怖すぎる。ページ開いた瞬間に教頭の顔アップがあってかなりビビりました。笑

絵については文句無いです。

 

追記:文句は無いのですが上手いので、そういう嫌な描写も結構リアルです。特に身体を重ねるシーンとかはガチで胸糞悪いかもです。

そこだけはご注意を。笑

 

ストーリーについて

次はストーリーについてです。

これもかなり面白かった。

教頭が主人公の漫画自体本当に珍しいので新鮮でした。しかもキャラが濃すぎる教頭。

 

地獄の教頭と呼ばれているだけあり、教育の施し方も違法なことを普通にやったりします。学校の秩序が最優先ですから。

学校の秩序のためなら冷血に教育します。

この姿が怖いけど、時には可愛い姿があったりしていいです。笑

 

とにかく、おっさんものが好きな方には本当におすすめです。おっさんつえー系の漫画です。

 

話の進み方は基本1話1話完結です。途中から長めの話があったりする感じです。

年齢対象はかなり高めに感じられましたね。中学生に読ませない方がいいかも。笑

 

そしてどの話もモンスターペアレントやクソ教師、いじめなどがしっかり成敗されるのでとてもスカッとした気持ちで読み終えることができます。

まるであのスカッと○○のようですね。

(やべっ、怒られるかな…笑)

スカッとしたい人にはおすすめですね!

 

あとこの漫画を読んでいて「へー!」と思ったのが教頭が激務であることですね。

知らなかったです。上の職業だから楽して金貰ってるのかと思っていました。全国の教頭先生すみませんでした。笑

えっと…私の高校の教頭先生の名前…な、名前…(思い出せないなんて言わない)

全体的に学校組織の豆知識なども学べて個人的にはとても満足出来るストーリーでした。

 

追記:1つ内容について軽いネタバレをすると、暴力で暴れ回る生徒に暴力で制裁を下したり強姦魔の教師を逆にめっちゃモンスターみたいな女に犯させてみたり。かなり深い闇が漂う作品となっています。

 

総合評価について

最後に総合評価をつけたいと思います。

基準はいつも通りこちらです。

 

  • 90点〜100点 全てにおいて欠点がなくその漫画でしか楽しむことの出来ないなにか特別なものをもっている。
  • 70点〜89点 全てにおいて欠点がなく、おすすめできる。
  • 50点〜69点 少しの欠点はあるがおすすめできる。
  • 30点〜49点 確かに面白いが大切な部分が欠けている。おすすめは出来ない。
  • 10点〜29点 楽しめた部分はあるが楽しめない部分の方が大きい。おすすめは出来ない。
  • 0点〜9点 私には合わなかったようだ。

 

「地獄の教頭」は……………..90点!!

これは面白かった。設定からストーリーまで面白く満足できる漫画です。

久しぶりに面白いものに出会ったなと思いましたね。これは流行りそうです。

是非読んで欲しい漫画です。

巻数も3巻までしかまだ出でいないのでまとめ買いしやすいかと思います。これはおすすめ。

 

最後に

はい、今回は「地獄の教頭」のあらすじと感想を書いてみました。

久しぶりに求めていた漫画と出会えた気がします。これは良かったです。

この漫画がもっと多くの方に読まれることを祈ってます。なんかの漫画の賞には選ばれるんじゃないかと思いますね。

 

はい、今回はこんな感じで終わろうかと思います。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。

-ホラー漫画, 漫画紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ついに映画化!!漫画「聲の形」を紹介!

はい、こんにちは。lifeです。 今回は先日(現在2016年9月18日)全国ロードショーが開始されました聲の形をネタバレなしで紹介していこうと思います。 残念ながら私の住んでいる地域では上映されないら …

表紙でビビる漫画「いぬやしき」のあらすじと感想を書く。

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「いぬやしき」を読んでみたので感想を書こうと思います。 もう、表紙が衝撃的ですよね。笑 とある漫画アプリでちょうど1巻が無料だったので1巻のみ読ませて頂きました …

時系列ミステリー「BILLY BAT」をおすすめする。[感想]

はい、こんにちは。lifeです。 今回は私がおすすめするミステリー漫画「BILLY BAT」を紹介したいと思います。 ではでは、早速いきます。 広告 目次1 あらすじと内容紹介2 おすすめポイント3 …

『デストロイ アンド レボリューション』のあらすじと感想

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「デストロイ アンド レボリューション」のあらすじと感想を書いていきます。 はい、まずはタイトルが長すぎる。笑 ただ、まさに内容を説明しているタイトルです。笑 …

西義之、悲痛の打ち切り『魔物鑑定士バビロ』を紹介する。

はい、こんにちは。lifeです。 今回はある打ち切り漫画を紹介していこうかと思います。タイトルにある通り、西義之先生の『魔物鑑定士バビロ』という漫画です。 西義之先生は本当に大好きで、『ムヒョとロージ …

コミカレコカの管理人のlifeです。ちなみによく勘違いされるが本名ではない。

小さい頃から漫画が好きで読んできた漫画はおそらく1000作品以上。

ここで長く自己紹介する気はないので、私のことをもっと知りたい人や漫画情報が知りたい人はTwitterをやっていますのでこちらをどうぞ。

また、はてなブログの方で雑記もやっているので、くだらないことしか書いてませんが気になる方はこちらからどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