漫画まとめ

漫画オタクがおすすめするマイナー漫画はこれだ。

投稿日:2016年11月10日 更新日:

はい、こんにちは。lifeです。

今回はおそらく1000タイトル以上の漫画を読んでいる私が漫画初心者向けに『マイナーだけど面白い!』そんな漫画を紹介していこうかと思います。

 

漫画好きの方も楽しめるようかなりマイナーな作品も入れたつもりですが、どちらかと言えば普段あまり漫画を読まない方向けのまとめとなっておりますのでご了承下さい。

 

それでは早速紹介していきたいと思います。

長いリストとなりましたので、目次を作成致しました。ご自由にお使い下さい。

スポンサーリンク

SF・ファンタジー系

ヒトヒトリフタリ/高橋ツトム (全8巻)

霊界に住むリヨンは授業をサボってばかりいる少女の霊。ある日、校長より人間の守護霊として修行することを命じられる。だが、リヨンが憑くことになったヒトは、余命わずか一年半の日本国総理大臣だった…。高橋ツトムが描く新たなる魂と生命の物語、ここに開幕!

まずは「ヒトヒトリフタリ」です。

作者は高橋ツトム先生で「スカイハイ」は大人気作になりましたよね。

 

この漫画も霊や死後の世界について描かれています。

ただ設定だけ見ると堅苦しそうなので避けられがちなのかなと思います。読んでみるとそこまで堅苦しく無いんですけどね。

 

そして、この漫画の見所はやはり総理大臣のカッコ良さですね。いや、ここまでカッコ良い総理大臣いないですよ。笑

そして感動する場面も多く、私は最終巻で泣いちゃいました。

 

すごくハチャメチャで普通なら「設定だけか…」ってなっちゃうと思うんですけど、ここまで完成度の高い漫画にした高橋ツトム先生は本当にすごい。

 

SFなはずなのに東日本大地震をテーマにしちゃったりとハチャメチャ設定なのに圧倒的リアルが漂う作品です。

霊界や死後の世界の話が好きな方におすすめです。

 

刻刻/堀尾省太 (全8巻)

佑河樹里(ゆかわ・じゅり)は失業中の28歳。家では父・貴文(たかふみ)と兄・翼(つばさ)、じいさん三代のダメ男がヒマを持て余している。ある日、甥・真(まこと)が翼とともに誘拐される。身の代金を渡す期限に間に合わなくなった時、じいさんは佑河家に代々伝わるという「止界術」を使い、世界を“止めた”。 だがあり得ないことに、救出に向かった先で樹里たちは自分たち以外の“動く”人間に襲撃される。そしてパニックの中、異形の存在「管理人」が現れ…

次は「刻刻」です。

マイナーとして紹介していますが実はマンガ大賞2011にノミネートされている作品です。

では何故紹介するのか。

 

「すごく面白いのにそこまで有名じゃない」からです。

 

理由は分かります。確かに設定が凝りすぎていて一般受けはしないです絶対。笑

ただ、本当に本格的なSFなので是非読んで頂きたいです。

 

あの水木しげる先生が80点(近年最高点)をつけた漫画ですので面白さは保証されていますから。漫画好きには本当におすすめ。

本当に圧巻のストーリー、そしてクライマックス。本当に入り込める漫画です。

 

セキセイインコ/和久井健 (全5巻)

東京・新宿歌舞伎町で、謎の死を遂げた少女。時を同じくして突如記憶を失った少年・金田七(かねだ・なな)。そして、悩み苦しむ彼の前に現れた記憶の化身“メモリー”。物語は、ここから始まる。そして、七の前に続々と現れる己の“記憶”に絡む事件と刺客たち。苦しみながらも、彼は決意する。

次は「セキセイインコ」です。

ネットではかなり酷評のこの作品ですが、理由は分かります。終わり方が打ち切りのようで不完全燃焼だったからですね。

 

私も終わり方はイマイチだと思いましたがそれを差し引いてもこの作品は読む価値があると思います。

私はこの作品に漫画はここまで広がるのかと驚かされました。世界観が本当にすごかったです。伏線の広げ方も凄すぎて(案の定畳みきれませんでしたが)、おそらく畳みきれれば名作となった作品かなと思います。

 

終わりはイマイチですが、展開や世界観は漫画の新たな可能性を感じさせてくれたので、是非読んでみてください。ただ、注意して欲しいのが、ラストはイマイチですのでそれは覚悟して下さい。

 

デストロイ アンド レボリューション/森恒二 (全9巻)

行き場のない怒りと孤独を抱える高校生のマコトが持ってしまった驚異の「力」とは…!? 理不尽な社会を相手に、破壊という名の革命が始まる! 最凶のSFテロルストーリー!!

