ハートフル・泣ける ファンタジー 漫画紹介

輪廻転生ファンタジー『スピリットサークル』が控えめに言って最高だった…

投稿日:

Amazonなどのレビューで恐ろしく高い評価を受けている水上悟志先生の『スピリットサークル』ですが、今回私も読んでみました。最高過ぎました。

 

輪廻転生をテーマとする全6巻完結のファンタジーなんですけど、最初から最後にかけてストーリーが面白すぎてあっという間に読み終えてしまいました。

 

もう控えめに言っても最高と言わざるを得ない出来でしたよ。しかも、作品全体を通して読者に”希望”や”光”を与える物語になっています。なので、老若男女問わず誰でも楽しめ、そして泣ける作品かと思ったので今回は未読の方向けに紹介していきたいと思います。

 

あらすじ紹介をしてから面白さを伝えていきますので、ここで初めて名前を知ったという方でも大丈夫です。では、行きましょう!!

スポンサーリンク

2人の出会いは宿命なのか、運命か

友達と遊び、学校では勉強。何事もなく平々凡々な中学生活を送っていた桶屋風太。彼の生活はある1人の転校生により崩れ去った。転校生の名前は石神紘子。

彼女は額に大きな傷を負っているようであるが、隠そうとはせずむしろ勲章でも見せびらかすかのように堂々と立っていた。そして、その凛とした姿に風太は一目惚れした。

 

席は風太の隣になり座る紘子。その後ろにはなにやら民族衣装のようなものを着たイーストと名乗る幽霊が。風太は驚くが、昔から霊媒体質で霊を見ることが出来るためある程度慣れている。

ただ、その霊が普通の霊ではないということは後になってから知ることとなる。

 

放課後、帰宅しようとする風太はたまたま紘子に会う。クラスメートの紹介をする風太、それを聞く紘子。2人は話を終え、別れることに。その時イーストも風太に「ではまた」と。それに、気を抜いて返事をしてしまった風太。紘子は問い詰める。

ほっぺにつけているシールを取ってと言われる風太。取るとそこには謎の模様のあざが。

いきなり胸ぐらを掴まれる風太。そして、紘子の手にはなにやら霊魂をまとったような輪が。意味がわからないで困っている風太に紘子は告げる。「生まれ変わりって信じる?」

そう言われた次の瞬間には謎の輪っかで思い切り頭を殴られた風太。階段から転げ落ちたと思い、目を開けるとそこには見たこともない古代のような景色が…

 

少しネタバレになりますが、話さないと全く話が見えないので話します。この時、風太が見た世界(感覚もあるから行った世界かな)は風太の魂の過去生です。この世界では死んだ魂は新しい生命の体に入り、新たな人生を体験するという設定、つまり輪廻転生の世界です。

 

そして、紘子が持っていた輪っか、通称スピリットサークルを使えば自分の前世や来世を見れるということです。ちなみに分かると思いますが、紘子は前世か来世でも風太と関わっておりその時の恨みがあり現在も風太の魂を断ち切ろうとしています。まずは、その記憶を思い出させるために過去生を見せています。

 

なので、物語のテーマとしては風太と紘子の因縁とは何なのか、輪廻転生とは何なのかです。これ以上は壮大なネタバレになりそうなので伏せますが、物語の展開としては風太の7回の過去生を見ていくといった感じです。

 

はい!あらすじはこんな感じなので、次からは『スピリットサークル』の面白かったところなどをお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

『スピリットサークル』のここが面白い!!

1話から最終話までの疾走感が最高すぎる!!

読んだ後にまず凄いなと感じたのが”スピード感”です。本当に最初から最後までダレることなく常に面白さがマックスです。特にラストの怒涛の終着は圧巻でした。

 

正直、無駄な展開は一切なく6巻で綺麗にまとまっていて、完成度で言えばあのハガレンに全く引けを取らないと思います。伏線の張り方、展開も本当に面白く読者を飽きさせない漫画とはまさにこれだなと思いました。

 

初めてこの漫画を見つけた時はパラパラとページをめくり「あまり画力高くないな」と思いましたが、それがどうでも良くなるくらいストーリーが面白すぎました。

 

ストーリーの面白さで言えば、Sランクをつけて申し分ない作品だと思いました。面白さのピークを過ぎてもダラダラ続くような巻数だけ長い漫画を読むくらいならしっかりまとまった全6巻の『スピリットサークル』をおすすめします。

 

泣いて、笑える最高のラスト!!

