絶大な人気を誇る『バガボンド』は人生で1回は読むべき面白さ

私はジャンルにこだわりなくオススメの漫画を聞かれたら間違いなく『バガボンド』と答えます。それくらい好き。人生のモットーとしている名言もあるくらいで、もはや人生の一部です。

 

今回はそんな『バガボンド』の面白さなどをお伝えしていきたいと思います。

かの有名な宮本武蔵と佐々木小次郎の物語なんですけど、物凄く深いです。

ただの剣豪の話じゃないです、これは人生という大きなテーマの話。

 

ほんとに私からすると読まないやつは人生半分損してるレベルで面白いので、是非この記事で興味を持った人はまずは1巻だけでも読んでみてください。

 

今回はほんとに大好きな漫画で、そして深すぎる漫画ということで記事がいつもより少し長くなるかもしれませんが最後まで読んでくれると嬉しいです。

それでは、井上雄彦『バガボンド』の紹介をしていきます。

スポンサーリンク

バガボンド、これは2つの天下無双の物語

「関ヶ原は終わった。俺は敗れた。」

関ヶ原の戦の焼け跡に残された2人、武蔵(たけぞう)と又八。17歳と幼くして出世を目指した2人を待ち受けていたのは戦後の落人狩り。

通りすがりの少女に助けてもらいなんとか助かるが、そこでも災難に遭い2人は生き別れてしまう。武蔵は仕方なく1人で村へと帰るが村人は悪蔵と呼ばれた武蔵を忌み嫌った。

ついには村人から命を狙われ、自分の生まれてきた理由が失われてしまいそうな武蔵のもとへ坊さんである沢庵が近寄る。

そして武蔵も他の人と等しく生きて良いことを諭す。

これからは新免武蔵改め、宮本武蔵(むさし)として。

(バガボンド2巻より)

 

そして時はさかのぼり、関ヶ原の17年前。今は生きる気力を無くしたかつての剣豪鐘巻自斎はとある理由で長刀とともに拾われた赤ん坊佐々木小次郎を育てることとなる。

耳が聞こえない小次郎は剣でのみ人と語り、自分より強い人を探す旅に出ることとなる。

(バガボンド16巻より)

 

時を同じく天下無双を目指した2人は偶然なのか運命か何度も巡り合う。

2人はそれぞれ違う世界を見て、違う強さを手に入れていくのであった。

そして2人は互いの剣をぶつけ合うこととなる。

 

はい、あらすじはこんな感じです。ジャンルは歴史漫画、バトル漫画になります。

ただ、戦いも面白いんですけどそれよりも人生観みたいなものにスポットを当てた作品になっています。

 

本当に名言も多い作品で、漫画の名言まとめには必ずと言っていいほどランクインしてる作品。名言については私も好きな言葉が多いので後ほど少しだけ紹介します。

 

意外と知らない方も多いですが、作者はSLAM DUNKの作者の井上雄彦です。

SLAM DUNKと比べるとストーリーも絵もシリアスになっているため、大人向けの漫画です。また、この漫画のもとは吉川英治の『宮本武蔵』という小説ですけど、原作では見られないアレンジも見られます。

 

現在は37巻まで出ていますが、ある理由から現在は休載中のため未完結です。

そのため「面白いけど早く締めて欲しい」などの意見も多い作品ですが、私としては焦って描いておざなりになるよりは丁寧に描いてくれているという意味で気長に待っている作品です(早く続きが読みたいのはもちろんなんですけどね

 

作品紹介が長くなりすぎると読みづらいと思うのでこれくらいにします。

次はバガボンドの魅力を書いていきます。

スポンサーリンク

バガボンドのここが面白い!!

漫画界随一の圧倒的画力

まずは何と言っても画力。他の漫画家と比べ物にならないほど上手いです。

個人的には画力は漫画家の中で1番、少なくとも3本の指に入るのは間違いない。

 

本当に動きのある絵で戦いの際の描写は見事としか言えないです。

そして圧倒的な繊細な書き込み。私は別に美大生でもなんでもないですけど、それでもこの絵が上手いことはわかります。それくらい圧倒的。

 

よくネットでは「人を描かせたら右に出るものはいない」と言われますが、私は背景も凄すぎるだろといつも思います。

 

私自身に美術の教養がなさ過ぎて「凄い」以外の言葉が出てこないんですけど、凄いんです。笑

 

深い、深すぎるストーリー…

よくバガボンドはただの歴史漫画だと勘違いされますが違います。

これはそんな4文字で表せない名作です。人の生き死に、強さ、人生にスポットが当てられていて物凄く深いです。

そのため名言も数多くあり、私が座右の銘にしている言葉もあります。それがこれ。

 

海を泳いでる最中には海の広さはわからんよ

(バガボンド4巻 胤栄)

 

武を極めた仙人のような男・胤栄と武蔵が『強さ』について話していた時の胤栄の言葉。

本当に強い者とはどういうものかがわかるのは本当に強い者になったときであるということ。

 

作中ではこういう解釈がされていましたが、私は少し違う解釈をしてます。

私の解釈は『俯瞰することの大切さ』

俯瞰とは高いところから見下ろすことです。つまり、目の前のことに無我夢中で立ち向かうのではなく、自分を俯瞰し客観視することが大切なのかと。

 

こういうふうにたった一言の言葉でも色んな解釈ができるほど深い言葉で溢れています。

本当に人生を生きるヒントになるほど深くて価値のある漫画です。

 

圧倒的な戦いの描写

バガボンドの面白さの1つ目に画力の高さを挙げましたが、その中でも凄いのが戦いの描写。本当に動きがあって迫力があります。

 

そして、動きはもちろんのこと精神的な部分まで描かれています。

精神的な弱さ、強さへの囚われ、邪念について分かりやすく描写されています。

 

そして後半は剣を振るときの独特のリズムなんかについても描かれていて、それも面白いです。武士や剣豪を題材にした漫画は数多くありますが、ここまで面白く丁寧な漫画はこの漫画以外ありません。

 

バガボンドはこんな人におすすめ

  • 人生のヒントとなるような深い漫画が読みたい人
  • 圧倒的な画力で描かれるバトル描写を堪能したい人
  • ジャンルを問わずとにかく私がおすすめする漫画を読みたい人

最近たまに「lifeさんの1番おすすめの漫画はなんですか?」と聞かれます。

ジャンルを問わずとなれば間違いなく『バガボンド』と答えます。

それくらい胸を張っておすすめできる漫画なので是非読んで欲しいです。

 

正直、連載が遅いという理由以外でこの漫画が嫌いな人いるのかなというレベルで評価が高い漫画です。

本当におすすめ、どの年代にも読んでもらいたい作品。

1巻だけとかだとおそらく先が気になって発送が待ち遠しくなると思うので買う時は大人買いをおすすめします(かつての私がそうでした笑

それでは今回はこんな感じで!ありがとうございました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

life

北海道在住のただの漫画好き。読んできた漫画の数はおそらく4桁。 Twitterをやっていますが、7割サイトと関係ない戯言をつぶやいています。 わたしのことをもっと知りたい方はフォローよろしくお願いします。(そんな人いません