「今際の国のアリス」のあらすじと感想を書く。

はい、こんにちは。lifeです。

今回は、おすすめの声が多かった「今際の国のアリス」を読んでみたので感想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

あらすじと内容紹介

まずは、あらすじと簡単な内容紹介をします。

今際の国のアリス(1) (少年サンデーコミックス)

あらすじ〜やりきれない日常に苛立つ高校生・有栖(アリス)良平が悪友の苅部(カルベ)や張太(チョータ)とブラつく夜、街は突然巨大な花火に包まれ、気づけば周囲の人気は消えていた。夜、ふらりと入った神社で告げられる「げぇむ」の始まり。一歩誤れば命が奪われる理不尽な難題の数々を前に、アリスの眠っていた能力が目覚め始める…「呪法解禁!!ハイド&クローサー」の麻生羽呂が全くスタイルを変えて挑む戦慄のサバイバル・サスペンス、開幕!(Amazonより引用)

 

ジャンルは今流行りのデスゲーム系です。

設定はすごく良く絵も綺麗だと思います。

ただ私は少し惜しいなーと思いました。

なににそう感じたかは後述します。

 

内容的には、日常に退屈している主人公たちがいきなり命をかけたデスゲームを強要される異世界に行き、たくましくなっていく良くある王道デスゲームです。

はい、あらすじと内容紹介はこんな感じなので次は、感想を書いていきます。

 

感想

はい、感想書いていきます。

まず、読了後に感じた感想は前述した通り惜しいです。

なにが惜しいのかと言うと、心理戦・頭脳戦が浅いところです。

 

これは最近の少年漫画デスゲーム系に共通して言えることですが、どの少年漫画デスゲーム系もどんぐりの背比べなんですよ。笑

 

私が過去におすすめした「嘘喰い」がありますが、これと比べてしまうとほんとに心理戦・頭脳戦がしょぼいなーと感じてしまいます。

でも、多分少年漫画ですのでわかりやすい話にしなければならないという点では仕方のないことなのかとも思いますけどね。

 

デスゲーム系の漫画をまだ読んだことがない!という方には「今際の国のアリス」は本当におすすめできると思います。

なぜかと言うと、私が惜しいと感じた点以外については本当に話もわかりやすく絵も綺麗で完成度が高いからです。

ただ、普段から青年漫画のデスゲーム系を読まれてる方からすると物足りなさを感じるかもしれません。

 

以上が、感想になります。

なにか他に気になることがございましたらコメントよろしくお願いします。

 

最後に

「今際の国のアリス」の感想はこんな感じです。

最近は少年漫画のデスゲーム系を良く読みますが「嘘喰い」を読んでしまった私にとっては刺激が足りないですね。笑

なにか、おすすめのデスゲーム系少年漫画がございましたらコメントよろしくお願いします。

 

はい!今回はこんな感じですね。

相変わらず拙い文章ですが、ここまで読んでくださった方に感謝します。

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。


無料で漫画を読みたい方へ

漫画は読みたいけど買えない!という方もいると思います。そんな方には無料漫画アプリがオススメです。漫画好きである私が厳選した無料で読める漫画一覧を見たい方は是非!


ABOUTこの記事をかいた人

life

北海道在住のただの漫画好き。読んできた漫画の数はおそらく4桁。 Twitterをやっていますが、7割サイトと関係ない戯言をつぶやいています。 わたしのことをもっと知りたい方はフォローよろしくお願いします。(そんな人いません