ムヒョとロージーの魔法律相談事務所は最高に泣ける名作だった。

熱い少年漫画はクソ泣ける。lifeです。

皆さんも1つは「これは何回読んでも泣ける」っていう作品がありますよね。

私にもあります。それが今回紹介するこの作品。西義之先生の『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』、略してムヒョロジです。

 

今の10代は知らないかもしれないけど、20代のジャンプ読者層ならほとんどの人が名前くらいは聞いたことがあると思います。私はジャンプ史に残る名作ファンタジーだと思っています。

 

あらすじ的には、主人公のムヒョとロージーが魔法律という不思議な力を使って、悪霊や魔物を退治していくお話で、何も感動がなさそうに聞こえるんですけど、これヤバいです。

 

登場人物のそれぞれが闇を抱えているんですけど、それを仲間との絆で克服したりしていく姿がもうヤバイです。もう何回泣いたか数えられないです。

 

ちなみに、全18巻完結なんですけど、私は15巻だけで3回泣きました。本当に泣けて、最高にアツい漫画なので今回はその面白さを伝えていこうと思います。

 

※現在、『少年ジャンプ+』というアプリでムヒョロジが1〜3巻まで無料で試し読み出来るので、「読んでみたい!」という方は是非この機会に!

少年ジャンプ+ 無料でマンガが毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
少年ジャンプ+ 無料でマンガが毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

あらすじや作品紹介など

あらすじ

ここは六氷魔法律相談事務所。霊にまつわる悩み事を解決する場所である。今日もそこでは、天才魔法律家であるムヒョと、その助手であるロージーが働いていた。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』1巻より

そんな彼らのもとに今日も悩める人が1人訪れる。半信半疑で訪れる少女の名は井上理絵。そんな彼女の悩みはどうやら近頃噂になっている駅の5番ホームの女の子の幽霊らしい。

 

ムヒョたちも知っての通り、5番線には女の子の幽霊がいて足を引っ張られるらしい。そして、理絵の悩みはその女の子が生前に喧嘩してしまった理絵の友達の妙子ではないかということであった。

 

そんな理絵の悩みを解決すべく、駅に向かうムヒョたち。そして、そこで現れたのは紛れもない悪霊であった…果たしてムヒョたちはこの悪霊にどう立ち向かうのか。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』1巻より

 

作品紹介

作者:西義之

掲載誌:週刊少年ジャンプ

ジャンル:魔法ファンタジー

あらすじでは、1話の内容を書きましたが、全体的な内容は少し違います。序盤は1話完結のオムニバス形式で進むのですが、中盤から終盤にかけては比較的長めの長編になります。

 

そして、個人的に凄く好きだったのが15巻あたりの話なので、読むとしたらある程度まとめて読んでほしいです。

 

内容的には、友情・絆・バトルの3拍子が揃った最高の少年漫画なので少年漫画好きには是非読んでもらいたい作品です。

 

ムヒョロジの主要キャラ紹介

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所、略してムヒョロジの登場人物を紹介したいと思います。

 

六氷透(ムヒョ)

(1巻より引用)

六氷魔法律相談事務所の所長。最年少で魔法律家の最高位「執行人」の位につくが、やや性格に難あり。

ただ、言動とは裏腹に強い正義感を持つため、困ったときには頼りになる。

一見冷酷そうに見えるが、実は人情深く友達思い。

 

草野次郎(ロージー)

(1巻より引用)

執行人・六氷透の助手。魔法律の仕事に関わっているが、基本的に臆病なため霊は怖い。

だが人一倍強い正義感、そして優しさを持っているため周りからは愛される。

微妙に女の子からモテているのが管理人(私)は気に食わない。

 

円宙継(エンチュー)

(2巻より引用)

魔法律学校時代のムヒョの同期。才能のあるムヒョに、努力した自分が勝てなかったことをきっかけに闇に堕ちる。禁魔法律という悪の道に入り込み、ムヒョの苦しみを願う。

 

という感じで今回は主要キャラ3人を紹介しましたけど、他にも魅力的なキャラがいっぱい登場します。特に今井さんというキャラがぐう可愛いので注目してみてください。

 

ムヒョロジの魅力とは!?

