投資漫画「インベスターZ」のあらすじと感想を書く。

はい、こんにちは。lifeです。

今回は、インベスターZを読んだので感想を書いていこうと思います。

まず、知らない方が大半だと思いますのであらすじと内容紹介から。

インベスターZ(1)

あらすじ〜お金って何だ?
創立130年の超進学校・道塾学園に、トップで合格した財前孝史。入学式翌日に、財前に明かされた学園の秘密。各学年成績トップ6人のみが参加する「投資部」が存在するのだ。彼らの使命は3000億を運用し、8%以上の利回りを生み出すこと。それゆえ日本最高水準の教育設備を誇る道塾学園は学費が無料だった!
「この世で一番エキサイティングなゲーム
人間の血が最も沸き返る究極の勝負……
それは金、投資だよ。」

 

普段あまり見かけることのない投資を題材とした漫画です。

ここでふと疑問が湧きませんか?

ん?なんで投資を題材にした漫画って少ないの?って思いましたよね。

 

それは日本では投資家の人口が少ないからです。だから漫画にしてもニーズがないのです。

そういう意味では、投資漫画に挑戦した作者の三田 紀房先生はすごいですね。

 

三田 紀房先生といえば、ドラゴン桜などで有名な先生ですよね。

話が逸れましたがインベスターZは投資を題材とした漫画です。

 

次に読んでみた感想を書いていきます。

まず、漫画としてはまずまず面白いなと感じました。別に読むのが苦痛ではないけれどそこまでバカ面白いわけではないです。

ただ、投資についての入門知識は結構分かりやすく書かれているなと感じました。

 

ですので、少しでも投資に興味がある方にはお勧めできるかもしれません。

ですが、この漫画を読んで勘違いしてはいけません。

実際の投資はこんなにうまくいきません。10人いたら9人失敗します。

素人の方がこの漫画を読んで落とし穴にはまらないことを祈ります。

 

私は少しFXをかじっていますがこの漫画にあるような成功者は1%もいないのではないかと思います。

私がこの漫画について言いたいのはこれが一番です。本当に勘違いにはご注意を。

 

とりあえず、漫画としては本当にまずまずです。投資に少し興味がおありなら一度読んでみても損はないかと思います。

はい!以上が、インベスターZを読んだ感想です。

ちなみに、私はこの作品をAmazon unlimitedで読みました。

 

はい、では今回はこの辺で終わります。

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。

ABOUTこの記事をかいた人

life

北海道在住のただの漫画好き。読んできた漫画の数はおそらく4桁。 Twitterをやっていますが、7割サイトと関係ない戯言をつぶやいています。 わたしのことをもっと知りたい方はフォローよろしくお願いします。(そんな人いません