次は「デストロイ アンド レボリューション」です。

誰しも一度は思ったことがあるであろう「もし、世界を征服できる力を持ったらどうするか」が描かれています。

 

スピード感もあり、全9巻完結ですので読みやすい作品かと思います。果たして、主人公は世界を壊すのか、それとも…。

 

答えは漫画で描かれているので是非読んでみてください。

「自殺島」や「ホーリーランド」が有名すぎて埋もれがちな作品ですが、こちらも面白いです。

 

向ヒ兎堂日記/鷹野久 (全7巻)

時は明治、文明開化華やかなりし頃……時代に逆行して妖怪関係の書物を隠れて収集する不思議な貸本屋があった。その名も向ヒ兎堂。世の中は、妖怪関連すべてを取り締まる『違式怪異条例』が施行され、妖怪を消そうと巡査達が動き出す……。そんな中、妖怪が見えてさわれてしまう本屋の主人・兎崎伊織は、猫又の銀、化狸の千代ら仲間達とともに、妖怪の悩み相談所を開くことに……。実力派新鋭が贈る明治妖怪奇譚、第一巻。

次は「向ヒ兎堂日記」です。

妖怪系の漫画なのですが、少年漫画のようなアツイ展開ではなく、落ち着いた雰囲気で物語が進んでいきます。

 

妖怪特有のコミカルなネタなどもありつつ、シリアスな部分もありのとてもバランスの取れた作品だと思いました。

 

全7巻と読みやすい作品かと思うので是非読んでみてください。妖怪系が好きならすごく楽しめると思います!

 

説得ゲーム/戸田誠二 (全1巻)

自殺志願者を説得できなければ、このゲームは終わらない。表題作「説得ゲーム」をはじめ描下ろし2編など全5編を収録。戸田誠二が贈る、切なくて温かい近未来ヒューマンSF短編集!!

次は「説得ゲーム」です。

これは本当に面白かったです。web漫画家の短編集ということで最初はなめていました。

 

正直、web漫画家なんて…っていう偏見がありましたが、見事にぶち壊してくれました。

どの話も人間臭い味があり良かったです。

 

普通に感動して泣きそうになっちゃいましたし、本当に良作だと思います。

1巻完結の漫画をおすすめするとしたら間違いなく挙げるであろう作品です。

 

ほのぼの・ラブコメ系

ミザントロープな彼女/厘のミキ ( 現在2巻)

私は重い愛が苦手だ。そして人間関係の適正距離がわからない。――<難攻不落の恋煩いぼっち>と<恋患いイケメンストーカー>のスラップスティック恋愛コメディー開幕!!

次は「ミザントロープな彼女」です。

簡単に言うと人間嫌いな少女×ストーカーです。一見ミスマッチに見える組み合わせが絶妙にマッチしている作品です。

 

普通のラブコメのようでありながらも厘のミキ先生特有の毒がぶち込まれています。

青年誌での連載なので男性にも読みやすいラブコメ漫画となっています。絵もとても現代らしく少女漫画に抵抗ある人も読みやすい作品かなと思います。

 

ちなみに私自身、ラブコメ・恋愛漫画は苦手ですがこの作品は笑いながら楽しめました。

 

伝説の勇者の婚活/中村尚儁 (現在2巻)

魔王を倒し世界に平和をもたらした勇者・ユーリだが、どこか浮かない表情…。不器用で真面目過ぎる英雄は、願った。「愛すべき人に出会いたい」――。肩書きではなく本当の自分と愛を分かち合える、そんな運命の女性を求めて新たなる冒険が幕を開ける!!

