人におすすめできないけど個人的には面白かった漫画10選!!

はい、こんにちは。lifeです。

今回はタイトル通りなんですけど、面白いけどあまり一般ウケはしないだろうなという漫画を10作品厳選して取り上げていこうかと思います!

 

あくまで、一般ウケするかしないかの基準は私の独断ですのでそこはご了承下さい。

一般ウケしないだろうなという理由も「鬱になるから」とか「話が分かりづらい」とか「設定が独特すぎる」など様々です。

それではあまり前置きが長くなってしまってもあれなので、早速紹介していきますね!

セキセイインコ

ある日、島日輪子という女生徒が殺害される。

その死体を最初に発見したのは主人公「七」

そのショックからか七は記憶を失ってしまい、同時に幻覚も見えてしまうようになった。

これはそんな1人の少年の記憶、そして自分の存在を探し求める物語。

 

ジャンルはSFミステリーなので一般ウケはしやすそうに見えるのですが、終わり方が打ち切りのような感じになってしまったのでいまいち評価は良くないですね。

私としても最後は少し残念でした。

 

ただ、本当に世界の広げ方という点では凄かった漫画ですので一度は読んでもらいたいかなと思います。

ほんとに過去への回想場面で2巻くらい使っちゃうとかはなかなか斬新だなと思いました。

 

これは多分連載誌さえ間違わなければ、おそらく神漫画と言われるであろう漫画だなと思いました。

最後がいまいちだから人にはあまりおすすめは出来ないんですけど。笑

詳しい紹介はこちら

 

グングニル

これはあらすじ紹介は必要ないので省きます。

これは、1巻で打ち切りになってしまった漫画でAmazonでも評価が2.8とめちゃくちゃ低評価です。笑

 

簡単に内容を紹介すると『進撃の巨人』のパクリです。お母さんが殺されて少年が巨人に復讐をするという物語です。

そして、あまりにも展開が早すぎる。

もう笑うしかないです。シュールな漫画のはずなのに笑ってしまう。そして私は思いました。

 

「これはパロディ漫画としてはクソ面白くないか?」

明らかに邪道な楽しみ方ですけど、私はこういうの好きですよ。笑

唯一、本家に勝っているのは画力だけかと思いました。

ちょっと待てよ。これどちらの作品も貶してるだけじゃ…

 

不能犯

人の心を操り、”思い込み”によって人を殺害する殺し屋「宇相吹正」

人々は彼を、犯罪を立証することの出来ない容疑者「不能犯」と呼ぶ。

宇相吹は今日も依頼人の憎悪、嫉妬、欲望の歪んだ思いに応え、次々と人を殺めていくのであった。

 

いわゆるサイコサスペンスですね。

1話1話完結する感じの形式になっているんですけど、どの話も安定して胸糞エンドです。

ほんとに誰も幸せにならないです。

 

殺人の方法にはリアリティが欠けるとの意見もありますが、個人的にはそこはどうでもいいかなと思いました。これは殺人の方法よりも人の不幸を見る漫画ですので。笑

ほんとに閲覧注意漫画だと思うので、読むときは精神状態にお気をつけ下さい。

詳しい紹介はこちら

 

残響

とある工場町で何事も無く日々を過ごす智。

彼が暮らす安アパートの隣室には元ヤクザの老人、瀬川が住んでいたのだが、突然その瀬川が智のもとを訪ねてきた。

不審に思いながらも扉を開いた智に瀬川は言った。

「500万渡すから、自分を殺してくれ」

 

もうあらすじからして一般ウケさせる気皆無ですよね。笑

作者はスカイハイとかで有名な高橋ツトム先生なんですけど、これは先生の最新作ですね。

相変わらず面白い作品なんですけど、内容的に世間に広まらないのが残念です。

 

少年から大人になる、そうしたヒリヒリした時期の描写がすごい上手いです。かなり生き方としてはアウトローなんですけどね。笑

本当に絵も上手く高橋ツトム先生らしさが出た作品かと思うので私としてはおすすめしたいんですけど、なかなか人には薦められない作品です。なので、ここで不特定多数におすすめしときますね。笑

 

ヒミズ

中学生にして貸しボート屋を営み不遇な現実に諦観しながらも普通の生活を求める少年がいた。彼の名は「住田祐一」

ある日、突如帰ってきた父親と暴力団から虐待を受け、終いには母親にも捨てられ孤立無援となってしまった。

同じクラスの「茶沢景子」はそんな住田を救おうとするが、住田の闇は救えないほど深くまで落ちてしまっていた。

 

これは今回紹介する漫画の中では1番一般ウケした作品かと思います。

ただ、注意して欲しいのは決して幸せな終わり方はしないことです。

普通の漫画なら絶望に堕ちた住田を茶沢が救って2人でハッピーエンドなんですけど、これは違います。

 

