可愛くて癒される自転車漫画『東京自転車少女。』を推したい!無料で読めてオススメ!

今回ご紹介する漫画は『東京自転車少女。』です。

自転車漫画といえば『弱虫ペダル』や『オーバードライブ』、古くは『シャカリキ』といった競技レース中心の作品を思い浮かべるかも知れませんが、健康志向の高まりとともに自転車を趣味にする人が増えた昨今では、他人と競わず楽しく自転車に乗る漫画も多いです。

『東京自転車少女。』も街乗り(ポタリング)を題材にした漫画です。

高校で出会った女の子たちが楽しく自転車に乗りながら、東京の魅力を再発見していく姿は青春そのもの。

lifeさん
可愛くて癒される自転車漫画『東京自転車少女。』は、無料漫画アプリ「マンガBANG!」にて無料で読めます。
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted withアプリーチ

東京自転車少女。のあらすじ

物語は東京が嫌いだと話す少女・加藤さんのモノローグから始まります。

窮屈で画一化された風景に人も染まってゆく。そこから逃げるために自分はロードバイクを駈るのだと内省する加藤さん。ポエティックなミステリアスガール風に登場してきました。

愛車で街を走る加藤さんは不思議な少女に出会います。大きな風呂敷を背負い、東京への憧れを口にしながら登場したのは島野いるか。離島から高校進学を機に本土へ渡ってきた女子高生です。

加藤さんを「憧れの東京ガール」と見定めたいるかは、ロードバイクで走る彼女の後ろをママチャリで追いかけます。

初めて本土に渡ってきたいるかは見るものすべてが新鮮で、目に映るものすべてに反応して喜びます。

うるさく付きまとわれて迷惑していた加藤さんは怒鳴ってしまいますが、いるかの「あなたみたいな東京ガールになりたくて島から出てきたの」という言葉に気落ちし、自分は東京が嫌いだと返します。

無機質な色、臭い、気持ちを急かす時間。いるかが憧れた夢の都は、加藤さんにとっては灰色の牢獄でしかありません。

ビルに阻まれ夕陽を眺めするきますらない、きっとあなたもすぐに嫌になると東京に否定的な加藤さん。

そんな彼女たちの前へ不意に広がる夕焼けに照らされた街並み。

長く東京に住んでいても初めて見た景色に加藤さんは何を思うのか。

いるかは「まだまだアナタも知らない東京がある、せっかく住んでいるんだから見つけてあげようよ」と加藤さんを誘います。

その場は素っ気なく別れた加藤さんでしたが、寮に戻ってみると部屋で大はしゃぎするいるかが。

偶然にも彼女たちはルームメイトだったのです。

東京自転車少女。を無料で読む方法をご紹介!

無料漫画アプリ「マンガBANG!」なら、漫画『東京自転車少女。』が無料で読めます。

朝と夜に配布されるメダルを使い無料で漫画が読める「マンガBANG!」では、青年漫画を中心に多くの作品が公開されています。

メダルの枚数は朝に4話分、夜に4話分の合わせて1日8話分。さらに短い動画広告を再生することでSPメダルも1枚もらえますし、メダルがなくなっても1日5回まで動画の再生により追加で漫画が読めます。

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted withアプリーチ

東京自転車少女。を読んでみた感想

あらゆる部活が許される学校

いるかと加藤さんが入学した豊珠高校は練馬区にある普通の共学校。作者が「背景素材集にありそうな校舎デザイン」と言うほど見た目は平凡ですが、この何の変哲もない学校に全国津々浦々から生徒が集まってきます。

その理由は部活の設立にとても寛容であること。「レンタル彼女部」に「のら猫ストーキング部」まであるとは。

いるかは上級生・川越彩果との出会いを通じ、半ば強引な勧誘で自転車天使部(チャリーズエンジェル)に入部します。

自転車天使部(チャリーズエンジェル)

