記憶を求める旅「セキセイインコ」のあらすじと感想を書く。

はい、こんにちは。lifeです。

今回は「セキセイインコ」を読んでみたので感想を書こうと思います。

セキセイインコ(1) (ヤングマガジンコミックス)

ではでは、早速書いていきます。

あらすじと作品紹介

はい、まずはあらすじと作品紹介を書いていきます。

 

あらすじ 

ある日、島日輪子という女生徒が殺される。

 

その死体を最初に発見したのが主人公の七。

 

そこから七は記憶をなくしてしまい、同時に幻覚が見えるようになる。

 

その幻覚は七に記憶を取り戻すヒントを与えてくれる。

 

そして、七の周りでは「記憶」に絡む事件が起きたり、刺客が現れたりする。

 

これは七が自分の存在を探し求める物語。

 

作品紹介

ジャンル: ミステリー

作者: 和久井健

連載誌: ヤングマガジン

 

はい、こんな感じですね。

 

ジャンルはミステリーとしましたが、超能力や不老不死などのSF要素も多く含みます。

 

そして、作者は和久井健先生です。

和久井健先生と言えば新宿スワンで有名ですよね。 

 

 今回はいつもとは違う作風の作品です。

 

この作品はなんか噂によると打ち切りらしいですね。

 

それに対する感想も後ほど書こうと思います。

 

では、あらすじと作品紹介は以上です。

 

実際に読んでみた感想

はい、次は実際に読んでみた感想ですね。

何個かに分けて説明していきます。

 

設定がすごく良い

はい、一番良かったのはこれですね。

スケールのでかさも伏線の広げ方もここ最近の漫画では一番じゃないかなと思います。

 

3巻からのぶっ飛び方はびっくりすぎますね。笑

 

設定はとても面白く楽しめました。

 

打ち切りなのでいきなり終わった感が否めない

はい、次にこれですね。

 

せっかくのスケールのでかさや伏線の広げ方がここで半減されてしまってますね。

 

回収できていない伏線もありました。

 

うーん、ここはすごく残念でしたね。

 

個人的にはとても好きな設定だったので20巻くらいかけてしっかり書き上げて欲しかったですね。

 

最後の方は焦って書き上げた感がしてきます。笑

 

設定が良かっただけに、残念でした。

 

話の構成が良い

話の構成はいいなと思いました。

 

しっかり、現在→過去→現在となっていてわかりやすかったです。

 

ですが、過去のシーンでもう少し現在のシーンを挟んで欲しかったです。

 

3、4巻で過去が描かれているんですけどさすがに一度も現在に戻ることなく2巻連続の過去からの現在は頭が整理出来ませんでした。笑

 

これももう少し巻数をかければ解決出来たかもしれませんね。

 

ただ、構成はいいなと思いました。

 

総合評価について

はい、最後に総合評価ですね。

 

5段階評価でいうと総合評価は3.5です。

 

 この設定のまま、しっかり伏線回収もされて話がもう少しゆっくり進めば文句無しの5.0ですね。

 

なので非常に惜しい作品ですね。

 

同じようなジャンルでいうと「刻刻」の方が上かなと思いました。

 

刻刻の記事はこちらです。

www.re1life.net

 

 でも「セキセイインコ」も見る価値はある作品だと思うので一度見ても良い作品かなと思います。

 

はい、実際に読んでみた感想は以上です。

 

最後に

はい、今回は「セキセイインコ」の感想を書いてみました。

 

余談ですが、最近、私が思うのは

青年漫画ではダークファンタジー

少年漫画ではデスゲーム系

の漫画が増えているなということです。

 

全然いいことだと思うのですが、読者からしたらどの作品が面白いのか全然わからないですよね。

 

私のブログでは色々なジャンルのおすすめ漫画も紹介していますので色々見て行って下さい。

 

これからもなるべく幅広いジャンルをカバーできればと思いますのでよろしくお願いします。

 

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。

セキセイインコ(1) (ヤングマガジンコミックス)

セキセイインコ(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

 


無料で漫画を読みたい方へ

漫画は読みたいけど買えない!という方もいると思います。そんな方には無料漫画アプリがオススメです。漫画好きである私が厳選した無料で読める漫画一覧を見たい方は是非!


ABOUTこの記事をかいた人

life

北海道在住のただの漫画好き。読んできた漫画の数はおそらく4桁。 Twitterをやっていますが、7割サイトと関係ない戯言をつぶやいています。 わたしのことをもっと知りたい方はフォローよろしくお願いします。(そんな人いません