西義之、悲痛の打ち切り『魔物鑑定士バビロ』を紹介する。

はい、こんにちは。lifeです。

今回はある打ち切り漫画を紹介していこうかと思います。タイトルにある通り、西義之先生の『魔物鑑定士バビロ』という漫画です。

西義之先生は本当に大好きで、『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』『ライカンスロープ冒険保険』ともに読ませてもらっています。

ムヒョロジでハマってしまい、この作品があることを知ったんですけど、どうやら打ち切りで終わってしまったらしいです。

 

今回の作品も本当に続きが気になったので、少しでも読んでくれる人が増えるよう私が紹介しようかなと思い、今記事を書いています。

2巻の情報もちらほら耳にしたので、それについても書いていこうかと思います。

スポンサーリンク

あらすじ

人々の心を掻き立て、惑わす不変の欲望に、魔力を持つ呪具で応える一族が存在した。彼等の名は「魔物鑑定士」。漫画家を夢見る高校生のオズは、同級生の”バビロ”から謎のペンを渡される。そのペンを手にしたオズが体験する恐るべき出来事とは!?

とりあえずジャンプ公式HPから引用させて頂きましたが、簡単に言えば雰囲気がダークな魔法版ドラえもんですね。

ドラえもんはすごく性格がいいんですけど、この漫画の主人公はどこか闇を持っています。

かなり謎に包まれた主人公です(打ち切りになったから本当に謎のまま

 

設定も少年漫画にピッタリな感じのファンタジーなのでウケそうなんですけどね、本当に残念です。主人公がかなりの変わり者なので、そこがジャンプの読者層に受けなかったかもですね。

 

とりあえず、あらすじはこんな感じにして、次は読んでみた感想を書いていこうと思います。

 

読んでみた感想

主人公のキャラ設定がすごくいい!!

先程も書きましたが、主人公『オズ』と『バビロ』のキャラ設定がすごく面白かったです。

簡単にまとめるとこんな感じです。

 

オズ〜カラオケ、勉強、スポーツ何もかもダメな少年。社会的敗者になることを恐れている時バビロと出会う。だが、人の人生を奪ってまでの幸せは嫌うピュアな心の持ち主。

 

バビロ〜オズにつきまとう魔物鑑定士。魔物鑑定士としての実力は多くの人に認められているが、1つ大きな問題を抱えている。そして、オズの幸せのためならばその他の人間の不幸は気にしない。

 

この主人公のマッチングがすごくいいです。

ですが、これが人気不調の原因になったのかもしれませんね。

私はすごく好きだったんですけど、ジャンプ層には受けなかったのかもですね。

スポンサーリンク

ハッピーエンドじゃないストーリー

少年誌ということもあり、ハッピーエンドのストーリーを予想してたんですけど…

全然ハッピーじゃないです。なかなか後味の悪い終わり方をします。ブラックジョークがかなり効いています。これはかなり好き嫌いが分かれますね。

 

話の構成短い話が1話1話完結していくと同時にバビロの謎が解き明かされていく感じですが、1巻には1つもハッピーエンドはなかったです。

ドラえもんみたいな便利な呪具を使っているわけだし、教訓にはなりそうですね。

 

設定はかなり王道なのにテイストが邪道なため、かなり変わった作品になっています。

 

夢があふれる呪具がいっぱい出てくる!!

魔物鑑定士バビロがオズを幸せにするために使うのが呪具というドラえもんの道具のようなものなんですけど、これが夢いっぱいで読んでいて楽しいです。

1巻で登場する呪具はこんな感じ。

 

ドレイペン〜人のアイディアや技術を奪い取ることができる。

これさえ使えば、プロ野球選手、漫画家なんでもなることが出来ます。

私がもしこれを使うなら…と考えたが特になりたいものはありませんでした。

こうして好きな漫画の紹介記事を書いてる今が好きです。

 

ドッペル検眼鏡〜かけると指定した人の目線になれるメガネ。

男性の皆様、お待ちかねののぞき窓です。

私もこれはマジで欲しい。本当にこれを1ヶ月くらい使えるなら死んでもいいレベルです。

(女性の皆様、男性はこんな生き物です)

 

スマイルシート〜人の心を読める地図。

これは正直怖いです。使えるとしても使いたくないです。

 

淫魔スプレー〜スプレーをかけられた人は淫夢を見てしまう。

なにやらFF外から失礼されそうなスプレーです。

 

友情湿布〜貼った人は周りの人たちから若干の好意を受ける。

これは秘密道具系としては王道な設定ですね。

ちなみに読み方はフレンドシップです。こういうトンチの効いた感じがすき。

 

呪具はこんな感じで様々なんですけど、私はドッペル検眼鏡が本気で欲しいです。

とにかく設定は結構いい感じでした。

 

打ち切りの理由と2巻の情報

次に打ち切りの理由と2巻についての情報ですね。

まずは打ち切りの理由ですが、これは簡単で売上の不振です。

これは仕事として漫画を描く以上、仕方のない問題ですね。

 

そして2巻についての情報ですが、少し調べてみました。

そうしたら、驚きの情報が…

どうやら魔物鑑定士バビロ2巻は同人誌として出ていたようです。

今はもう売り切れのため買えないんですけど、これからも少しずつ続きを描いていくようです。

 

この情報を後から知ってしまった私は2巻が読みたく仕方ないです。

再販とかしてくれないかなあ。

 

最後に

はい、今回は西義之先生の『魔物鑑定士バビロ』の紹介をしました。

ムヒョロジは知っている人が多いと思うんですけど、この作品はあまり知られていないと思うので、ムヒョロジが好きだった人は読んでみてはいかがでしょうか。

 

この記事で少しでも西義之先生のファンが増えたらなと思い記事を書いてみました。

それでは、今回はこんな感じで終わります。他の記事もどうぞ読んでみてください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

life

北海道在住のただの漫画好き。読んできた漫画の数はおそらく4桁。 Twitterをやっていますが、7割サイトと関係ない戯言をつぶやいています。 わたしのことをもっと知りたい方はフォローよろしくお願いします。(そんな人いません