まあ、鬱になること不可避の漫画ですのであまり読むことをおすすめしません。

ただ、不道徳の中の道徳、そんなものを見つけられるような作品ですので是非読んで欲しいという気持ちはあります。

映画版の方は結構ハッピーエンドなので、鬱漫画が苦手な人はそちらをおすすめします。

詳しい紹介はこちら

地獄

あらすじとかないです。笑

もう表紙からしてカオスなんですけど、中身は私がこれまで読んできた漫画の中で明らかに1番やばいです。

 

カフカとかカミュなどの不条理小説に近い雰囲気の文章とピカソのゲルニカのような絵から構成される漫画なんですけど、もう独特過ぎて人におすすめとかは出来ないですね。笑

私もこの漫画を読んで何も理解出来なかったのでここが面白いとかはあまり言えないです。

 

これはもう読む漫画では無くて感じる漫画です。

今回紹介する中では明らかに人におすすめできない漫画ランキング1位ですね。笑

詳しい紹介はこちら

 

ブラッドハーレーの馬車

これはとある時代のとある国での物語。

資産家であり、貴族院議員でらあった公爵ニコラ・A・ブラッドハーレーは歌劇団を経営していた。

その劇団の構成員は全てブラッドハーレーの養女であり、彼女たちは全員孤児院から集められていた。

だが、そんな少女の憧れである歌劇団にはある不思議があった。

それは毎年ブラッドハーレーに貰われていく少女の人数と劇団員の数が全然合わないということだ。果たして、劇団員にはいない少女たちはどこへ行ったのか。

 

これはすごい有名な鬱漫画ですよね。

もちろん人にはおすすめできない。

1話1話で完結する短編集のような感じなんですけど、どれも胸糞エンドで終わるので読了後に不快になるのは不可避だと思います。

私もすごく不快な気持ちになりました。笑

 

ただ、クセになるような鬱漫画なので個人的には好きです。性的描写が過激なところもあるので注意して下さい。

最後に言うと、この漫画は本当におすすめできないので読まないことをおすすめします。

詳しい紹介はこちら

 

石田スイ先生の伝説のweb漫画

もはやタイトルすら書けないです。

いや、調べれば無料で読めるので読んでみて下さい。笑

まあ、タイトルからして下品過ぎて女性とかにはおすすめできないんですけど途中からシリアスな展開になり本当に面白いので下ネタOKな方は是非。

 

最初の数話は本当に下品なギャグ漫画なので20話くらいまでは我慢して読んで下さい。ハマるはずです。

そして、注意しておきたいのはこの漫画が面白かったとしても決して女性には薦めないで下さいね。

 

絶体絶命でんぢゃらすじーさん

はい、すみません。どうしても入れたくなりました。笑

このブログの読者層は25歳くらいが平均なのにまさか私がコロコロコミックの漫画を紹介するとは思ってもみなかったでしょう。笑

なんで入れたかったのかというと、この漫画が私が初めて読んだ漫画だからですね。

 

そしてずっと紹介したかったんですけど、大人が読んでもつまらなく、子供にも悪影響なので1記事で取り上げるほどでもないなと思い今回この記事に入れました。

私は今でも大好きなんですけど、絶対一般ウケしないですよね。もはや小学生にも読ませるものではないと思います。笑

 

私はいつまでも応援してますよ!曽山せんせー!!

あっ、この漫画は本当に読まなくていいと思います☆

 

無邪気の楽園

あなたは今思ったはず。

「こいつやりやがった」

ははは、私も思っていますよ笑

 

せっかくここまでいい流れで(1つ前は除く)紹介してきたのに最後でぶち壊していきます。笑

この漫画はいわゆるエ○漫画なんですけど、ここ最近のそういう漫画では明らかにやばいです。

 

内容的にはニート同然の25歳の主人公の青年が小学5年生の時代はタイムスリップしてしまいそこで小学生の無邪気さにやられてしまう(意味深)漫画です。

もう許して下さい。

だって書きたかったんだもん!!!

 

この漫画について深く書くとグーグル様から抹消されてしまいそうなのでやめておきます。

そしてAmazonからも一斉削除されるくらいやばい作品なのでAmazonのリンクも貼れないです。笑

人におすすめするとその人との交友関係が崩壊してしまう漫画ですので読むときはコソコソと読んで下さいね♡

 

まとめ

はい!今回は人におすすめできないけど、個人的には面白いと思った漫画を10作品紹介してみました!

まあ、最後の2作品を除けばかなり良い出来になったかと思うんですけど(自画自賛)いかがでしたでしょうか?

もう批判しか来ない気がしますが。笑

 

とりあえず今回紹介したどの作品も私の大好きな漫画ですので機会がありましたら読んでみて下さい。合わないかもしれませんが。笑

最後に詳しい記事のリンクも貼っておきますのでよろしければ読んでみて下さい。

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ではでは、ぐっばいです。lifeさんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です