次は「伝説の勇者の婚活」です。

ほのぼの・ラブコメ系のジャンルとして挙げましたが、結構シリアスな場面もあったりするので「1つこれ!」という括りは出来ない作品かなと思います。

 

恋愛、ギャグ、ほのぼの、そして感動と本当に多くの要素が詰まった作品です。

とにかく恋愛に疎い勇者の恋愛模様が面白すぎます。最初の方はただのギャグかと思いましたが時々感動するようなシーンもあったりなどして良い意味で裏切られた作品です。

 

RPGを違う視点で描いた作品のようでRPG好きの私としては「勇者の日常」みたいな感じで楽しめた作品です。

 

ウチの使い魔がすみません/櫓刃鉄火 (現在1巻)

ここは魔界。悪魔は皆「使い魔」と呼ばれる魔物を従えている。だが、落ちこぼれの悪魔パティには使い魔が一匹もいない……。そんな彼女がやむなく選んだのは、ただのオッサン・ノーマン(種族・人間)。人間の割に結構強い彼は、魔界の生物が大好きすぎるマッドな研究家なのだった! 最弱少女悪魔×最凶オッサン! 珍妙コンビのゆるゆる魔界道中記、ただいま開幕。

次は「ウチの使い魔がすみません」です。

発想の勝利とも言えるほのぼの系漫画ですね。

まだ1巻のみしか出ていない新しい漫画なのですが1話連載当初から衝撃を受けた作品です。

 

設定が面白すぎるんですよね。

悪魔大好きおじさん×可愛い悪魔少女という設定はすごいです。笑

 

絵に関しても本当に上手で読みやすく、ギャグもほのぼのしてて笑えとても良い作品かと思います。

じっくり読むというよりは息抜きがてら読める作品です。

 

千早さんはそのままでいい/くずしろ (現在2巻)

スレンダーな体型に憧れるむちむち系女子高生・千早さん。幼馴染みの志真くんに見守られつつ、一大決心してダイエット開始! しかし、次々と迫り来るおいしそうな食べ物の誘惑に…!? 千早さんのダイエット奮闘コメディ、始まります!!

次は「千早さんはそのままでいい」です。

私が今1番注目しているラブコメ漫画です。

ダイエット奮闘ラブコメなのですが、本当に面白い。基本4コマで時々普通のコマ割りも挟んでくるというスタイルなのですが、普通のコマ割りのときの女の子たちが可愛すぎて萌え死にます。

 

しかも可愛いだけじゃなく男性読者のご褒美となるような描写もあるし、とりあえず控えめに言って絵に関しては最高なので男性の方は目の保養に買っておきましょう。

 

内容もほのぼのギャグで時々キュンとするシーンがあり面白いです。

ちなみに私は4コマ漫画が苦手なんですけどこの作品はスラスラ読めました。

 

神様は生きるのがつらい/豊田悠 (全3巻)

神々の世界にも存在する“格差社会”。廃神社と呼ばれる鬼灯神社の氏神・日我知は、ネガティブな性格で日々自殺未遂を繰り返していた。そんな死にたがり屋のダメ神様の元に、ある日一人の少女が現れる。少女の名前は野々宮春。春は社に無理やり上がり込み、社に住みつくようになるのだが――。死にたがりな神様と一人の少女が紡ぐ、成長と恋の物語第1巻!!

次は「神様は生きるのがつらい」です。

少女漫画なんですけど男の私でも楽しめた作品です。ストーリーはどこかで見たことある気がしますが、これはこれで面白かったです。

 

多分、「神様はじめました」が好きな人は好きだと思います(言ってしまった

少年漫画では読めない少女漫画らしい展開だなとも思ったのでこれから少女漫画に挑戦したい方にはおすすめの作品ですね。

スポンサーリンク

ミステリー・サスペンス編

ウツボラ/中村明日美子 (全2巻)

中村明日美子初のサイコ・サスペンス、戦慄の第1巻!謎の死を遂げた美少女「藤乃朱」。入れ替わるように、「朱」の双子の妹と名乗る少女「桜」が、作家・溝呂木の前に現れるも、彼女の正体は一切不明。二人の点をつなぐ作家・溝呂木は、盗作に手を染め深い闇に追い詰められていく。そして事件の謎を追う編集者と刑事たち。彼らの間を蠢く謎は深まるばかり――。顔のない死体とひとつの小説をめぐる、謎の物語。

