格闘漫画「ホーリーランド」のあらすじと感想を書く。

はい、こんにちは。lifeです。

今回の記事は「ホーリーランド」です。

ホーリーランド 1 (ジェッツコミックス)

ではでは、早速書いていきます。

スポンサーリンク

あらすじと作品紹介

はい、まずはあらすじと作品紹介をしていきます。

 

あらすじ

高校生「神代ユウ」は、家にも学校にも居場所を見つけられず夜の街にいた。

華奢な外見であり、ひ弱ないじめられっ子であったユウだが、ある時ボクシングのワン・ツーを覚えひたすら練習をする。

 

そして、何ヶ月か経ち絡んできた不良相手に試してみたがなんと不良を倒してしまった。

不良達からは「ヤンキー狩り」と呼ばれるようになり夜の街で生きることとなった。

ユウは夜の街にホーリーランドを求め葛藤し闘っていく。

 

作品紹介

ジャンル:  バトル

作者:  森 恒二

連載誌:  ヤングアニマル

 

ジャンルは表紙からは想像出来ないバトル漫画ですね。

結構マニアックな格闘技知識が盛り込まれた作品です。

 

そして、作者は森 恒二先生ですね。

森 恒二先生といえば、自殺島が有名ですよね。

この作品もなかなか面白かったです。

さらに、先生自身が格闘技の経験があるようでその知識も作中に書かれています。

 

連載誌はヤングアニマルですね。

確かに、主人公はヤングアニマルのようだなと思いました。

結構マニアックな作品が多いと言われるヤングアニマルですが、今回の作品もなかなかマニアックなバトル漫画でしたね。

 

実際に読んでみた感想

次に実際に読んでみた感想です。

 

絵について

まず、絵についてですね。

絵はかなり特徴的ですね。

好き嫌いがバッサリ分かれそうです。

私は最初は嫌いだったんですがだんだん慣れてきて全然楽しめました。

最初は結構読みづらいかもしれないです。

主人公が精神不安定になるシーンの描写などはすごく良かったです。

 

ストーリーについて

次はストーリーについてですね。

これはすごくいいです!!

いや、ほんとに面白い!

もう主人公の葛藤と成長がとてもいいです。

めっちゃ感動しますよ。

 

そして、格闘シーン。

これがまたいいです。

すごく深いところまで格闘知識が書かれていていいですね。

ここまで格闘知識が書かれている漫画は久しぶりに読みました。笑

もう、ほんと誰に需要あるの?ってくらい書かれています。笑

私は格闘技も結構好きなので面白かったです。

 

宣言します。

「この漫画を読んだ男性は格闘技がしたくなるでしょう。」

ほんとにハマると思います。

ここ最近読んだバトル漫画の中ではダントツで良かったです。

 

話の構成も、スピード感を保ったまま最終話を迎え最後も余韻が残ってとても良かったです。

ストーリーはほんとに最高でした。

 

総合評価について

最後に総合評価をつけたいと思います。

基準はいつも通りこちらです。

 

  • 90点〜100点 全てにおいて欠点がなくその漫画でしか楽しむことの出来ないなにか特別なものをもっている。
  • 70点〜89点 全てにおいて欠点がなく、おすすめできる。
  • 50点〜69点 少しの欠点はあるがおすすめできる。
  • 30点〜49点 確かに面白いが大切な部分が欠けている。おすすめは出来ない。
  • 10点〜29点 楽しめた部分はあるが楽しめない部分の方が大きい。おすすめは出来ない。
  • 0点〜9点 私には合わなかったようだ。

 

「ホーリーランド」は……..90点!!

ほんとにおすすめできる作品です。

絵さえ慣れてしまえば、万人が楽しめる作品だと思います。

是非読んでみて下さい。

 

最後に

はい、今回は「ホーリーランド」の感想を書いてみました。

ちなみに、格闘技が好きな方に聞きます。

「好きな格闘技は何ですか?」

私はブラジリアン柔術が好きです。技が決まった時が美しくてとてもいいです。

もし、格闘技が好きな方がいましたらコメント下さい。

 

今回も最後までお付き合いして頂きありがとうございました。

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。

ABOUTこの記事をかいた人

life

北海道在住のただの漫画好き。読んできた漫画の数はおそらく4桁。 Twitterをやっていますが、7割サイトと関係ない戯言をつぶやいています。 わたしのことをもっと知りたい方はフォローよろしくお願いします。(そんな人いません