全1巻完結の漫画 厳選3作品を紹介!

はい、こんにちは。lifeです。

今回はタイトルにある通り全1巻完結の漫画を3作品に厳選してお勧めしたいと思います!

スポンサーリンク

春風のスネグラチカ

春風のスネグラチカ

はい、まずはこの作品です!

あまり、知られていない漫画ですので紹介自体珍しいかなと思いますが、面白いです!

よく一巻のみで完結させたなと思います。

ではでは、紹介していきます。

 

あらすじ〜1933年、ソビエト連邦カレリア自治共和国。とある別荘(ダーチャ)の管理人であるイリヤ・エヴゲーニヴィチ・ブイコフは、車椅子の少女・ビエールカと物言わぬ従者・シシェノークに出会い、奇妙な賭を申し込まれる。なぜ彼らはこの地を訪れたのか、どこからやってきたのか。そして互いだけを頼りに生きる二人が背負う、密かな宿命とは――。
とある名家にまつわる、喪失と奪還の物語。

(Amazonより引用)

 

ジャンルはミステリーです。

ソビエトを舞台としたある事情を持った名家に関わる物語です。

 

最初は主人公が何者なのか読者にも全くわかりませんが、物語の進行とともに明かされていきます。ですので、作品の世界に入り込むには少し時間がいるかもしれません。

恥ずかしながら私は一回読んだだけでは色々と分からなかったので二回読みました。笑

 

絵のタッチも非常に繊細でとても好みでした。

全体としてかなり完成度が高く長編漫画としても行けたんじゃないかなとも思います。

 

作者は、ブラッドハーレーの馬車や無限の住人で有名な沙村広明先生です。

この作品は今でも時々読み返す漫画です。

 

式の前日

式の前日 (フラワーコミックスα)

はい!次の作品はおすすめの声が絶えない式の前日です。

色んな方がおすすめしてますが、私も好きですよ、この作品

 

この漫画の作者の方は穂積さんという方ですが、この漫画がデビュー作なんです!

デビュー作でここまでの人気はほんとにすごいです。

この漫画を読んだことない方向けに言うとこの漫画は結婚式前日の男女やその周りの人を描いた漫画です。

 

双子の兄弟、ワケありの親子、結婚をひかえた男と女…。“ふたりきり”という情景を温かく、鮮やかに切り取った漫画です。

ほんとに、人の温かさが感じられ感動します。

 

構成は短編集なのですがどの話も面白く非常に満足できます。

出版誌は少女漫画誌ですが、男性でも全然楽しめると思います。

虹ヶ原ホログラフ

虹ヶ原 ホログラフ

はい!最後は虹ヶ原ホログラフです。

作者は浅野いにお先生です。

先生自身も「こんな作品はもう描けないと思います」と言っている作品です。

 

まず、最初に言います。この漫画、私が読んできた漫画の中でもトップクラスで難解です。

どのくらい難解かと言いますと、Googleで虹ヶ原ホログラフと検索するとその下の候補に虹ヶ原ホログラフ 解説と出てくるくらい難解です。笑

 

あらすじ〜「虹ヶ原」という土地を舞台に、小学校の同級生たちの過去と今が交差する――。子どもたちのうわさ、トンネルの中の怪物、家族の秘密、蝶の異常発生……あらゆる糸が絡み合い織り成す、新世紀黙示録。

 

あらすじはAmazonから引用しましたがもう意味わかりませんよね。笑

いや、ネタバレなしでこの漫画を紹介するのは本当に無謀なんです。笑

 

内容を簡単に言うと日常に見え隠れする非日常です。

これしか言えないです。ネタバレしちゃいそうなんで。(ネタバレしたとしてもあの世界を私の文章力で表すのは無理。笑)

難解な漫画に挑戦したい方にはおすすめです。

 

それと、浅野いにお先生の漫画は非常に独特ですのでそこも合う合わないがあると思います。

 

はい!以上3作品を紹介しました(最後は紹介出来てません)がどの作品も1巻完結ですごく完成度が高いのでおすすめですので是非読んでみて下さい!

 

今回は以上です。また1巻完結でおすすめの作品がありましたら紹介したいと思います。

なにかおすすめの作品がありましたらコメントよろしくお願いします。

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。

ABOUTこの記事をかいた人

life

北海道在住のただの漫画好き。読んできた漫画の数はおそらく4桁。 Twitterをやっていますが、7割サイトと関係ない戯言をつぶやいています。 わたしのことをもっと知りたい方はフォローよろしくお願いします。(そんな人いません