次は「ウツボラ」です。

全2巻完結の漫画でありながら本当に完成度の高いミステリーです。

そして一番のおすすめポイントは「人によって物語の捉え方が違う」ということです。

 

クライマックスの捉え方が人によって違うというすごく珍しいタイプの漫画です。

マイナーである理由は多分とても難解だからですね。笑

 

正直私も1回では良く理解出来ませんでした。

ただ、理解出来た時の鳥肌はやばいです。

そして、とても入り込める作品です。

 

全3巻完結の漫画の中では間違いなく最高峰。

作者自体はとても有名な方なのにあまり有名ではないのは本当に不思議です。

シリアスなミステリーが読みたい方におすすめです。

 

waltz/伊坂幸太郎・大須賀めぐみ (全6巻)

街を彷徨うその少年を彼は「蝉」と呼んだーーー今、一人の少年が闇に放たれた。導く男は、少年に何を見たのか。勇気、決意、対決ーーー「殺し屋」たちの円舞曲。伊坂幸太郎オリジナル原作に大須賀めぐみが再び挑むーー!!

次は「waltz」です。

原作は伊坂幸太郎先生で漫画は大須賀めぐみ先生なんてすごい豪華なのにあまり知られていない作品ですね。

 

全6巻完結で非常に綺麗にまとめらている作品です。

少しグロい表現はありますがそれを気にしない方ならすごく楽しめる作品かと思います。

 

ストーリーに関して言っても、絵に関しても言っても本当に素晴らしい。

そして主人公が殺し屋ということで当然のように倫理的な問題も絡めてくるのですがそれも一種の「答え」のように感じる作品です。

 

漫画から伝わってくるもののある作品です。

漫画玄人向けというよりは、漫画好きの方におすすめ。

伊坂幸太郎ファンには是非読んで欲しい作品です。

 

憂国のモリアーティ/三好 輝 (現在1巻)

時は19世紀末、大英帝国最盛期のロンドン──。 この国に根付く階級制度に辟易するモリアーティ伯爵家長子・アルバート。孤児院から引き取ったある兄弟との出会いによって、世界を浄化するための壮大な計画が動き出す。名探偵シャーロック・ホームズの宿敵、モリアーティ教授の語られざる物語の幕が開く──!!

次は「憂国のモリアーティ」です。

ここ最近、1番注目しているミステリーです。

タイトルから分かるかと思いますが、原案はあのコナン・ドイルです。

 

本当にストーリー、絵ともにしっかりしていて安定感があります。本当に無駄の無いコマ使いでスラスラと読める作品なのでおすすめです。

1話を読んだ時から「なんだ、これ。クッソおもろいわ!!」と思った作品です。

おそらく少ししたらかなり有名になる作品かと思いますので今のうちに要チェックです。

 

ホラー系

恐之本/高港基資 (現在9巻)

エアコンなしで涼しい気分を味わえるこの暑い季節にぴったりの話が満載!あなたを恐怖の世界に誘います…

次は「恐之本」です。

私が最近1番怖かったホラーです。まさに和風ホラーの王道と言えるような絵柄、ストーリーで雰囲気はほん怖に近いです。

 

1話1話完結するショートホラーのような感じですが、かなりグロい描写もありますのでご注意下さい。

この作品に関しては本当に百聞は一見に如かずですので是非一度手に取ってみて下さい。

 

地獄の教頭/大沼良太 (現在3巻)

ごく普通の平和な学校に見える県立朱地高等学校だが…内情は不良教師、イジメ問題、モンスターペアレントなど放っておけば重大事件になりかねない問題が山積みであった。そんな学校に新たに教頭として赴任した近衛修文(このえ おさふみ)52歳。この物語は、近衛教頭が時に狂気的とも思える覚悟を胸に、様々な問題に立ち向かう生き様を鮮烈に描いたハードボイルド学園ドラマである。

次は「地獄の教頭」です。

ホラー系として挙げましたが、ハードボイルドな作品です。ただ、ストーリーのオチとかはかなり怖いのでホラーとも言える作品です。

 

