吸血鬼×人間「デビルズライン」のあらすじと感想を書く。

はい、こんにちは。lifeです。

今回は「デビルズライン」を読んでみたので感想を書こうと思います。

デビルズライン(1) (モーニングコミックス)

まだ1巻のみしか読んでいませんが2巻以降も読んでみようかなと思いました。

ではでは、早速書いていきます。

スポンサーリンク

あらすじと作品紹介

まずは、あらすじと作品紹介を書いていきます。

 

あらすじ

舞台は吸血鬼が存在する世界。

吸血鬼は見た目はほぼ人間と変わらず感情なども変わらない。

ただ一つ違うと言えば…

血を見てしまうと意識が遠のき襲ってしまうことだ。

 

恋愛に疎く、少し危なっかしい大学院生の「つかさ」の身にはある危険が迫っていた。

これは愛と欲望、暴力、献身のダークファンタジー

 

作品紹介

ジャンル:  ダークファンタジー、恋愛

作者:  花田 陵

連載誌:  モーニング

 

ジャンルはダークファンタジー×恋愛ですね。

吸血鬼と人間の恋愛が描かれています。

 

作者は、花田陵さんという方らしいですね。

すいません、調べたのですがよく分かりませんでした。orz

 

連載誌はモーニングですね。

モーニングは結構マニアックな漫画が多い印象がありますが、今回は結構万人ウケしそうな作品ですね。

ん?吸血鬼と人間の恋はマニアックなのかな?(私がおかしい?)

年齢層も対象は少し低めかなと思いました。

 

はい、以上があらすじと作品紹介です。

 

実際に読んでみた感想

次に実際に読んでみた感想です。

 

絵について

まず絵についてですね。

開いた瞬間に思ったのは「絵柄違くね!?」です。笑

表示とはギャップがありますね。

 

また、絵についてはAmazonのレビューでも色々批判を受けている作品ですね。

個人的にはそこまで気にせず楽しめました。

あまり絵にケチはつけないほうなので。笑

正直言うと絵のレベルはインディーズレベルかなと思いました。

ですので、絵に厳しい方にはあまりおすすめできないです。

 

ストーリーについて

次はストーリーについてですね。

これは、結構満足出来ました。

吸血鬼×人間の恋愛が結構キュンキュンしますね。笑

ですので、女性の方も読んで楽しめるかなと思いました。

 

むしろダークファンタジー要素よりも恋愛要素の方が多いんじゃないかな?と思いました。

ただ、少し不満だったのは秋村の待遇ですね。

これは未読の方はわからないと思いますが、読んだ方に聞きたいです。

 

秋村が可哀想じゃないですか?笑

すごく可哀想になりました。笑

読んでいない方は一度読んだら共感できると思います。

 

それ以外のストーリーに関しては面白かったです。

ダークファンタジーと恋愛という2つのジャンルですがお互い邪魔しあうことなく物語が進んでいて良かったなと思いました。

 

総合評価について

最後に総合評価についてですね。

基準はいつも通りこちらです。

 

  • 90点〜100点 全てにおいて欠点がなくその漫画でしか楽しむことの出来ないなにか特別なものをもっている。
  • 70点〜89点 全てにおいて欠点がなく、おすすめできる。
  • 50点〜69点 少しの欠点はあるがおすすめできる。
  • 30点〜49点 確かに面白いが大切な部分が欠けている。おすすめは出来ない。
  • 10点〜29点 楽しめた部分はあるが楽しめない部分の方が大きい。おすすめは出来ない。
  • 0点〜9点 私には合わなかったようだ。

 

「デビルズライン」は……..65点!

はい、絵に文句を言わなければ楽しめる作品かなと思いました。

読んだことのない方はまず1巻だけでも読んでみて下さい。

意外と女性におすすめですね。

恋愛シーンはなかなかキュンキュン出来るなと思いました。

 

最後に

はい、今回は「デビルズライン」の感想を書いてみました。

余談ですが、最近はダークファンタジーが流行っている気がしますね。

あと、異形系ですね。すごく似たような作品が多くて何が面白い作品なのかわからないですよね。

ですので、少しでも多くの作品を私が読んでおすすめの作品をピックアップ出来たらなと思います。

あくまで私の偏見評価ですが少しでも参考にして頂ければ幸いです。

 

今回も最後までお付き合いして頂きありがとうございました。

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。


無料で漫画を読みたい方へ

漫画は読みたいけど買えない!という方もいると思います。そんな方には無料漫画アプリがオススメです。漫画好きである私が厳選した無料で読める漫画一覧を見たい方は是非!


ABOUTこの記事をかいた人

life

北海道在住のただの漫画好き。読んできた漫画の数はおそらく4桁。 Twitterをやっていますが、7割サイトと関係ない戯言をつぶやいています。 わたしのことをもっと知りたい方はフォローよろしくお願いします。(そんな人いません