ということで次にムヒョロジの魅力を書いていきたいと思うんですけど正直に言えば全部です。まあ、それだとこの記事を書いた意味がなくなるのでいくつかに絞って書きたいと思います。

 

とにかく泣ける、泣けるんだああああああ

何と言っても1番は最高に泣けること。全18巻完結なんですけど、泣き所が本当に多いです。

 

「いや、あらすじ読む限りだと泣けるとこなくね?」と思うかもしれないんですけど、くっそ泣けます。

基本的に最初の1、2巻くらいは短い話がコナン風に続いていくんですけど、そこでは正直泣かないです。

 

泣けるのはその後の長編です。そこで繰り広げられる仲間の絆、人間ドラマがヤバイです。

1番泣けるのはムヒョとエンチューの最終決戦が描かれた15巻。これはみんな泣く。私は3回泣きました。ヒルルクのシーンと同じくらい泣いた。全俺が泣いたというやつだ。

 

とにかく泣けるから、泣きたいやつは読んでくれ。

 

バトルシーンもくっそかっけえ!!

ファンタジー漫画なんですけどバトル要素もあります。

そのバトルシーンがくっそかっこいいんですよ。少年ならば震えること間違い無し。

大人も童心にかえれるでしょう。

 

魔法律を発動する時に「魔法律第881条『人体無断寄生』の罪により『茨の園』の刑に処す」とか言うんですけど、これがかっこいい。

地面から地獄の使者が出て来るシーンとかヤバイです。

 

後半は魔法律家と禁魔法律家の戦いが描かれているんですけど、これもかっこいい。

いかにも仙人みたいなやつが出てきてくっそ強かったり、まさに少年漫画の王道展開を突っ走っています。

 

とにかくバトルシーンがくっそ熱いんですよ。

 

読了感がかなり私好みだった

これについては、賛否両論あるんですよね。

というのも大筋のメインストーリー(エンチューとの決戦)は15巻で終わっているんですよ。

そして、16巻から18巻は後日談(とは言っても大きな話が1つある)になっています。

 

確かに私も「1番好きな巻は?」と聞かれれば15巻と答えるでしょう。

けど16巻以降は作者の読者に対する思いやりかなと思います。

正直まだ読みたい感はあったので嬉しかったです。

 

1番切りの良い終わり方は15巻だったかもしれませんが、私はムヒョロジの終わり方も好きでした。何よりポニーテール姿のあの子が見れるからね。

 

ただ、欲を言えば17〜18巻の話はもっと丁寧に描いてほしかった感はあります。

 

まとめ

はい、今回は西義之先生の『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』の紹介をしました。

気づいてる方もいるかと思いますが、記事を書いていながらも1人でテンション上がってしまいました。

 

もうそれくらい大好きな漫画なんですけど、西義之先生は何かと打ち切りが多い先生です。

本当に作品は面白いんですけど、クセが強いんですかね。

 

とにかくこの漫画は西義之先生の作品の中でも1番好きな作品なので是非読んでみてください。

 

それでは今回はこの辺で終わろうかと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

※現在、『少年ジャンプ+』にて1〜3巻が無料試し読みできますので気になった方は是非!期間は8月13日までになりますので、ご注意を。

少年ジャンプ+ 無料でマンガが毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
少年ジャンプ+ 無料でマンガが毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

また、「ちまちまなんて読んでられるか!全巻一気に読みたいんじゃ!」という方はこちらからどうぞ!

ABOUTこの記事をかいた人

life

北海道在住のただの漫画好き。読んできた漫画の数はおそらく4桁。 Twitterをやっていますが、7割サイトと関係ない戯言をつぶやいています。 わたしのことをもっと知りたい方はフォローよろしくお願いします。(そんな人いません