鬼才・穂積が描く天才の物語『僕のジョバンニ』が凄すぎる。

今回紹介する漫画は穂積先生の新作『僕のジョバンニ』です。

『式の前日』を読んでからすっかり穂積先生のファンになってしまった私ですが、最初は新作だと気づきませんでした。

本屋さんを歩いていて、カバーに惹かれて買った作品が偶然、穂積先生の新作でした。

「やっぱりこの人は半端じゃない。」

読んでみてまず初めにそう感じました。内容は努力の天才と生まれつきの天才の音楽漫画

すごく王道なテーマですが、穂積先生の言い回しや画力が並ではなく、他の漫画とは一線を画しています。

1巻から泣かされてしまった『僕のジョバンニ』、今回は紹介していきます!

僕のジョバンニのストーリー

海辺の小さな町で1人チェロを弾く少年・鉄雄。クラスではチェロの良さを分かってくれる友達はいず、いつも孤独を感じていました。

鉄雄は東京の大会で見事1位を取りますが、あまり喜びません。彼には1人ではなく、どうしても誰かと2人で演奏したい曲がありました。

そんな願いは田舎町では叶うことなく、いつも通り時は過ぎていきます。そんなある日、大きな海難事故が。

死者は26名。乗組員の全員が死んでしまったと思われる事故で、ただ1人岸までたどり着いた少年が。

名前は郁未。彼には引き取り手がいないため、鉄雄の家で預かることになります。

そして、ここから鉄雄と郁未の2人の物語は運命のごとく、動き出す。

鉄雄の演奏シーン それを見る郁未

郁未は鉄雄にチェロを教えてもらい、2人は鉄雄が弾きたい曲「チェロよ叫べ」を弾くため練習を重ねます。

そして、半年後2人の演奏はついに完成。時を同じくして、鉄雄の祖父の古い知り合いでありプロのチェリストの百合子さんが鉄雄の家に訪れることに。

百合子さんの存在は鉄雄にとってトラウマであり、今でも鉄雄は百合子さんを嫌っています。

そして、鉄雄は栃木に住んでいる祖父のもとへ行くため、郁未と1週間のお別れすることに。その間に、鉄雄のトラウマを解こうと百合子さんの弾いている曲をコピーしようとする郁未。

1週間はあっという間に過ぎ去り、再会する鉄雄と郁未。

郁未は早速「百合子さんなんて大したことない。」と百合子さんの演奏のコピーを鉄雄に聞かせる。

ドヴォルザーク チェロ協奏曲を演奏する郁未

表情が曇る鉄雄。曲名は「ドヴォルザーク チェロ協奏曲」。数あるチェロ曲において最も難曲と言われる大曲。

鉄雄はその曲を弾けない。努力の天才と生まれつきの天才。2人の運命は交錯する。

lifeさん
ここからは感想を書いていくので今すぐ読みたい方はこちらからどうぞ!

僕のジョバンニを実際に読んでみた感想

登場人物のセリフに鳥肌立つ

「お前は才能がたくさんある子供なんだな」と鉄雄を褒める郁未。しかし、鉄雄は「そんな、線引みたいなことするなよ」と怒ります。

鉄雄は学校でも理解者がいないため、郁未だけには身近な存在でいてほしかったんです。

そんな鉄雄の苦悩を理解した郁未は言います。

「鉄雄、お前に俺の人生をやるよ。俺は生涯お前の友でいよう」

このセリフは鳥肌が立ちました。穂積先生の鬼才っぷりを感じさせる言葉遣い、さすがとしか言えないです。

そして、同時に郁未の鉄雄に対する依存はかなり重度だなと感じました。

努力と才能というテーマとともに、この”依存”にも注目していきたいです。

 

穂積先生の独特の世界観に酔いしれる

式の前日を読んだときから思っていたんですけど、穂積先生の漫画って「ここでしか読めない」と感じさせる独特の雰囲気というか世界観があるんです。

今作『僕のジョバンニ』でも物凄く感じられたんですけど、これが本当に心地よかったです。

少年漫画のような盛り上げ方ではなく、あくまで淡々と現実的に描くことによって読者に重い余韻を与えます。

ストーリーも「どれほど練ったんだ」というくらい綺麗に展開され、キャラの心情描写も上手いです。

 

チェロを弾くシーンの圧倒感が半端じゃない

百合子さんの演奏シーン

これは百合子さんがチェロを弾いているシーン。あらすじで挙げた鉄雄のシーンと比べてどうですか。文字を使わずとも圧倒的な技術の差があるのは歴然です。

穂積先生の何が凄いかって言ったら、線を全然使っていないことなんですよ。

音楽漫画と言えば圧巻される演奏シーンていうのは線でアクセントをつけるじゃないですか。

でも、穂積先生の描写は使わないんです。迫力よりも現実を求めているから。これが凄く私好みなんです。

実際にチェロの曲を聴きながら読んでいましたが、鳥肌が立ち、自然と涙がこぼれ落ちました。何度読んでも素晴らしいシーンです。

lifeさん

ここからは既読者向けのお話になります!未読の方はこちらからどうぞ!

『僕のジョバンニ』と合わせて読みたい漫画

青のオーケストラ

今回紹介したいのは『青のオーケストラ』です。こちらは王道の青春音楽マンガ。

とある理由で一度ヴァイオリンをやめた天才少年が1人の少女と出会って…といったお話です。

まさに少年漫画!って感じの青さがあり、とてもキラキラしています。

今だと、マンガワンにて無料で連載されているので、気になった方はぜひ!

詳しい紹介は青春音楽漫画『青のオーケストラ』が最高にキラキラしてて良いのだ。をご覧ください。

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ

最後に

今回は穂積先生の『僕のジョバンニ』の紹介をしました。 読むときは実際に曲を聞きながら読んでみると、一層楽しめるかと思います。

また、当サイトでは他にもいろいろなジャンルの漫画を紹介しています。

「この漫画面白そう!」「気になってるけどどんな話なんだろう」という漫画が見つかるかもしれません。

ぜひ、他の記事も見にいってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です