漫画雑誌を比較してみた!オススメの電子書籍サービスも紹介!

最近、面白い漫画雑誌読んでいますか?私は読んでいます。もちろん週刊少年サンデー。

他にもコミックビームや月刊コミックガーデンやヤンジャンなど色々読んできました。

ということで、今回は漫画好きである私がこれまで読んできた雑誌の知識を活かして、あなたにピッタリの漫画雑誌を紹介していきたいと思います。

今回はとりあえず、13作品紹介していますが、また新たに漫画雑誌を読み次第、追記していきますので、しばしお待ちを!

そして、「漫画雑誌を電子書籍で読みたいんだけど、どこのサービスがいいの?」とよく聞かれます。

結論から言います。私がおすすめするのはDMM電子書籍です。

理由としては、まず使い勝手の良さ、そして頻繁に行われるセール、あとは知名度の高さゆえの安心感ですね。

安さに惹かれて名前も分からないようなサービスはやめておいたほうが懸命です。

はい!それでは、漫画雑誌13誌の特徴を解説していこうと思います!

ちなみに現在、DMM電子書籍では漫画34万作品以上を対象に50%ポイント還元セールを実施中です!

本当に大規模でほとんどの漫画が半額で読めるので是非!!

少年ジャンプ

はい、まずは少年誌のアタックタイプ「少年ジャンプ」です。まずは基本情報から。

刊行頻度>>週刊
読者対象>>少年
出版社>>集英社
主な連載作品>>ONE PIECE、僕のヒーローアカデミアなど

雑誌キーワードは、「友情」「努力」「勝利」です。

連載作品としては、すごく王道なイメージが強いですね。

一番幅広い層に売れている漫画雑誌ではないでしょうか。

心が燃えるような熱い展開の漫画を読みたい方にはおすすめです。

 

少年マガジン

次は、少年誌のバランスタイプ「少年マガジン」です。

刊行頻度>>週刊or月刊
読者対象>>少年
出版社>>講談社
主な連載作品>>FAIRY TAIL(週刊)、進撃の巨人(月刊)

連載作品としてはとてもバランスがとれているなと思います。

スポーツあり、王道熱血あり、デスゲームあり、恋愛ありとあらゆるジャンルを取り扱っています。

週刊と月刊でいうと私はどちらとも同じくらいの作品レベルかなと感じます。

wikiなどに全て連載作品が載っていますので見比べてみて下さい。

ちなみに、少年誌の中では一番おすすめです。

 

少年チャンピオン

次は、少年誌の変態「少年チャンピオン」です。

刊行頻度>>週刊or月刊
読者対象>>少年
出版社>>秋田書店
主な連載作品>>弱虫ペダル(週刊)、蟻の王(月刊)

週刊はアクの強い作品、月刊は不良漫画が多いですね。

ほんとに少年誌なのかと思う作品もあったりします。さすが変態。笑

そのせいか、少年誌の中では一番人気がないですね。

少し変わった作品を読みたいのならおすすめです。

 

少年サンデー

次は、少年誌の優等生「少年サンデー」です。

刊行頻度>>週刊
読者対象>>少年
出版社>>小学館
主な連載作品>>名探偵コナン、マギ

連載作品は比較的落ち着いていてアウトな作品はないという印象がある。

安定した面白さが売りの少年誌ではないだろうか。さすが、小学館と言ったところか。

対して、ゲッサンなんかは変わった作風が多い気がする。

 

ジャンプSQ

次は、少年と青年を結ぶ漫画雑誌「ジャンプSQ」です。

刊行頻度>>月刊
読者対象>>少年、20歳男性
出版社>>集英社
主な連載作品>>青の祓魔師、To LOVEる ダークネス

まさに、少年も青年も読める漫画ですね。

主な連載作品で挙げた通り結構あっち系の漫画もあるので少年には刺激が強すぎるかもですね。笑

ただ、少年誌の中では良作が多い漫画雑誌だなと思います。

ひとつひとつの作品のレベルが高く革新的な作品が多いです。

私も毎月購入させて頂いてる雑誌ですね。

他の記事でもジャンプSQの作品は多く紹介しているのでご覧下さい。

 

漫画アクション

次は、青年漫画誌の火付け役「漫画アクション」。

刊行頻度>>月2回
読者対象>>30〜50代の男性
出版社>>双葉社
主な連載作品>>ライジングサン、銀のニーナ

漫画アクションは最初期の青年漫画です。

連載作品は正統派が多いイメージです。

また、国際問題などにも踏み込んだ作品もありやはり対象年齢が高いだけあるなと思います。

過去には日本人拉致問題を題材にした漫画も連載されています。

漫画好きのおじさんにおすすめです。

ヤングジャンプ

次は、看板作品級漫画の宝庫「ヤングジャンプ」です。

刊行頻度>>週刊
読者対象>>10代後半〜20代前半
出版社>>集英社
主な連載作品>>嘘喰い、東京喰種

最近のヤングジャンプはアツすぎますね。

ほんとに看板作品級が多いです。

青年誌の中では一番おすすめです。

ですが、異端な作品も多いので漫画を普段読まない人には合わないかもしれません。

ヤングジャンプの連載作品の中では「嘘喰い」が一番好きですね。私も記事を書いてますのでご覧下さい。

 

