堅物勇者は結婚にお困り中「伝説の勇者の婚活」が本当に面白い。[感想]

はい、こんにちは。lifeです。

今回は「伝説の勇者の婚活」という漫画を紹介したいと思います。

伝説の勇者の婚活 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

まず、ほとんどの人が知らないですよね。笑

知っているのはジャンプSQを毎月読んでる方くらいかと思います。

 

追記:この記事を書いた当初はほとんどの人が知らなかったんですけど今では結構な人気ですよね。そのせいで私のこの記事の検索順位もかなり落ちちゃっている。嬉しいんだか悲しいんだか。笑

 

単行本も最近1巻が出たばかりの漫画ですので、今からでも読みやすいかと思います。

12月3日追記: 最近2巻も出ました。

 

ちなみに作者は1/11で有名な中村 尚儁先生です。この作品が面白いのも納得ですね。

前置きが長くなりましたが、それでは紹介していきます。

スポンサーリンク

あらすじと内容紹介

はい、まずはあらすじと内容紹介です。

Amazonでの説明がわかりやすかったのでまずはそれを載せます。

 

説明
魔王を倒し世界に平和をもたらした勇者・ユーリだが、どこか浮かない表情…。不器用で真面目過ぎる英雄は、願った。「愛すべき人に出会いたい」――。肩書きではなく本当の自分と愛を分かち合える、そんな運命の女性を求めて新たなる冒険が幕を開ける!!

 

はい、もう説明からして面白いですね。笑

良くこんな設定思いついたなって思いますよね。笑

ジャンルはコメディーですね。

 

要素は、恋愛×ギャグ×感動×ほのぼのです。

現在、ジャンプSQで連載中の漫画ですがジャンプSQの中では以前紹介した「憂国モリアーティ」に劣らない面白さですね。

その記事は一番下に貼っておきます。

 

これはほんとに万人にオススメ出来る漫画です。

では次にどのような点がオススメできるのかを書いていきます。

 

「伝説の勇者の婚活」のここが見所!

はい、次に見所、おすすめポイントを紹介していきます。

まずは、勇者を主人公にしたことで主人公が恋愛に疎くとても面白いというところですね。笑

ほんとにデートスポットを知らなかったり文通がめっちゃ堅苦しかったりと。笑

すごい笑えます。

 

次に、1話1話、話が完結しているのでとても読みやすいという点ですね。

これは時間のない人にとってもありがたいですね。疲れている時でも気軽に読めるかと思います。

それに1話1話の完成度も高くどの話も楽しめます。しっかり起承転結があり涙あり笑いありの展開になっています。

 

最後に、絵が見やすく物語もわかりやすいので万人が楽しく読めるという点です。

ほんとにこの漫画は人を選ばず楽しく読めるのではないかと思います。

学生ならクラスの友達へ、会社員なら同僚へ

どんどん「伝説の勇者の婚活」を普及してみんなで語り合うのも面白いかもしれませんね。

 

11月8日追記

ジャンプスクエア12月号現在、どんどん婚活が単純では無くなり、一筋縄ではいかない話があったりしてさらに面白くなりました。

それに伴い2話分使った話なども出てきましたがさらに面白くなってますね。笑

そして勇者「ユーリ」は堅物なんですけどその根本には誰にも負けないくらいの純粋な優しさがあったりして男でも惚れるレベルです。(私は決してホモではない)

 

婚活のお見合い相手も最初は悪い人ばかりだったんですけど、親思いのとても良い子が出てきたりしてそれでも愛のベクトルがすれ違ったりして結構複雑な話になってきたので気軽→真剣に作風が変わってきています。

とは言ってもやはりどこか抜けていたりして笑えたりするところもあり良い感じのバランスで良作ですね。

追記終了!

 

12月3日追記

やばい、どんどん面白くなっていきます。話も長編になってきて、次を読みたくなるような引き方ですごく盛り上がってきています。この感じだともしかしたら3巻くらいで完結させるのか?という感じがしますね。

とにかくこれは良作。

追記終了!

 

以上が「伝説の勇者の婚活」を読んでみた感想です。

 

最後に

「伝説の勇者の婚活」の紹介は終わりますが、

最近、少し頑張って1日に投稿する記事数を増やしています。

もう一つ一つの記事が本当にしょぼいので量で勝負するしかないって感じですね。笑

文章力やブログの編集の力もこれからどんどんつけていけたらなと思います。

 

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。

ABOUTこの記事をかいた人

life

北海道在住のただの漫画好き。読んできた漫画の数はおそらく4桁。 Twitterをやっていますが、7割サイトと関係ない戯言をつぶやいています。 わたしのことをもっと知りたい方はフォローよろしくお願いします。(そんな人いません