デスゲーム漫画を無料で読めるおすすめアプリはこれだ。

デスゲーム漫画って最高にハラハラして面白いですよね。

しかも、最近はかなり流行っているのでその量も膨大です。

中には、漫画アプリで無料で読めてしまう作品なんかもあります。

というわけで、今回はそういった無料でデスゲーム漫画が読めてしまう神アプリを紹介していきたいと思います!

順番は私のオススメ順で紹介していきたいと思います!

デスゲーム漫画数最多『マンガUP!』

マンガUP!スクエニの人気漫画が毎日読める漫画アプリ
マンガUP!スクエニの人気漫画が毎日読める漫画アプリ
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted with アプリーチ

デスゲーム漫画が好きなのであれば外すことが出来ないアプリ『マンガUP!』です。

魅力は何と言っても、無料で読むことが出来るデスゲーム漫画の数です。

マンガUP!では、他のアプリではありえないほどデスゲーム漫画が豊富です。

ただ、作品陣はかなりライトなので、漫画好きよりかは漫画を少し読む程度の方におすすめです。

というわけで、早速マンガUP!で読むことが出来る作品を紹介していきます。

 

アホリズム

そこを卒業すれば未来を約束されると言われる学校、そこに主人公は入学する。

そこでいきなり始められた謎の試験。

それぞれ、好きな漢字を選ぶというもので、主人公が選んだのは「変」という字。

そして、突如現れた異形。主人公たちは生死を賭けた戦いを余儀なくされる。

漢字を使った能力バトルという奇抜な設定が面白い作品です。

展開、絵も文句なしで非常に読みやすいのも魅力です。

詳しい紹介はこちら

 

ライフ・イズ・マネー

心臓病を患う妹を救うため、多額の金を必要としていた主人公。

ある日、彼のもとにある男が。

そして、主人公はその男に騙され、命を賭けた非合法のギャンブル「ナイト・メア・ゲーム」に参加することになる。

イメージとしては、ライアーゲームの命を賭けるバージョンみたいな感じです。

五感を奪われた状態で平静を保てるかというゲームの設定は面白いなと思いました。

 

JUDGE

何者かにより密室に連れてこられた主人公。

そこには、同じように集めれた人たちが。

そして、主催者は言う。「ここにいる者はそれぞれ罪を持つ者だ」と。

かくして、悲劇の殺人多数決が幕を開けるのであった。

デスゲーム漫画と言えば!というくらい有名な作品ですよね。

評価は良くないですが、良くも悪くもデスゲームなので、中高生とかであれば楽しめると思います。

 

Doubt

ネトゲのオフ会で初めて顔を合わせることになった4人。

でも、そこで事件は起きた。

トイレに行っている間に突然、何者かにより後頭部を殴られ気絶する主人公。

目を覚ますと、そこには同じように集められた人、そして1人の死体が。

表紙で分かると思いますが、『JUDGE』の人が描いた漫画です。

二番煎じ感は否めないですが、ライトな作品が好きな人は楽しめると思います。

 

投票げぇむ あなたに黒き一票を

男子の悪ふざけで始まったクラスの人気投票。

クラスの女子のうち、5人をランダムで選出し、ビリを落としていくというルールであった。

しかし、投票結果が出た次の日、事件は発生した。

投票でビリになった女子が死んだのである。

そして、終わらない死の投票げぇむは幕を開ける。

死の描写があっさり描かれているということで批判を受けていますが、逆に言えばスピード感は良いです。

ただ、こちらの作品も漫画好き向けというよりは、やはりライトリーダー向けです。

 

君のために、お姉ちゃんがみんな殺してあげる

突然、目の前に妖精が現れ、ゲームの世界のような場所に連れて行かれた主人公。

そこで、急に始まったデスゲーム。

周りでは、裏の顔を見せる人、そして死んでいく人。

そこに、突然現れたのは主人公のパートナー!?

本当に最近連載が始まった漫画なのであらすじがいまいち書けないんですけど、どうやらゲームのコミカライズみたいです。

まだまだ先が見えませんが、開いて数ページでナイスバディなお姉さんが登場したので満足です。

lifeさん
ライトな作品をスラスラ読みたいという方にオススメ!

漫画の質は最高『マンガワン』

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める漫画アプリ
マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める漫画アプリ
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted with アプリーチ

漫画の質はアプリ界ナンバーワン『マンガワン』です。

デスゲームも面白いんですけど、本当にどの漫画を読んでも面白いです。

漫画アプリと言えばライトな作品が多めで、漫画好きは避けがちですが、マンガワンはヘビーな作品も多くバランスが良いです。

デスゲーム漫画の数は少ないですが、質は最高なので使っていない方は是非!