短い話が何個か収録された感じから始まり、徐々に長編なども出てきたりします。

どの話もしっかりとオチがあり面白いです(怖いですけど

 

とにかく筋肉ムキムキの教頭が法律など関係無しに無双する話です。教頭にスポットを当てた非常に珍しい作品ですが、内容は本当に面白いです。

 

ジャンル分け不可能系

人間失格/古屋兎丸 (全3巻)

太宰治の希代の問題作「人間失格」を、現代社会を舞台に変え、完全コミック化! 「恥の多い生涯を送ってきました」――ネット上に見つけた大庭葉蔵の独白が赤裸々に綴られたページ。掲示されていた3枚の写真は、葉蔵の転落の人生の軌跡を描いていた。読み進めるほどに堕ち、崩壊していく葉蔵の人生。彼は何を恐れ、逃げていたのか。鬼才×鬼才、100年に一度の出会いが生み出した究極にして最強のコラボレート作! ここに登場!!

次は「人間失格」です。

小説はとても有名ですよね。あの鬼才「太宰治」の人間失格を鬼才「古屋兎丸」がコミカライズした作品です。

 

小説のコミカライズはとても難しくイメージを壊してしまい酷評になることが多いのですがこの作品はそうではないです。

 

過去の名作を再現する時に一番難しいのが、社会環境の変化により主人公への共感が出来ないということです。

この作品はその壁を超えてきたなと感じました。素晴らしい、人間失格を現代風にアレンジしつつ原作を壊していない作品です。

 

原作を読んだことのある人もない人も是非読んで頂きたい作品です。

また、文学に興味があるけど小説から入るのは抵抗がある…という方にも入り口として丁度いいかと思います。

 

ウルトラヘヴン/小池桂一 (現在3巻)

近未来――世界は多様なドラッグの出現によって、様々な精神世界を体験できるようになっていた……。イメージの天才・小池桂一が、衝撃的な筆致で縦横無尽に描く、トリップシーン! まるでジェットコースターのように流れる幻想の洪水を、ぜひ体験してください。

次は「ウルトラヘヴン」です。

これ1番おすすめしたいです。本当にやばい。

私はこの漫画で初めて「漫画で酔う」という経験をしました。読むドラッグと噂されている作品ですが本当に危険です。

 

絵でここまで精神世界を表現できるのかと驚いた作品です。これほど絵で感動した漫画は無いですね。漫画の新たな可能性を感じる作品です。

精神世界を表すことに挑戦した漫画をこれまで読んだことはいっぱいありますが、これほどまでに精神世界の描写をした作品はないと断言できます。

 

そしてAmazonでも漫画史上の傑作と言われているように他の漫画とは一線を画す作品です。

私もこの作品は他の漫画とは全く違うと思います。

 

ぶっとんだ漫画を読みたい方におすすめです。

漫画好きで読んだことのない人には是非読んで頂きたい。

 

虹ヶ原ホログラフ/浅野いにお (全1巻)

こんな作品はもう描けないと思います――浅野いにお 「虹ヶ原」という土地を舞台に、小学校の同級生たちの過去と今が交差する――。子どもたちのうわさ、トンネルの中の怪物、家族の秘密、蝶の異常発生……あらゆる糸が絡み合い織り成す、新世紀黙示録

次は「虹ヶ原ホログラフ」です。

すみません、あらすじ意味分からないですよね。これ説明出来ないんですよ。笑

理由は読んでもらえれば分かると思います。

 

とても面白いんですけど、私がこれまで読んできた作品の中で1番難解な漫画です。

私も1回では理解出来なかった。

1巻完結ですが本当に情報量が多く浅野いにお先生の全力が出されたような作品ですね。

 

読了後は本当に1本の映画を観た時以上の感覚です。

なので、ネット上でも様々な考察記事が書かれている作品でもあります。読んだ後に考察記事と自分の考えを比べてみるのも面白いかもしれないですね。

 

漫画の新たな可能性を感じる漫画です。

漫画好きで読んだことのない方は是非読んで頂きたい。

 

朝がまたくるから/羅川真里茂 (全1巻)

闇の中で、ただ震えることしかできなかった幼い双子・リキとチカ。二人を外に連れ出したのは、ある日家に入ってきた知らない「おにいさん」だった…。罪をテーマに描いた感動のシリーズ3編を収録!