いるかが入部することになった自転車天使部には、いるかと彩果のほかに部長の松竹梅雪見がいます。

初めは騙されたと怒って自転車天使部を抜けようとしたいるかですが、雪見の母性に籠絡されて入部をOKしてしまうのでした。

ちなみに単行本初版に付属したドラマCDでは、声優の能登麻美子さんが雪見を演じました。いるかが堕ちても仕方ないね。

自転車天使部には謎のスポンサーがおり、部員たちは与えられる指令をこなしていきます。

ポタリングで知らない東京を発見

いるかから加藤さんの話を聞いた彩果と雪見は、彼女のことも入部させようと画策し、休日にサイクリングへ連れ出します。

無理やり加藤さんを加えた自転車天使部4名は、桜の名所を目指して自転車をこぎますが、その道中は一筋縄でいきません。

いるかは目の前に現れるものすべてに興味を示しますし、ちょっとした寄り道のつもりだった神社探しは思わぬ苦戦を強いられ、さらにナビゲーター役だった雪見が方向音痴を発揮して道に迷うトラブル。

さっさと目的を果たして返りたい加藤さんはスマホのGPSアプリを頼ろうとしますが、彩果に「自転車天使部じゃGPSは御法度」と取り上げられてしまいます。

その理由はズバリ「迷えなくなる」から。

意味が分からないと困惑する加藤さんに、そっと近づいた雪見が語りかけます。

いるかと一緒なら何でもない住宅街でもいっぱい発見がある。彼女と私たちでは見てるものが違うんじゃないか、と。同じ場所、同じ道、同じ東京を見ていても、見る人間の心持ちや姿勢によって違うものが見えてくる。

同じものを見ているはずなのに、ほかの人とは違うことを発見してしまう人っていますよね。そんな視点や切り口があったのかって驚かされること。

自分とその人で何が違ったのか。大事なのは目の前の事物に向かう目線や気持ちなのかもしれません。

わざと遠回りしたり、方向音痴に道案内させて迷ったり、サクッとGPSで解決することを拒否したり。この日の出来事は加藤さんの常識に照らし合わせると真逆のことばかりでしたが、そうやって出会った桜は目を奪われるほど美しく、また1つ自分の知らない東京を発見しました。

満開の桜を見ながら雪見は加藤さんに話しかけます。

「まだまだいっぱいあるでしょ? あなたの知らない東京…せっかく住んでいるのにキライだなんて言わないで…見方を変えれば、きっと見つかるわ。東京のステキな所」

言ってることは第1話のいるかと同じですが、今回の加藤さんには自転車天使部で過ごした1日の経験があります。

東京は窮屈で画一的で気持ちが急かされてばかりの場所だと感じていたけど、それは自分がそういう風にしか見てこなかったからではないか。

心境の変化から加藤さんは自転車天使部での活動を受け入れます。

ついにデレた加藤さんを加え自転車天使部完成です。

東京自転車少女。と合わせて読みたい漫画

南鎌倉高校女子自転車部

長崎から鎌倉に引っ越してきた舞春ひろみは、秋月巴との出会いを切っ掛けに自転車に興味を持ち、南鎌倉高校女子自転車部を設立。

部発足にあたって学校から求められた実績作りのためレースに参加したり、部員たちで遠乗りに出かけたり、自転車がある青春を楽しむ少女たちの学園ストーリー。

アオバ自転車店

自転車漫画ではロードバイクを主役に据えがちですが、自転車は多種多様な乗り物であり、人生のどこかで一度は接点を持ったことがあるはず。

『アオバ自転車店』は東京郊外の自転車店を舞台に、自転車をテーマにした人間模様や自転車の魅力について掘り下げ、時には自転車の交通マナーなど社会問題にも踏み込んでいきます。

人情話だけではなくレースの魅力を語る回があったり、ちょっとSF風味な話もあったりバリエーション豊か。

最後に

今回は『東京自転車少女。』を紹介してきました。

加藤さんがデレた回は本当にいいものですね。

このくらいの年齢で何かを嫌いだと見切るのは早すぎるから、面白さが発見できないと思ったときは見方を変えてみたり、一度距離を置いて戻ってきたりするのもいいと思うんですよ。

『東京自転車少女。』がおすすめなのはこんな人。

  • 女の子たちの部活物が読みたい
  • レース主体じゃない自転車漫画を探している

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。