展開、そしてスピード感が最高と言いましたが、その中でも1番面白かったのがラストです。そして、色々の方がレビューして評価しているのもこのラストです。これは、本当に凄かったです。

 

どんなラストかはネタバレになってしまうので言えないんですけど、きっと誰もが納得できるであろうラストです。中には描写が足りないと言っている方もいますが、それはおそらく作品のテーマを理解していないからだと思います。

テーマが分かれば、あえて、描写していないんだと分かると思います。

 

本当に「今、このタイミングでそう来る!?」とか「え、また転がるのかよ」とハラハラする展開で6巻が最高に面白かったです。読んでいるこちらも「収集つくかな…」と不安になりましたが、とりこし苦労でした。さすがです。

 

最終話を読み終えたときは、なんで泣いているのかを理解する前に涙が自然とこぼれ落ちました。こんな体験が出来る漫画ってなかなかないですよ。本当に良作です。

 

本当に希望と光に満ち溢れた物語

この作品のテーマは1巻から6巻を通して”光”や”希望”だと思います。これが本当に素晴らしい。良く大人は「漫画なんて無駄なもの読まないの」と子供に言ったりします。

 

でも、違う。漫画は人生の教科書としても価値があるんです。特にこの漫画は是非子供に読んでほしいです。未来とか過去のことで悩むことがあるかもしれないけど、結局大切なのは”今”なんだって分かります。

 

全体を通してコミカルな部分も多く明るいため、家族のみんなで共有したり友達と共有したりしても面白いと思います。個人的には、学校の教科書に使って良いレベルだと思う。

 

最後に

はい!今回は水上悟志先生の『スピリットサークル』の紹介をしてみました。Amazonでは4.7とかなり高い評価を得ていた作品だったので、気になってはいましたが本当に最高の作品でしたよ。

 

未読の方は6巻完結でスラスラ読めるので是非読んでほしい。きっと読了後には希望で満ち溢れていると思います。

 

では!今回はこんな感じで。水上悟志先生の他の作品買ってこようっと。

スポンサーリンク

-ハートフル・泣ける, ファンタジー, 漫画紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ぼっちを楽しめ「湯神くんには友達がいない」のあらすじと感想

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「湯神くんには友達がいない」のあらすじと感想を書いていきます。 いつもお世話になっている某漫画アプリで1〜3 巻まで読んでみたのですが最近流行っている感じのコメ …

復讐の物語「辺獄のシュヴェスタ」のあらすじと感想

はい、こんにちは。lifeです。 今回は「辺獄のシュヴェスタ」のあらすじと感想を書いていきます。 はい、今回も某漫画アプリで1巻だけ読んだんですけどこれかなり面白かったですね。 全巻揃えたいなというレ …

ついに映画化!!漫画「聲の形」を紹介!

はい、こんにちは。lifeです。 今回は先日(現在2016年9月18日)全国ロードショーが開始されました聲の形をネタバレなしで紹介していこうと思います。 残念ながら私の住んでいる地域では上映されないら …

圧倒的画力!!中山敦支『うらたろう』がヤバ過ぎる…!!

時は戦国! 武士の始まり、二大勢力『平氏』と『源氏』激突! 源平合戦。『平氏』が『源氏』に逆転大勝利したパラレル鎌倉時代! 舞台は、現在より夜が暗く…妖魔蔓延る日本列島! 不治の病(?)に侵された少女 …

能力バトル漫画『うえきの法則』は面白い!?続編は読むべき?

能力系漫画といえば『ハンターハンター』ですが、2番目、もしくはハンターハンター超えとも言われる作品が『うえきの法則』です。 私も多くの方におすすめされていたので実際に読んでみました。 結論から言えば結 …

コミカレコカの管理人のlifeです。ちなみによく勘違いされるが本名ではない。

小さい頃から漫画が好きで読んできた漫画はおそらく1000作品以上。

ここで長く自己紹介する気はないので、私のことをもっと知りたい人や漫画情報が知りたい人はTwitterをやっていますのでこちらをどうぞ。

また、はてなブログの方で雑記もやっているので、くだらないことしか書いてませんが気になる方はこちらからどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