恋愛・ラブコメ 漫画紹介 短編集

愛ってなんだ?『村上かつら短編集1』に愛のかたちを問う【感想】

投稿日:2017年3月26日 更新日:

「はああああ!?」っていうのがこの漫画を読み始めたときの感想である。私は普通に表紙的に感動する系のヒューマンドラマかなと思っていました。でも、初っ端からFだのBだのそっち系のワード連発です。かなり濃ゆい内容でした。まあ、めっちゃ面白かったんですけどね。

 

内容的には男女のドロドロした恋、いやドロドロとは言わないかな。でも少し普通からはそれた恋愛模様が描かれています。短編は全5話で、長さは短めから長めまで様々です。

ただ、共通しているのは全て恋愛であるということ。ベタベタした恋愛ではないので、恋愛漫画が苦手な私も楽しめました。

というわけで、結構おすすめしたい漫画だったので今回は記事を書いていこうと思うんですけど、ここで1つ問題が。

「記事で使っちゃいけないワードが多すぎんよ」

 

内容が恋愛、しかもかなり濃ゆいので下ネタも多いです。なので、今回は少しぼかして直接的な表現は避けていこうと思います(だから子供も安心してね☆

それでは、早速書いていこう!!

広告

愛のかたちって何?『天使の噛み傷』

カナダに留学中の彼女を持つ大学生飯田くん、そして少し人付き合いが苦手で彼氏持ちの牛島さん。飯田くんは牛島さんに少しづつ心を惹かれ、2人は一緒に野球を観に行くことになる。そしてその後は飯田くんの下宿へ。終電を逃した牛島さんは飯田くんの下宿に泊まることに。そこで、彼女はある秘密を打ち明ける。

短編1話目はこの短編集の中でも1番長編である『天使の噛み傷』です。

彼女持ちでありながら牛島さんに惹かれる自分との葛藤に揺れる飯田くんと、あることを他の人とのコミュニケーションとして使っている牛島さん。

そんな2人の奇妙な関係、そして愛のかたちの多様さ、凄く面白い話でした。

 

ネタバレはしたくないんですけど、これだけだといまいち内容がつかめないと思うので1つ内容に触れさせてもらいます。

それは牛島さんのコミュニケーションについてです。牛島さんは少し人と関わるのが苦手な女の子です。本当の友達がいなく、いるのは牛島さんのノート目当ての人だけ。そして、牛島さん自身そのことに気づいています。でも、本人はそれでいいと思っています。人から必要とされているのだと。そして、牛島さんの恋愛はこれまた奇妙です。

実は牛島さんは両親から仕送りを止められています。そのため暮らすところがない。どうするかと言えば男の家に泊めてもらいます。そしてその恩としてしてあげるのがF。

そう、F(2回目

 

これ以上Fがなんの略かは説明しませんがつまり”あれ”です。まあ、処理してあげるということですね。もうなんか悲しいです。牛島さんは自分がしてあげられる唯一のことはそれだけと思っています。それが1番喜ぶであろうと。

 

そんな牛島さんを飯田くんは認められません。それはFはやましいことだと思うから。

純粋なものではないと思うから。そんな飯田くんに牛島さんは言います。

女の人ってみんな、「カラダ目当て」だと怒るのに、「性格目当て」のことは「愛」っていうでしょ。どっちもその人にまつわる一項目なのに、同じ単位でかぞえられないのはなぜなのでしょうか?求められていることに変わりはないのに。求められていることは、…..うれしいことなのに…

これが凄く私の中に響きました。普段考えることがなかったですけど、確かにそうなんですよね。でも、それが人の倫理観なんでしょうね。本質的には相手の一項目を求めるという点で同じであるはずなのに、現実は違います。牛島さんは美しいほど客観的なんです。

そして、これが何色にも染まらない無垢なんだろうな。すごく深みのある話で最高でした。

 

好きのかたちってなんだろう『かさぶた』

今回の短編集の中で1番短い話。内容はもう別れようと決めてから4回もハッスルしてしまっているカップルのお話。別れようと思っているのは彼女のアキ。彼氏のカズは性格がとても悪く人のチャリカゴにゴミを投げ入れるようなやつです。でも、アキは別れられません。

別れようと決めてからはカズにも、そしてカズの母親にも自分を良く見せる必要がなくなったため、つまり憑き物が落ちたように楽になったんです。

 

もう、カズに気を使わなくてよくなりました。すると、これまでより楽になりそれが心地よくなります。そして、別れを切り出すことなくグダグダと続かせてしまいます。

そんな2人のお話。これが何とも言えず良いんです。

 

「好き」のかたちを根本から問われた作品だなと思いました。もともとの気を使わなければいけなかったころは辛かった、別れようと思った今は楽。別れようと思ってから愛のあるべきかたちに近づいているような気がします。

「好き」ってなんだろうって考えさせられるお話でした。気を使わない距離感がっていいのかな、悪いのかな。

 

残り3つもかなりの良作、あとは自分の目で確かめてくれ!

「おい、良いところでアフィリエイト魂出してるんじゃねえよ」って?

いやいやいや、私の記事だけで到底味わいきれる作品じゃないですよ、これは。

どの話も色々考えさせられて本当に面白い。残り3つは一切あらすじも書かないので自分の目で確かめて欲しいです。絶対後悔はしないクオリティですから!

 

色々な「愛のかたち」「好きのかたち」が描かれた恋愛漫画の傑作でした。本当に楽しめたので早速2の方も買ってこようと思います。さあ、こうしちゃいられない。では!!

-恋愛・ラブコメ, 漫画紹介, 短編集

執筆者:


  1. […] 詳しくはこちらの記事で紹介していますので興味のある方は読んでみてください。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

兄妹愛とカニバリズム?漫画『pupa』を読んでみた感想

はい、こんにちは。lifeです。 今回なんですけど、私がだいぶ昔に読みました『pupa』という漫画の紹介をしていこうかと思います。 まあかなりぶっ飛んだ漫画なわけなんですけど、結構楽しめたので購入を悩 …

鋼の錬金術師のここが面白い。

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「鋼の錬金術師」について書きます。 鋼の錬金術師を読んだことがない方なら思うはずです。 「なんか色々なとこで絶賛されているけど、どこが面白いの?」   …

漫画の域を超えた漫画 西岡兄妹の『地獄』を紹介しようと思うのだが

はい、こんにちは。lifeです。 今回紹介する漫画はこれ!   西岡兄妹『地獄』!! まず一言でいうとこれは漫画ではない(漫画です) これまで私は1万冊以上は漫画を読んできたと思うのですが、 …

羽海野チカ先生の短編集「スピカ」が素晴らしかった件。[感想]

はい、こんにちは。lifeです。 今回は先日プレゼントとして頂いた羽海野チカ先生の初期短編集「スピカ」の感想を書いていきたいと思います。   いやー、先に言っちゃうとこの漫画素晴らしかった。 …

痛く切ないジュブナイル『神様がうそをつく。』がすごく良作だった

皆さんは1巻完結の漫画って結構読みますか? 私は読むには読みますけど100作品までは読んでいないと思います。 かなり少ない方だと思うんですけど、単純に1巻完結だと物足りないからです。 ですが、漫画紹介 …

コミカレコカの管理人のlifeです。ちなみによく勘違いされるが本名ではない。

小さい頃から漫画が好きで読んできた漫画はおそらく1000作品以上。

ここで長く自己紹介する気はないので、私のことをもっと知りたい人や漫画情報が知りたい人はTwitterをやっていますのでこちらをどうぞ。

また、はてなブログの方で雑記もやっているので、くだらないことしか書いてませんが気になる方はこちらからどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