次は「朝がまたくるから」です。

様々な罪をテーマにした漫画です。

 

表紙の絵から敬遠することも多いのかと感じますが、内容は本当に素晴らしい。

読み切りの短編集なのですがどの話もとても漫画で表現するには難しすぎる話。

 

そんな話を読者に違和感を与えることなく書き上げています。

どの話も胸を打つものばかりで何回も読みたくなります。

これは漫画史に残る名作ですね。

 

内容が重いので知る人ぞ知るとなっていますが、是非知らない人は読んで頂きたい。

もう流石としか言いようがないです。

悲しくて切ない物語を読みたい方には是非おすすめです。

 

症年症女/西尾維新、暁月あきら (現在2巻)

無個性に溢れた世の中で生きる、とある少年は、「十二歳で必ず死ぬ」という新病に罹ったと宣告される。そんな折、とある少女に出会うのだが──。これは、少年と少女に降りかかる、文字通り、命懸けの物語。

次は「症年少女」です。

この作品、本当に頭がおかしいです。

初めて読んだ時は、久しぶりにここまでぶっ飛んでる漫画を読んだなと思いました。

 

まず普通の人なら主人公に共感は出来ないはずです。そのおかげで全く先の読めないストーリーになっているんですけどね。

不道徳の極みのような作品ですが、やはりこの二人のタッグは最強すぎるなと改めて感じた作品です。

 

最後に

はい、今回は私がおすすめするマイナー漫画をまとめてみたのですが如何でしたでしょうか。

こちらのまとめは新しく面白いマイナー漫画を見つけ次第追加していきますのでたまに読みに来てくださると嬉しいです。

 

それでは、今回はここで終わりますが他にもまとめ記事などを書いていますのでもしよろしければご覧になっていって下さい。

最後までお付き合いして頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

-漫画まとめ

執筆者:


  1. […] 実はこちらの漫画は以前、マイナー漫画のまとめ記事で紹介したのですが、その時は魅力を語り切れなかったので今回は詳しく書いていきますね。ちなみにその記事はこちらです。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

このマンガがすごい!2017は買うべきか!?気になった作品も紹介するよ!

はい、こんにちは。lifeです。 今回はこのマンガがすごい!2017を早速読んでみたので、これは買いなのか、それとも買う価値もないものなのかレビューしていこうと思います。 そして、このマンガがすごい! …

本当に設定が面白い漫画はこれ。厳選10作品紹介するぜっ。

はい、こんにちは。lifeです。 今回はあくまで個人的になんですけど、設定が面白いなと感じた漫画を10作品に厳選して紹介していこうと思います。多くの方に楽しんでもらえるよう様々なジャンル、認知度から選 …

おすすめ漫画家ベスト5!

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「おすすめ漫画家ベスト5!」なる企画をやっていこうかと思います。   おすすめ漫画を紹介している人はいますが中々おすすめ漫画家を紹介している記事は見た …

全1巻完結の漫画 厳選3作品を紹介!

はい、こんにちは。lifeです。 今回はタイトルにある通り全1巻完結の漫画を3作品に厳選してお勧めしたいと思います! スポンサーリンク 目次1 春風のスネグラチカ2 式の前日3 虹ヶ原ホログラフ 春風 …

最近の似たようなデスゲーム系の少年漫画を比較してみたよっ。

はい、こんにちは。lifeです。 今回はタイトル通り、デスゲーム系の少年漫画の比較をしてみようかと思うのですが、 「ここ最近、似たようなデスゲーム系の少年漫画多くね?」   私だけじゃないは …

コミカレコカの管理人のlifeです。ちなみによく勘違いされるが本名ではない。

小さい頃から漫画が好きで読んできた漫画はおそらく1000作品以上。

ここで長く自己紹介する気はないので、私のことをもっと知りたい人や漫画情報が知りたい人はTwitterをやっていますのでこちらをどうぞ。

また、はてなブログの方で雑記もやっているので、くだらないことしか書いてませんが気になる方はこちらからどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