ヤングマガジン

次は、漫画<グラドル??「ヤングマガジン」です。

刊行頻度>>週刊
読者対象>>20〜30代の男性
出版社>>講談社
主な連載作品>>監獄学園、クダンノゴトシ

漫画<グラドルと書きましたが、もちろん漫画も面白い作品はありますよ。

ただ、グラビアページに力を入れている印象が強いですね。

数年前に事件も起きちゃってますからね。笑

漫画は平均以上、グラビアは高水準を求める方におすすめです。

 

ヤングアニマル

次は、THE有害図書指定☆「ヤングアニマル」です。

刊行頻度>>月2回
読者対象>>20歳以上
出版社>>白泉社
主な連載作品>>3月のライオン、ベルセルク

ヤングアニマルと言えば数々の有害図書指定ですね。笑

今となっては反省したのか、アウトな作品は少ないですが昔は多かったです。

そして、私の1番好きな漫画「3月のライオン」の連載誌でもあります。

良作は少ないイメージなので私は単行本で購入しています。

3月のライオンにつきましては他の記事で詳しく紹介しているのでそちらをご覧下さい。

 

モーニング

次は、マニアックな作品の宝庫「モーニング」です。

刊行頻度>>週刊
読者対象>>20代〜40代の男性
出版社>>講談社
主な連載作品>>宇宙兄弟、コウノドリ

連載作品は結構マニアックなものが多いです。

ですが、ほんとに面白い作品も数々あるのが特徴ですね。

モーニングを読んでいる方は結構漫画好きなんだなって私の個人的な印象がありますね。

 

月刊アフタヌーン

次は、安定の青年誌「月刊アフタヌーン」です。

刊行頻度>>月刊
読者対象>>20代〜30代の男性
出版社>>講談社
主な連載作品>>宝石の国、フラジャイル

個人的には少年サンデーの青年版のような感じがします。

比較的安定した作品が多いですが、看板作品級が少ないのが欠点です。

安定した面白さを求める方にはおすすめです。

 

good!アフタヌーン

次は、異端児の宝庫「good!アフタヌーン」です。

刊行頻度>>月刊
読者対象>>高校生〜25歳までの男性
出版社>>講談社
主な連載作品>>亜人、甘々と稲妻

結構風変わりな作品が多いです。

私はすごく好きですけどね。笑

設定が面白い作品も多く、あまり知られていない良作が多い印象です。

また、青年誌の中では若い人も読みやすい漫画雑誌だと思います。

一風変わった漫画を読みたい方におすすめです。

 

月刊コミックガーデン

ん?なにそれって思いました?

そうですよね、最近出来たばかりの雑誌ですので認知度はかなり低いですよね。

ですが、面白い作品多いですよ。

私は結構好きな漫画雑誌ですね。

刊行頻度>>月刊
読者対象>>20歳〜30歳
出版社>>マッグガーデン
主な連載作品>>魔法使いの嫁、とつくにの少女

連載作品は総じて高水準です。

ほんとに面白い作品が多いです。

今回紹介した13誌の中で1番おすすめです。

 

漫画雑誌を電子書籍で読むなら『DMM電子書籍』がオススメ!!

はい。ということで最後になるんですけど、ここからは実際に「漫画雑誌買いたい!」という方向けの内容です。

最近では電子書籍サービスと言えば数え切れないほどいっぱいあるじゃないですか。

でも、その中でも私のイチオシが『DMM電子書籍』です。

理由としてはこんな感じ。

  • セールが本当に凄くて漫画雑誌以外にも単行本とかが安く読める。
  • メジャーな作品からマイナーな作品まで品揃えが良い。
  • サイト自体が見やすく使い勝手も悪くない。
  • 他では読めない漫画が数多くある。  などなど。

また、無料で読むことが出来る作品も多くありますので、普段Amazonしか使わないという方も一度利用してみてはどうでしょうか。

また、今だと34万作品以上の漫画が50%ポイント還元セール中です。

セールは9月1日までなので、読みたい漫画がある人は探しに行ってみて下さい!!

というわけで、この記事で読んでみたい漫画雑誌を見つけた人は是非『DMM電子書籍』へ!では!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です