漫画の域を超えた漫画 西岡兄妹の『地獄』を紹介しようと思うのだが

はい、こんにちは。lifeです。

今回紹介する漫画はこれ!

f:id:re1life:20161204182539j:image

西岡兄妹『地獄』!!

まず一言でいうとこれは漫画ではない(漫画です)

これまで私は1万冊以上は漫画を読んできたと思うのですが、これまで読んできたどの漫画とも明らかに違います。

 

正直、ここまで人に薦められない漫画は初めてかもしれません。

その理由も含め、内容紹介と感想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも西岡兄妹って誰?

まずはここからですね。恐らく知らない方が大半かと思いますのでまずは西岡兄妹の紹介からですね。

西岡兄妹っていうのは、兄「西岡智」と妹「西岡千晶」の合同ペンネームで、絵は妹が担当し、物語は兄が担当しています。

 

作風はフランツ・カフカの影響を色濃く受けているらしく、漫画でも独自の世界観が繰り広げられています。

漫画の他に絵本なども描いていて、というより漫画もほぼ絵本のようになっています。

一般ウケ皆無な作風なので、あまり有名ではないですけど、1冊読めば分かるほどの天才的な作風。

西岡兄妹の紹介はこの辺で終わりにして次はいよいよ『地獄』を読んでみて私が感じたことです。

 

『地獄』を読んでみて感じたこと

これ、一言で言うと「何も理解出来なかった」です。

私が西岡兄妹の作品に触れたのは今作が初めてなのですが、もう1ページ目から衝撃的すぎました。

ドキドキしながらページを捲る私を待ち受けていたのはまるでピカソのゲルニカを彷彿とさせる幻想的な絵でした。

 

逆さまの目次(もう既におかしいけど)を読むとどうやら短編集らしいです。

買ったときは特に気にせず買ったため長編かと思ってました。

 

そしていよいよ話が始まってページを読み進めて1つ疑問に思いました。

「吹き出しがない」

この漫画には漫画であればあるはずの吹き出しというものがありませんでした。

あまりにも絵、文章ともに斬新過ぎて私は衝撃を受けました。こんなものを漫画と言ってもいいのかと。

 

そして、読者のことを全く気にしないように作者の独自の世界観で進んでいく話。

読者の私はもちろんついていけないです。

そして、そのまま何も理解出来ないまま1冊を読み終えてしまいました。

読了後に残ったものは空虚感のみでした。

 

そして、思ったのはこれは決して理解する漫画ではないということ。

これは一種の芸術作品として眺めるように読むのがいいのかと思いました。

理解は不可能に近いと思います。西岡兄妹と同じ価値観が無ければ。

 

そして、私は新たな漫画の可能性をそこに見ました。私の中で常識を壊した漫画はこれで2つ目なのですが、まだまだ漫画の世界は未知の領域が広がってるなと思いました。

冒頭でも書いた通り、私がおすすめ出来ない漫画NO.1だと思うんですけど、漫画が好きな方には是非読んで欲しいですね。

多分、新しい世界を見ることが出来ると思います。

 

ストーリー的にはカミュやカフカに近いと思いました。不条理が描かれた文学が好きな人は受け入れられると思います。

絵は先ほども書いた通りピカソのゲルニカのようなタッチです。

この漫画については、私も多分1すら理解出来なかったと思うのでこれ以上詳しくは書けないです。とにかく、おすすめはしないです。笑

スポンサーリンク

最後に

はい、今回は西岡兄妹の『地獄』の紹介をしてみました。

ここまで理解出来なかった漫画は初めてなので紹介するかどうかも迷ったのですが、これは理解するものではないなと割り切り紹介することにしました。

決しておすすめ出来ませんが、読んでみた感想を聞いてみたいので読んでみて欲しいです。笑

 

多分人によって感じることは全く違うと思うので、もし読んでみたらtwitterとかで教えて下さい!

とりあえず、私は西岡兄妹の作風にとても惹かれたので全作品読んでみようと思います。

今度、おすすめ作品のまとめも書こうかと思いますので、その時はまた見に来てくれたら嬉しいです。

 

今回は最後までお付き合いして頂きありがとうございました。

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。

スポンサーリンク


無料で漫画を読みたい方へ

漫画は読みたいけど買えない!という方もいると思います。そんな方には無料漫画アプリがオススメです。漫画好きである私が厳選した無料で読める漫画一覧を見たい方は是非!


ABOUTこの記事をかいた人

life

北海道在住のただの漫画好き。読んできた漫画の数はおそらく4桁。 Twitterをやっていますが、7割サイトと関係ない戯言をつぶやいています。 わたしのことをもっと知りたい方はフォローよろしくお願いします。(そんな人いません