青春ラブコメ「彼女はろくろ首」のあらすじと感想

はい、こんにちは。lifeです。

今回は「彼女はろくろ首」を読んでみたのであらすじと感想を書いていこうと思います。

彼女はろくろ首(1) (週刊少年マガジンコミックス)

なんかタイトルと表紙に惹かれて読んでしまいましたね。笑

ではでは、早速どうだったか書いていきます。

スポンサーリンク

あらすじと作品紹介

はい、まずはあらすじと作品紹介から書いていきます。

 

あらすじ

活発な高校生「鹿井なつき」はなんとろくろ首。

そして、なつきは隣に住む幼馴染の「一樹」に好意を寄せている。

これはろくろ首と普通の男子高校生の青春物語。

 

作品紹介

ジャンル:  ラブコメディ

作者:  二駅ずい

連載誌:  別冊少年マガジン

 

ジャンルは普通のラブコメですね。

まあ、変わっているとすれば女の子がろくろ首ということですかね。笑

 

作者は二駅ずいさんという方らしいですが、聞いたこともなかったし調べても情報がありませんでした。

てことはまだまだ新人の漫画家先生っぽいですね。

これからの作品も期待できそうです。

 

連載誌は別マガですね。

別マガと言えば、今は進撃の巨人なので

進撃の巨人→彼女はろくろ首で、シリアス→癒しなのでいいですね。

青年誌かなと思っていたので意外でした。

 

実際に読んでみた感想

はい、次は実際に読んでみた感想です。

まあ、正直言うと「なぜろくろ首にした。」って感じですね。笑

ではでは、2つの観点から感想を書いていきます。

 

絵について

まずは絵についてです。

これはとてもいいです。

すごい私の好きな絵でした。

ラブコメにはピッタリな絵だなと思いました。

コマ割りも無難で好きでした。

ヒロインがそこまで美少女でないのも高評価です。

絵は本当に文句ないです。

 

ストーリーについて

次はストーリーについてです。

面白かったけど、ろくろ首の必要ある!?と思いました。

 

確かにラブコメとしては普通に面白かったです。ただ、ヒロインがろくろ首って設定必要!?と思いました。笑

ろくろ首ネタでボケてきますが正直あまり笑えないです。

逆にろくろ首であることに違和感を感じるときがあります。

大事な場面でろくろ首ならではのボケを入れて面白いならいいんですけど正直ぶち壊しているだけです。

 

話自体は普通に面白いのでおすすめではありますけどね。

ただ、同じラブコメなら圧倒的に「千早さんはそのままでいい」の方が面白かったです。

記事のリンクは下に貼っておきます。

 

そして、巻末のおまけ漫画がなんか笑えましたね。笑

本編より面白かったかも。笑

「ぼく汁椀!」

 

総合評価について

最後に総合評価をつけたいと思います。

基準はいつも通りこちらです。

 

  • 90点〜100点 全てにおいて欠点がなくその漫画でしか楽しむことの出来ないなにか特別なものをもっている。
  •  70点〜89点 全てにおいて欠点がなく、おすすめできる。
  • 50点〜69点 少しの欠点はあるがおすすめできる。
  • 30点〜49点 確かに面白いが大切な部分が欠けている。おすすめは出来ない。
  • 10点〜29点 楽しめた部分はあるが楽しめない部分の方が大きい。おすすめは出来ない。
  • 0点〜9点 私には合わなかったようだ。

 

「彼女はろくろ首」は………….60点!

ろくろ首の設定なしならもう少し上がったかも笑

もうそうしたらタイトル変わっちゃいますけどね笑

もう少し頑張ってほしいかなというところでした。

ただ、全然楽しめましたけどね、特におまけ漫画とかおまけ漫画とか。笑

 

最後に

はい、今回は「彼女はろくろ首」のあらすじと感想を書いてみました。

最近は周りの人達もブログに興味を持つ人が増えてきました。笑

ブログは続けられれば勝ちなんで、pv数にめげないで頑張って欲しいですね。

そして、友達のブログを見るのって楽しいなと思う今日この頃です。

 

今回も最後までお付き合いして頂きありがとうございました。

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。


無料で漫画を読みたい方へ

漫画は読みたいけど買えない!という方もいると思います。そんな方には無料漫画アプリがオススメです。漫画好きである私が厳選した無料で読める漫画一覧を見たい方は是非!


ABOUTこの記事をかいた人

life

北海道在住のただの漫画好き。読んできた漫画の数はおそらく4桁。 Twitterをやっていますが、7割サイトと関係ない戯言をつぶやいています。 わたしのことをもっと知りたい方はフォローよろしくお願いします。(そんな人いません