というわけで、マンガワンで読むことができる漫画を紹介していきます。

 

出会って5秒でバトル

天才ゲーマーである主人公が突然巻き込まれた謎のゲーム。

そこでは1人1人にそれぞれ能力が与えられた。

主人公の能力は相手があなたの能力だと思った能力。

立ちはだかるのは手が大砲になる能力、2秒間無敵になる能力など。

それぞれの思惑がうごめく頭脳戦がここに始まる。

最近のデスゲーム系漫画の中で言えば、間違いなく1番面白いです。

某大人気漫画を彷彿とさせるような頭脳戦、心理戦からは目が離せません。

じっくり深い漫画を読みたいという方にオススメです。

詳しい紹介はこちら

lifeさん
デスゲーム以外にも質の高い漫画を読みたい人にオススメ!

マガジンポケット

【無料マンガ】マガジンポケット 毎日更新の漫画雑誌 マガポケ
【無料マンガ】マガジンポケット 毎日更新の漫画雑誌 マガポケ
開発元:Kodansha Ltd.
無料
posted with アプリーチ

デスゲーム漫画と言えばマガジン、アプリなら『マガジンポケット』です。

このアプリの凄いところは、アプリオリジナル作品ではなく、マガジン本誌の作品を読めてしまうことです。

なので、漫画のレベルは本当に高く、デスゲーム漫画も面白いです。

バランスの取れた作品という意味では、今回紹介するアプリの中で1番です。

それでは、そんなマガジンポケットの作品を紹介していきます。

 

トモダチゲーム

ある日、クラスで集金した修学旅行費200万が盗まれる事件が起きた。

クラスのみんなが疑心暗鬼になる中、夜に学校に集められた主人公とその友達。

みんなが集まったその瞬間、何者かにより知らない部屋に連れて行かれる主人公たち。

そして、ゲームの主催者から200万を盗んだのは主人公たちの誰かであると告げられる。

かくして、借金返済のための友情崩壊ゲームが幕を開けることになった。

今回紹介する漫画の中でもトップクラスで好きな『トモダチゲーム』。

普段、仲が良かった主人公たちの友情がいとも簡単に崩壊していく様子が面白いです。

ひと味違うデスゲームが読みたい人にオススメ!

 

ACMA:GAME

ゲームの勝者が敗者から何でも奪えるというアクマゲーム。

そのアクマゲームを発動させるための悪魔の鍵を持つ者が主人公の前に現れた。

そして、主人公はアクマゲームに巻き込まれることになったが、そこでアクマゲームの力で政界を操るグングニルの存在を知ることになる。

主人公が高校3年生にして財閥の会長と非凡すぎる設定。

ゲームの種類なども結構変わり種が多く、面白いです。

頭脳戦のレベルも程よいため、多くの人が入り込めそうです。

 

神さまの言うとおり

平凡な人生に退屈していた主人公の前に突然現れた謎のだるま。

そして、始まる生き死にを賭けただるまさんがころんだ。

主人公の人生に退屈の2文字は無くなる。

デスゲームものとしてはスピード感もあり、ゲームの内容も面白く普通に良い漫画だと思います。

ただ、若干のチープ感やライト感はあるので、濃い漫画を求めている人には合わないかもです。

暇な時間にスラスラ読みたい!という方には本当にオススメの漫画です。

 

リアルアカウント

中高生みんなが夢中になるSNS「リアルアカウント」。

主人公は学校では友達がいないが、リアルアカウント内では1540人ものフォロワーがいた。

そして、突如ノイズが入る画面。

主人公はリアルアカウントの世界に吸い込まれることになる。

そこで集められた人はそれぞれの信頼を測るデスゲームに巻き込まれることとなるのであった。

まさに現代社会を風刺したようなデスゲーム漫画です。

非常に死がライトに扱われていて私はいまいち好きじゃないですが、どうやら中高生にはウケている作品のようです。

lifeさん
マガジンのデスゲームが好きな人にオススメ!
【無料マンガ】マガジンポケット 毎日更新の漫画雑誌 マガポケ
【無料マンガ】マガジンポケット 毎日更新の漫画雑誌 マガポケ
開発元:Kodansha Ltd.
無料
posted with アプリーチ

最後に

はい!今回は最近流行りのデスゲーム漫画が無料で読めてしまう漫画アプリの紹介をしてみました。

今回紹介したアプリは漫画が好きであれば、どれもインストールしておいて損はないかと思うので、もし知らなかったアプリがあったら是非!

ということで今回は終わりますが、少年漫画のデスゲームを比較した記事も書いていますので、気になる方はどうぞ!

最後までお読み頂きありがとうございました。

最近の似たようなデスゲーム系の少年漫画を比較してみたよっ。

2016.12.01

ABOUTこの記事をかいた人

life

北海道在住のただの漫画好き。読んできた漫画の数はおそらく4桁。 Twitterをやっていますが、7割サイトと関係ない戯言をつぶやいています。 わたしのことをもっと知りたい方はフォローよろしくお願いします。(そんな人いません