『魔王城でおやすみ』が最高に面白いから読んでくれ【感想】

今回取り上げていく漫画は『魔王城でおやすみ』です。

魔王城に連れ去られた人間界の姫が、安眠を求めて魔王城で暴れるコメディーなんですけど、これが本当に面白い。

 

ということで今回は、読んでみた感想、そして似ている作品でこれもオススメ!という作品も紹介していきます。

最初は、全然内容知らない!という方向けにあらすじ紹介や、一般的な評価はどうなのかを書いていきます。

なので最初の部分については、知ってる!という方は感想からお読み下さい。

それでは、どうぞ。

『魔王城でおやすみ』はこんなお話

国民は魔王に姫を奪われ、悲しみに暮れ、そして姫を助けるために立ち上がった。

しかし、一方その頃、囚われた姫はと言うと…

恐怖なんか微塵も感じていない。いや、もはや公務の無い生活を喜んでいた。

だが、姫は悩んでいた。安眠できないことに。

安眠できない理由を枕だと確信した姫のもとになにやらモフモフしたものがやってくる。

姫は確信する。

この姫、怖すぎる(震え

ただ、姫も鬼ではない(鬼である

効率の問題だったのか(震え

そして、さらに悪いことを思いついてしまう姫。

かくして、手に入れた鍵を使い、魔王城の中で枕の材料を探す姫。

そして、やっと枕は完成し、いざ就寝の時!!

この顔である。怒りにきた魔王様も怒ることなんて出来ない。

この姫、最強である(確信

 

って感じの話が第1話です。

そして、こんな感じの安眠を求めた姫の冒険(?)がずっと描かれていきます。

こんな感じの自由気ままで、寝顔の可愛い姫を観察できる漫画が『魔王城でおやすみ』なのである。

 

一般的な評価はどうなのか?

ただ、私1人が面白い!と言っても信憑性に欠けると思うので、Amazonのレビューも参考にしてみましょう。

ということで、1巻の平均レビューはと言うと…4.7

これはかなり高いと思います。現時点で31件のレビューがあるので、かなり信頼はできそうです。

私の友人の感想やネット上の反響を、GOODポイント・BADポイントにこんな感じです。

GOODポイント

  • 姫のフリーダムさが最高
  • ギャグのクオリティも高く1話に1回は必ずツボにハマる
  • 画力も高く読みやすい
  • テンポも良く読み心地はバッチリ
  • RPG好きはたまらない

BADポイント

  • ゲームみたいな演出が嫌い
  • ツボが合わなかった

GOODポイントについては私も全て納得です。

本当にコメディとしては最高の作品でRPGっぽさもあって凄く良いです。

 

そして、BADポイントについても気持ちはわからなくもないです。

確かに、作中には「状態異常」「ジョブチェンジ」みたいなゲーム用語は出てきます。

なので、ゲームを毛嫌いしている人は本当に嫌いなのかもしれないです。

ツボに合わないというのは、どのギャグ漫画でも付き物なので仕方ないと思いますが、ダンジョン飯とかが好きな人は『魔王城でおやすみ』は好きだと思います。

ちなみに、BADポイントは2つしか挙げなかったのではなく、2つしか見つかりませんでした。

というより、本当にほとんどの人は高く評価しています。

画力、展開ともに文句なしの良作コメディですので、気になった方は是非!!

 

以上が『魔王城でおやすみ』の一般的な評価です。

そして、ここからは私が実際に読んでみた感想を書いていくんですけど、内容はネタバレも含みますので、ネタバレが嫌な方は漫画を読んでからお読み下さい。

 

『魔王城でおやすみ』を読んでみた感想

この姫、自由過ぎる….(ごくり

オーロラ・栖夜・リース・カイミーン。略してスヤリス姫…

この姫、自由すぎます…!!

まず、魔王に連れ去られて監禁されているはずなのに、緊張感や恐怖感のかけらもありません。

それどころか近くにいる魔物は殺しちゃうし、禁断の魔導書を勝手に読んじゃうし、普通に当たり前のように脱獄するし。

それでも、結局可愛い寝顔に負けて魔物たちも許しちゃうんですけどね(おい

こんな寝顔見せられたら何も言えないですよ、マジで。

 

でびあくま可愛すぎるんだが

1話で登場したあのモフモフの熊さん、名前はでびあくまって言うんですけど、可愛すぎません?

私は男なんですけど、抱きまくらが欲しいレベルで可愛すぎます。

というわけで、小学館さん、今度のサンデーの懸賞で抱きまくら作りましょう。

 

これは電車の中で読めねえ

こんなの読んだら吹いてしまいます。

本当にギャグ線が高くて、テンポも良くて最高です。

最近のこういった緩いギャグ漫画の中では圧倒的に笑えます。

 

この漫画…飽きない…だと…?

現在、4巻まで刊行されていますが、全く飽きずに楽しめます。

これって私からすると、本当に珍しいことなんです。

というのも、これまで読んだギャグ漫画は大体1、2巻で満足しちゃっていました。

それ以降は同じような系統の笑いだからいいかな…って感じで。

でも、この漫画は飽きないです。本当にずっと面白いです。

 

この世界平和すぎかよ

読んでいる人は分かると思うんですけど、魔王様が優しすぎますよね。笑

一番気にしていることが「フラグ管理」と「戦闘バランス」って。

しかも、言動がピュアで面白すぎます。

ツボ押しの空振りは腹抱えて笑いました。本当に魔王様最高すぎる。

 

総合評価は間違いなくSです

これについては、間違いないです。

本当に面白すぎます。

2017年に読んだ漫画の中でランキングを作ったら間違いなくトップ5には入る作品です。

読まなきゃ損です。『魔王城でおやすみ』最高です。

 

『魔王城でおやすみ』が好きな人にオススメの漫画

「もう読んでるわ!!」という方もいると思いますので、ここからは『魔王城でおやすみ』が好きな人であれば、おそらくはまるであろう漫画を紹介していきます。

それがこちらの作品。

魔王を倒した伝説の勇者が恋人を作るため、婚活するという話。

『魔王城でおやすみ』はRPGでいう姫のお話でしたが、こっちは勇者のお話です。

こっちも非常にRPGっぽさが出て、なおかつ笑えるという良い作品になっています。

そして、この作品、笑いもありつつ感動もあるんです。

あまり有名ではありませんが、本当に面白い漫画なので是非!!

詳しい紹介はこちらで書いています。

 

最後に

はい!今回は『魔王城でおやすみ』の紹介や感想を書いてみました。

そういえば、言っていませんでしたが、『魔王城でおやすみ』は週刊少年サンデーで連載されています。

もちろん、私は雑誌、単行本ともに買っているんですけど、漫画雑誌って買う時、結構悩みますよね。

どんなジャンルが多いのかとか、これって面白いのかなとか。

私も同じ経験を良くするので、私が読んできた漫画雑誌は記事にまとめておきました。

漫画雑誌に困った時は是非!ということで、今回はおわり!

漫画雑誌を比較してみた!オススメの電子書籍サービスも紹介!

2016.09.27