時系列ミステリー「BILLY BAT」をおすすめする。[感想]

はい、こんにちは。lifeです。

今回は私がおすすめするミステリー漫画「BILLY BAT」を紹介したいと思います。

ではでは、早速いきます。

スポンサーリンク

あらすじと内容紹介

まずは、簡単なあらすじと内容紹介から!

BILLY BAT(1) (モーニング KC)

あらすじ〜1949年、アメリカーー『スーパーマン』『ワンダーウーマン』に並ぶ人気漫画『ビリーバットシリーズ』を描く、ケヴィン・ヤマガタのもとに、彼が描くキャラクターと同じものを以前日本で見たという情報が入った。ケヴィンはその真偽を確かめるため日本へと渡るーー

浦沢直樹と長崎尚志の強力タッグがつむぐ、最新作!
コウモリが歴史の深淵を照らし出すーー

 

Amazonから引用しましたが、これだけ読んでも意味がわかりませんよね。笑

ウィキペディアではこう書かれています。

 

歴史の改竄と人類史の闇に踏み込んだ壮大なミステリー。善と悪、陰謀や裏切りといったことをテーマにして紀元前から2001年という長い期間を不規則にジャンプしながら語られる。時系列シャッフルやオマージュ的表現が取り入られている。

 

こっちの方がわかりやすいかなと思います。

簡単に言いますと、時系列SFミステリーです。

色々な時代の物語が描かれそれが繋がっていきます。そのため、時系列の変化が激しく話についていくのも一苦労です。笑

私自身、読むのに苦労しています。笑

 

ですが、とても面白い作品ですので読むのを止めることはないです。

あらすじと内容紹介についてはこれ以上話すとネタバレになってしまうので、詳しくは漫画を読んでみて下さい。

 

おすすめポイント

次に、おすすめポイントを書いていきます。

「BILLY BAT」の1番のおすすめポイントは小説に劣らないミステリーの完成度ですね。

 

ほんとに、良く練られた伏線が出てきます。

さすがは浦沢直樹先生ですね。

絵のタッチもミステリー向けのタッチで独特ではありますが慣れれば心地よいのではないかと思います。

 

ここまで、構成がうまい時系列漫画は初めてですね。ほんとに様々な時代が出てきます。

出てくる時代は本当の世界史や日本史の事件をオマージュした話もあります。

ケネディ暗殺や関東大震災、アインシュタインなども出てきます。

 

そこもおすすめポイントですね。

「あー!これ○○事件だー!」みたいな感じで楽しめます。

他にもCIAなどが出てきて、歴史の改竄を企ててきます。

物語のレベルとしては、最高峰だと思います。

以上が、「BILLY BAT」を読んでみた感想です。

 

 最後に

以上が「BILLY BAT」の紹介でした!

陰謀論や時系列系の物語が好きな人にはすごくおすすめです。

是非、読んでみて下さい。

 

今回も最後までお付き合いして頂き有難うございました。

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。


無料で漫画を読みたい方へ

漫画は読みたいけど買えない!という方もいると思います。そんな方には無料漫画アプリがオススメです。漫画好きである私が厳選した無料で読める漫画一覧を見たい方は是非!


ABOUTこの記事をかいた人

life

北海道在住のただの漫画好き。読んできた漫画の数はおそらく4桁。 Twitterをやっていますが、7割サイトと関係ない戯言をつぶやいています。 わたしのことをもっと知りたい方はフォローよろしくお願いします。(そんな人いません